2020年01月06日

大東亜戦争を考える(近衛文麿の人物像)(2)


流石に情報不足というか(本読んでまで情報集める気は無い)
wikiあたりから探れる情報に限られるから分析的な事は書けない、
せいぜいが、人格傾向程度の話になると思う。

ひょっとすると大東亜戦争により日本をひっちゃかめっちゃかにした人物であり、
当時の組織が現在も尚、日本におけるプロパガンダ機関として絶賛活動中という、現代日本にも未だ影響を与え続けている人物。

■考えてみれば、当時は日本も決して民度が高かったと言えず
サラブレッド的な貴族院議員として待望されるワケだが、中身はおおおそ鳩ポッポとよく似た人物だったと思われる。
(鳩山氏も首相当時は周囲の人物も普通に手練れの政治家達だったので今ほど異常な奇行が目立つ事は無かったが、落ちぶれ周囲の人物が変化してくるとそれに呼応してトンデモな状態に至る”所謂主体性の無さ”がその特徴と言える。)
賢くアイデアマンでもあっただろうけれど、本気で実現する腹を決めているのか謎。
一見理想主義者だが、その実は権威主義的愉悦なんだろうと思う(僕偉いんだぞ)。


■最も重要なポイントはここだぜ(何故倉山氏がここ重視しないのかわからない)
wikiから引用です
母の衍子は加賀前田家の出身であり、文麿が幼いときに病没、父の篤麿は衍子の異母妹・貞を後妻に迎えるが、文麿はこの叔母にあたる継母とはうまくいかなかった。貞が「文麿がいなければ私の産んだ息子の誰かが近衛家の後継者となれた」と公言していたのが理由とされる。一方の文麿は貞を長年実母と思っており、成人して事実を知った後の衝撃は大きく、以後「この世のことはすべて嘘だと思うようになった」。このことが文麿の人格形成に与えた影響は大きかった。1904年(明治37年)に父の篤麿は41歳で死去し、文麿は12歳にして襲爵し近衛家の当主となるが、父が残した多額の借金をも相続することになった。近衞の、どことなく陰がある反抗的な気質はこのころに形成された、と後に本人が述懐している。 ↑
いやいやどデカい話ですぜ、
(俺ん〇の〇代がほとんどそれっぽい話だから「お前は蔭割の〇〇〇」とかねww)
そういうのさ、スゲー影響あるんだってばよ、、
特に男性固有のマチズモ強迫だとか、エディプスに関しても早くに父を亡くしているのは(権威性妄想が余計膨らむからね:反抗期に実物見てネタバレとかもできないし)そっちの面でも影響が大きい。

<ここは断片情報なので推定を含むになっちゃうけど>

●虚しい承認欲求
(強い承認欲求の強迫は残っているのに、何のためなのかポッカリ穴が開いている)

●主体性があるようで(実はその動機の大半は承認強迫なので)実は受動系
(その筋の手練れに”見える”人にその都度影響を受ける、会う人毎に言うことが変わる)

●漠然としているが故に斜め上の誇大性(いきなり俺は藤原道長の生まれ変わりに飛躍)
陛下に対して不遜な振る舞いや、左翼用語だった”天皇制”という表現もお気楽に使用

●陛下が帝国軍を従えるなら、私はGHQをケツ持ちに(この辺は吉田茂もそうかもしれない)
この発想において、軍部の作戦失敗も喜ぶ勢いだが、日本国民の犠牲を織り込むほどの鬼畜では無い(早期停戦講和を求めていたのは本音だと思う、ボロボロの日本の王になっても意味が無い)
結果として戦後現代日本というのは
「(本意か否かはともかく)意図して導かれたひとつの結論」だったのだろう

■その大きなバックグラウンドに「明治維新など薩長中心にした豊臣大阪方の(英米などをバックにした)テロ」ぐらいに思っており(故に朝鮮出兵と南進中国攻略なんでしょ)、旧徳川及び東北諸侯方がイデオロギー的に民族的共産主義に傾く中(故に現代でも東北以東は革新系が強い)、日本の将来を巡り(いずれにしても薩長が牛耳るテロ国家は許せない)様々な機関が跳梁跋扈していた。
※この構図は安倍・麻生(長・薩連合)アンチ左翼(現代の皇道派)みたいな恰好でその様相が継続している始末

→続きを読む

posted by kagewari at 18:14 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

大東亜戦争を考える(現代考える上でやはり避けられないでしょう)(1)


冒頭、俺は歴史家でも無いし(岸田心理学的に社会心理も領分とは言え)ここで取り上げられる説もデビデンスことあれ絶対では無く、学界的にも一部のリアリスト達の論拠であることを前提とします。
但し、現代社会を考える上で「過剰な陰謀論を排した上で(歴史はそれほどチープでは無いと思っている)」登場人物の思惑やその無意識的着想などから、
「それでこの現代社会になるワケか」みたいな”オチ”を捕まえられたらと思う。

