2020年01月15日

未完の心理はあちこちに伝染する


「ちょっとな〜、あれがな〜」とかあってもなお、
これといった完結をみていない状況があった時、所謂「尾を引く」って現象が発生します。

たとえば会社の上司に理不尽な叱責を受けて、
その場で「なんだとこの野郎」と返していない場合(そらなかなか「死ね馬鹿野郎」とその場で言える人も滅多にいないであろうと)、
帰りに馴染みのスナックのママさん相手に「まったくよ、チクショウ馬鹿野郎って話でさ」などの措置を怠った時。
「尾を引く」伝染現象が連発します。
 ↓
「子供の見ているTVの音量に激怒してみたり、晩御飯の塩加減に呆れてみたり、自動販売機のごみ箱に空き缶投げつけてみたり、SNSでいらんこと言ってみたり、、、」

●さてこの時にね
「〇子ーォTVの音ウルサイ(昨日と同じ音量)!!」
「何よ観てんでしょ!ッルセーな」
「んだとっ!お父さんに向かってお前」
大騒ぎとなった場合、、
えーこの猿芝居を横目で見ている第三者がですね、ええ「もう死にたくなる」というww

いくつかシナリオがあると思うんだけれど、
(いかに登場する”妻”が自分の”中の人”のつもりで読んでください)

1)機転のきく良妻
普段より晩酌一本多くつけて(会社で何かあったのね)、
「お疲れ様」

2)素朴な妻
「また〇〇さん?(上司の名前)」
「ああ、あったまオカシイんだよ」
「もう一本つけましょうか」
頭(かぶり)を振って(いや大丈夫と苦笑い)

3)熱血漢の妻
「また〇〇さんね(上司の名前)、そんなクソ会社とっとと辞めちゃいなさいよ。てかそんな奴はその場で殴り倒してしまいなさいよ」
「そ、、そんなこと言ってもお前」
「ド貧乏上等、生活に困ったらアタシが風俗で働くから、〇子もスナックぐらいなら働けるわけよね」
「何を言ってんだ、条例違反でタイーホだろうがっ」

4)嫌味な妻
(だろうなとわかっているのに)
「TVの音って昨日と同じじゃないの、誰もリモコン触ってないんだから。あのねCMは勝手に音量が上がるの!」
「なんだと、俺の言ってることがオカシイってのかお前」
「誰がそんな事言ったのよ、TV局がCMだけ音大きくしてるんでしょ!!」
「へ?」
「TV局にクソ腹立つって話をしてるのよ」
「あーもーわかった〇子ゴメン」

5)トンチンカンな妻
「ちょっとやめてよ、〇子もいいから音小さくして」
「お前も注意しろよ、いっつもウルサイんだって」
「そうですか」(バチンとTVのスイッチ消して)
「子供部屋で観て」
「消せとは言ってないだろ」
(妻がどうぞと)コップ酒をテーブルにガーン

→続きを読む

posted by kagewari at 20:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0