2020年01月20日

リクエスト関連(ニコニコニコルさん”嫉妬”)


ニコニコニコルさん
>職場の子の嫉妬や僻みに困ってます。休日に彼や友人と過ごして楽しかったとか話をすると、その子が「良いな。私も遊びたいんだけど友達がいないからずっと家だったよ」などと言ってきて一気にその場がしらけます。同僚達が友達や彼氏や遊んだ話になるとその子が過敏に反応し、ずっと私達を見て来るので、気持ち悪くてみんなその子と距離を置いてます。話題にも気を付けないといけないので疲れます。かといって友達ができない理由も振り返ろうとせずに私達への妬み僻みが強くて怖いです。その子の頭の中は一体どうなってるのでしょうか?


■簡単に言うと彼女にはニコルさんらが過ごしている彼氏や友人関係の世界が「竜宮城か桃源郷か何かに見えているんです」。
この元ネタは子供時代の妄想で(親子関係であるか身近な幼馴染でもいんですが)、何故そうなるのかと言えば何らかの事情で子供時代ターゲットとなっている快感代謝の空間で(劇場と考えてもいいです)うまく事が運ばなかった(ハイここで「反動形成」が発生します:貧しくて食べられなかった憧れのビフテキで想像してください)、するとその舞台装置が大いに賑わう様のイメージが「千と千尋の神隠し」みたいな事になってしまい、
 ↓
謎展開
 ↓
単純に身近などこでにでもあるしょうもない人間関係の理想像が(うまくいかなかったものだから)
「自分が行けた筈の「千と千尋の神隠し」みたいな世界が失われた」←こういう話になり

●ニコルさんなんかの話を聞くと
「うあぁやっぱりあるんだ、桃源郷に行ってきたんだね、どうだった酒池肉林の快感三昧なの〜?」

「あーうらやましい、う ら め し い」
 ↑
こういう状態


ネタ元辿ると、
この幼児期などの「快感代謝劇場」(メタ的には”秘密基地”でもいいけど)
うまくいかなかった事情には理由があって(幼児期の記憶なので本人は完全無欠の被害者のように覚えている)、当人が登場人物の設定に無理筋あるなど(舞台の役者設定”なに子ちゃんは何役だとか”お母さんは”何役です”とか)、この辺はエディプス的にどこに過剰化(子供特有の”盛り過ぎ”)が関与しているのかはまた別なんですが、
「なに子はしいたけね」←もう無理、、できないから、、、


人間にしいたけは演じられないからって事を理解していただけるまで、
彼女の
「自分が行けた筈の「千と千尋の神隠し」みたいな世界が失われた」←という潜在意識は変わることが無く、

知人が彼氏や友達と遊んだ話を聞くたびに、
「うあぁやっぱりあるんだ、桃源郷に行ってきたんだね、どうだった酒池肉林の快感三昧なの〜?ヤバい薬とか使っちゃて!!ヤバヤバッ(ニッコリ」のようなカラミも終わる事は無いのです。


仮にニコルさんがカウンターあてるとすると、
(友人たちと打ち合わせして)
●すべてのエピソードの末尾に、接尾語のように、
「それで彼氏とさ〜、かくかくしかじか、それが凄く嫌だった」
「だよね〜」
「アタシはね、学生時代の友達とーかくかくしかじか、」
「えーほんとー」
「だけどそれが凄く嫌だったんだよー」
「だよね〜」

「ねえ、何々さん、何々さんも彼氏とか友達、凄く嫌だよね?(ニッコニコで)」

えー、このように対応すすと
ワンダーランド展開に突入しますので、
(これまで一度も見たことも無い〇子なる人物が初めて登場するかも知れません)

「それをどのように回収するか?」
んなこたぁー自分で考えてくださいね(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:05 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『単独者』の雑感「SF作品におけるディストピアイメージ心理的背景」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)

(今回別の意味で成人向けなのでそれこそ”R18”指定としますっ)

過去記事の”よからぬことを考える”って話もそうなんだろうと思うけれど
http://kagewari.seesaa.net/article/472851616.html
http://kagewari.seesaa.net/article/473077892.html


今回はちょっと角度の違う話です
どちらか言えば「VTRの黎明期、ベータVHS戦争」の時、VHSが大きくシェアを伸ばしてベータに勝った営業というのが「AV片手にどうですか」てな伝説ありますが、
(インターネットの世界が事実上なし崩し的に無修正ポルノが解禁されている件など)

ここに加えて更に角度の違う話しますが、
経済学における「ハイエク(確信犯保守系自由主義リバタリアン:金融派)VSケインズ(文明化リベラリズム市場経済:財政派)」なーんて話もありますが、
そこでコモンロー(慣習法)的”常識論”と、理性的(名文法的)理性主義の対立がなんちゃらかんたらみたいな話にもなるんだけどさ、
(いやいや『単独者』ワイルド主義ってかさ《wild and woolly》忘れてもらっちゃ困る的な)

『共同幻想』論?、いや『歩留まり』意識高い系か?
 ↑
なんつーか、さら〜っと表向き人間には普遍的倫理でもあるかのような綺麗ごとのデッチアゲがまことしやかに論議されていたりすると、
●これに対してSF作家さんなんかが覗き見ている世界は「『単独者』ワイルド主義《wild and woolly》」みたいなものを(そらみなさん『単独者』の概念を想定しているとは思わないから)、彼らなりに「実際はこんなんなるんじゃね?」と思いを馳せるとディストピアになるんじゃねーかって話です。

時々このブログでも「なんつーかドロドロとしたエログロが轟々と渦巻いているワケだよ」なーんて話を持ち出しますが、俺のイメージもその辺被ってるんですよ、
必ずしもディストピアみたいなものだとは思ってないけどさ、、

それに近い論議として
現代社会で避けて通れないジレンマってのがこれですよ
 ↓
■先進国化による民度・教育の向上と”子供の権利”など踏まえての(グレタ嬢も思い出してくれ)
「有権者年齢の引き下げ」です、
この話さ、先日の日本でも起きた論議だけど「飲酒とかも18歳からにしちゃう?」ありましたね、
勿論、政府は当面「成人年齢そのものを引き下げることは考えていない」って答弁だけどさ、
・誰が考えたって”変”なんだわ
「じゃあなんですか?未成年で物事の判断が適正では無い薄弱な階層に投票させていいワケ?」
根本的なところに論理矛盾が発生する、
(てかよ、現行法でも女子は16歳、男子は18歳から結婚できるんだが。ここの整合性はどうなっとんのかね?実にケシカランww←なんだかこっちは昨今女子も18歳にすべき論らしい)

だって、この話には『共同幻想』特有の児童差別(少年法しかり未成年を規制する法しかり)、子供の権利を差別するってのが人権侵害にあたるって論議があるからだよ。
逆張りすると「どんどん成人認定を低年齢化しろ」ってことさ、


さーお立合い何がおきる?

→続きを読む

posted by kagewari at 12:44 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0