※この論説は勿論だけえれど岸田心理学における(『ものぐさ精神分析』など)岸田教授の著作と見解が違ってきます(そらそうです精神分析と同じで歴史的に新しい発見があるからです)、あくまで個人的意見だけれど、この原稿は岸田教授の戦後史感を補完する目的でもある。

■『共同幻想』はある意味巨大な妄想だが、人の考えたものである
発端となる原理原則は、
(伝統的に識字率が異様に高い日本を例外に)庶民が文字を読めないなど無知蒙昧な近代以前の社会において、当時最先端の哲学宗教などのテキストに触れられた特権階級達は(真面目に親切心もあり)「かくあるべし」的に結論だけを市井の民と共有したことに始まる。
(故にそれが原始社会などになると、民族や氏族に伝承される『神話』形式だったりする)

たとえばの話、
世界情勢を全く知らない庶民達と、近々隣の某国が軍事力を持って進行してくるであろうことを察知している王家との判断は天と地ほど差があり、何も知らないこの民衆をいかに隣国の進行から守るべきか。
そら事が始まってからなら目に見えることだから民衆も何が起きたのかわかるワケだが、
安全保障を考える場合、そうなってからでは遅い。
うんでー街の要塞化だとか兵役義務など、これを周知させる何らかの方策が必要になる。
「何々でなければ何々人に在らず」とかね、
これが道徳の始まりでもあり、社会規範の始まりであり、社会適応強迫の始まりとなる。


●つまり近代前後まで国家単位の命運は、一部特権階級的指導者の現実認知能力に委ねられていたことになる(各国で民主制とそれを理解できる民度《高学歴化》及び情報メディアが生き渡ったのはほんと現代社会になってからの話だから)。

日本の大東亜戦争、はたまた太平洋戦争、或いは第二次世界大戦を語る時、
この人物を抜きに語ることはできないとの事で、
■近衛文麿首相
※関連動画は以下を参照ください(それぞれ長いのでURLだけ貼っておきます)
特別番組「真実の日米開戦 〜隠蔽された近衛文麿の戦争責任」倉山満 宮脇淳子 内藤陽介【チャンネルくらら・1月11日配信】
https://www.youtube.com/watch?v=cixLtXw1W8U&t=1660s

(倉山氏はなんつーか半分冗談なんだろうけど多重人格は落ちにならんと思うのだよ)

いわゆる”陸軍悪玉説”ってホントなの?"あの戦争"って本当に"戦略なき"…だったの?を考察してみるSP(ゲスト:林 千勝 )|12月23日(月)20時〜|山岡鉄秀 @jcn92977110 のTSJ1
https://www.youtube.com/watch?v=9KKnxD7ZSt8&t=134s


【我那覇真子「おおきなわ」#70】林千勝〜日米戦争を策謀したのは誰だ!歴史の真実を暴く[桜R1/5/24]
https://www.youtube.com/watch?v=26s4G56kn-E&t=2921s

(林氏はユダヤ陰謀論的な落ちに無理があって、案外我那覇さんの素朴な疑問がいいとこついていて「お金持ちなのに何故そこまでするんですか?」に腑に落ちる答えを持っていないんだよね。林氏的には「ユダヤ金融資本」がショッカーみたいな悪玉に思えて仕方が無いだと思うけど、単なる商売人一族の”家幻想”とその保守《商いを守り継承していく》を超える動機形成などほとんどあり得ない事をすっ飛ばしてしまっている)


上記動画で明らかなように、
近衛文麿って人物(現代で言えば限りなく鳩ポッポ元首相に近い)、
この人の妄想によって結果として”ワザと負ける戦争に突っ込んだ”と考える事ができる。
<パズルのピースとなるいくつかの要素を列挙すると>

→続きを読む

posted by kagewari at 18:41 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

『共同幻想』の終焉とその先


実は日本的経営(年功序列終身雇用)存外に効率性が高いなんて研究もあったりします。
(開発環境とかそういう話だったかな?所得インセンティブは案外関係が無いという奴)
勿論、無理やりな人事(あまりにも無能な順送り人事とか)などなど能力給などを絡めた人事など試行錯誤もやっているところですが、
これね、結局学歴云々の『共同幻想』崩壊すれば、”それ目的だけの人材”は無理な就職とかしませんから、自然に解消するかな?とも思いますがその論議は置いとくとして、

ある意味経済における『共同幻想』の頂点である経団連からして
「日本式経営の見直し」を提言するに至る現在、
『共同幻想』の終焉も近づいていることは明白です。
(冒頭記載のような、労働環境としての年功序列と終身雇用は”再選択的に”別途検討されていくのでしょう。)

