2020年01月02日

『単独者』の雑感「だからあれほどゴーンは無罪だと」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


中にはゴーン氏が「2か月もかけてコントラバスのケースに隠れる練習をしていた」なるゴシップも登場しておりますww、「カルロス・ゴーンあっ晴れやはり君は無罪だ」と言おう、

■僕ヵ〜ねぇ、ゴーンが保釈の時に弁護士の勧めで警備員コスプレした時に確信したね、
「ゴーンは無罪であると」
(※各所で須田のオジキがこれ日産社長の西川氏の責任追及無しで《いくら司法取引したとしても経営責任は免れない》立件できんの?みたいな話をしていた時から、いくら上念氏がマネロンの話をしようがゴーンは無罪だと思ってました。)
 ↑
それだけ素直に言うこと聞くってことだから(警備員のコスプレしちゃうんだよ?)

日本ではCEOで年俸100億とか難しいので「このような方法で裏からお支払いします」
 ↑
それ以外無いじゃん、
そもそもゴーンは親会社のルノーにまで影響力があったのだから、やろうと思えば自分の年俸を好きに決める事もできたワケでさ、裏からコソコソやる必要が最初から無いんだから。
(金が欲しいなら堂々と年俸で分捕ることができる立場にあった)

それを「随分手の込んだことしましたね」って、無理筋過ぎでしょ、
(これもジャーナリストの須田情報ですが、経産省の天下り先復興のためって話もあったし、国際政治系からはトランプがマクロン嫌いだからって話もありました。)


●「この危機から脱出するため、コントラバスのケースに隠れ貨物室からの出国」
これさ、ゴーンがGoPro頭につけて実況中継動画をyoutubeにあげたら007超えるぜ(笑
この作品価値だけで100億あると言おうじゃないか!

晴れて自由の身となったゴーン氏のその後が楽しみです
(一部の噂ではレバノンの大統領選に立候補するという噂も)

武田教授も武田教授でさ、
随分トンチンカンなとこから現代の高額所得な人を批判していたけど、
(結局やっかみにしか聞こえないのですよ)
仮にゴーンの所得を社内人件費のどこかに分配したとしても「何が変わるの?」
この論議って、メジャーリーグなどの有力選手の年俸論と同じだって事考えないと間違う。
イチローの年俸は妥当か?←こんな論議するか?
(財務省の緊縮財政論みたいな話になってないかって話さ)
 ↑
もっと重要なポイントがどこかって言えばさ、
昔は(大財閥は例外に)会社の社長の給料がプロ野球選手よかはるかに大きいとかありましたか?なかったよね、その前にさ投資銀行の営業がCDI売りまくって歩合給で100億なったとか昭和にあった?
 ↑
マネーがじゃぶじゃぶ余ってんだよ!!そこがポイントなんだってばよ。
(だからMMT論とかも出てきてる訳だよ)


「ゴーンの年俸が幾らでもOK」=「とっととベーシックインカムやれ」これ同じことなんだわ
(※先進国化で過剰生産力のポテンシャルが積みあがっている時点で、市場に存在する問題は”需要不足”なんだってばよ。ナンボでも刷っていいとは言わないが、金融緩和で直接所得分配やっても問題無い状況に至ってるんです。)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:22 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ななしさんから”パニック”について)

(いっこ忘れてました後から末尾追記アリ)

ななしさん
>パニック障害的な症状について質問です。ある状況でその症状(動悸・不安・恐怖の3点セットです)が起こった時、「馬鹿か俺は」と心の中で連呼するのですが、心身がパニック状態に近く、その症状が落ち着いてからでないと、言葉を唱えても意味が入ってくる感じがしません。(動悸はおさまらず、なにか軽い音が素通りしていくだけのような感覚です) パニックになった時に心を落ち着かせたいのですが、対処の仕方が違うのでしょうか?

上記症状はまさに私が突然学生時代発症した「自律神経失調系の状態とほとんど同じ」なのですが

●こればっかりは即効性ある対処はありません
(なんせこの反応は、過去の経験から無意識領域で「『興奮』と事象の結合」ができあがっちゃっているものなので【この場合は「不安との結合」でしょうね】、『自意識』領域でネタバレ崩壊させても、過去判例・用例の積み上げになかなか対抗できないのです。)
 ↑
「バカか俺(全然違うから=ここ興奮する場面じゃネーから)」←この実施と
「ないないない、そういうの無いから」←この経験をリハビリ的に積み上げないといかんのです

※ある意味外形的に「ないないない。そういうの無い」を作る力は投薬に無いでは無いので、臨床系の投薬根拠に一理あるとするならココになります。


■さて、ここで強い薬に頼るも何だなと思う場合の対処ですが(バカか俺もおろそかになりがちですし)以下となります(あくまでも以降は参考です取捨選択は自己責任で)

 ↓
●そもそもパニックが起きるトリガー要因を探し発生機会そのものを減少させる
(職場であれば→まずそこは辞める、対人であれば対人接点を減らす、対事象であれば当該事情との関係をストップする《何々大会とかもうやめとく》、対案件であれば「それこそバカか俺発動」《老後の不安煽りなどは鎮圧》)
 ↑
ベタな表現で言えば「楽して怠ける方法を全力で考える」のです
(そのためには手段も選ばずぐらいの勢いで”ちょうどいい”です)


●市販の効果の薄い薬を併用(キャベジンだとか求心とか←これも抵抗ある場合、常日頃ブロッコリー常備して、胃腸がの瞬間ブロッコリーをボリボリ食うとか)
※ちなみにレギュラー珈琲やお茶は常飲、
※タバコも推奨しときます
(喫煙経験無いかたなら”加熱タバコのアイコス”がベターでしょ←アイコスは必ず十字二度吸いしてくださいな:コスト半額になりますからww)

◎所得に余裕あって、少々太ってもいいぜって場合の典型スタイルは(これこそほんと参考ですからね)
日常「缶コーヒーとタバコが朝飯で、昼は喫茶の喫煙席、ご飯のおかずはブロッコリー(タンパク質も納豆とかがお勧めですかね、勘ですが肉はアレかもしんない。動物性は魚が推奨かな、)夜はしっかりレギュラー珈琲なども飲む。アルコール分解酵素お持ちの場合はワインか缶ビール」
(まあ、”高カロリー系《所謂デザート》以外の”嗜好品をしっかり摂るって事ですよ。←例外としてアイデアに詰まった時のチョコは可とする。また、缶コーヒーに手を出すと《楽ちんですが》”確実に太ります”そこは悪しからず、)


無意識領域の自分に体験的にも「ほら何もない(根拠不明なデマも大概にしてね)」
これが定着するのに、数年かかっちゃいますね。
 ↑
ある意味「その数年のサバイバル方」ってのから先に考えるのが近道だと思います。
(※勿論長い目でとなるなら、心理学の原則としてPTSDにおける対処のように発端となった原体験のネタバレとカタルシス的な現実回収《リアリズム回復》ってのは別途必要です。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 11:27 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0