■時系列的に「崩壊しっぱなし」では物事先に進みませんので、
(世界に『共同幻想』崩れだらけの悪夢って事にもなりますww)
時代の先端を引っ張るオルタナ系の代行者がどれだけ出現するのか?などのダイナムズムにかかっているでしょう。

基本は『単独者』であるとか、「限定的『単独者』を志向する新『歩留まり』層」なども登場するかも知れません(誰でも思いつきそうな「『単独者』組織化の試みとその失敗」みたいなね)。

近未来の話になりますが、まずはこの辺かな?と思います
 ↓
<ありそうな話から>
AIってほどではありませんが、ビッグDATA活用的に大手法人が研究開発ネタ探しでフリーのweb空間からアイデアを発掘するソフトウェアを開発(言えば検索ロボットの一種だよね)、
在野のアイデアから商材なり新技術の開発に成功、
著作権的に、突然大手法人が全く自覚の無いアイデア元個人に(莫大ではないが妥当な)金額を支払う目立ったいくつかの代表的なケースが登場、
(特にゲームシナリオなどで顕著にこれが発見される)
 ↓
●社会はその存在を「フリーワーカー」のような新語で位置づけ、
潜在的に、日本はこの母数が最強であることが発見(現在でも世界のwebにおいて日本語情報はトンデモなレベルにあった筈)、アンチ中国じゃないけれど「自由と経済の関係」について新しい論文が発表。
技術系においても新発見が起きる、
(中には在野のフリーアイデアをベースにAIが勝手に研究を開始する事例も登場)
組織に所属するべきか、在野で好き勝手やるべきか、
その合理性が釈迦的話題になる。

法人とは何か、組織とは何かその在り方が問われ始める。
(この時代にはとっくに家族とは何かの答えとして”母子関係が成立する一時期”のような事になっており「両親が揃っていても概念としてはシングルマザーである」みたいな論議も《夫の親権が夫婦関係と別途に論議される》、実態としても無償の保育園+育児支援相談所と名前を変えた児相・フリー学童施設が育児の半数を超える時間を担当し子供にとって”家世帯”との接点は人生の半分以下となる。《家世帯の受持つ親権制限論も台頭》逆説的に”子供所得を前提とするプロ母”として、シングルマザーの専業主婦率・出生率が婚姻世帯を上回る。)

■政治課題もSNSなどネット言論空間ビックDATAから導き出された「争点」が提起され、
(それは言葉の意味以上に”何らかの意味”を持つ概念と理解される:「争点」)
各党や候補者は必ずこの争点に対するスタンスの明確化が求められ、
右派左派の分類では無く、この「争点」の是非で色彩分類のような手法でイメージ化される

→続きを読む

posted by kagewari at 23:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ななしさん”パワハラなんです”)


ななしさん
>お返事ありがとうござました。職場で一人の上司にパワハラにあっていました。面談があり今は改善の方向に向かっていると思いますが、また嫌味を言われるのではないか?攻撃されるのではないか?(実際に言われることもあります)と常に緊張して身構えており、分厚い鎧を着ているような感じです。同僚から貴方は悪くないのだから堂々としていればいいと言われ、自分でもそう思うのですが、内心は上司の目を気にしてビクビクしています。今は正月休み中です。リラックスすることが大事なのですね。暗くなりがちですが、方法を探ってみます。

●となればルートは三つ

1)長期的に言えば、無意識下にエディプス的権威に対する強い不安がある
(このネタ元がパワハラ上司に投影され実態より過剰な興奮を再現しパニックが起きる)
原型となっている不安元の関係を(大人の自分から見れば大概のことはたいしたことでは無いので)
「あのころ何だったのかね、ありゃ」と、積み残している歴史解釈を再考しておく。

(誰もが一発で元ネタを見つけることはできませんが、気にすることありません。長期的課題となるので”過去にそんなネタがあるんだろうね”の当たりが付いていることが重要で《この段階でバカか俺が発動できる》、実際に何だったのかは”長い人生ですから”ゆくゆくわかればよい。)


2)短期的に言えばその上司から投影を剥ぎ取るって事だよね
そいつの何が(それこそフェチシズム的に)誰かの連想を引っ張り出しているかにわかには判断できないと思いますが(それは容姿かもしれない・声かもしれない・口調かもしれない・性別や年齢かもしれない・自分に対する態度かもしれない、、)
●「どこの誰だか知らないがこのオッサンは何とち狂って興奮してんだ?バカなの氏ぬの?」
 ↑
まず上司との関係性の基準を上記に設定する
からの(以降”中の人”の自分の実況中継です)、
「あっ、誰かと思ったら俺の上司か(しっかしなんだコイツ?)」
以降、聞こえることは話半分、右から左に聞き流す
「オッサンもう終わったか?」→(なんでもいいけどお前は氏ねと)踵を返す
 ↑
このルーチンを(リハビリだと思って)繰り返す

※ちなみに(日本の法人の場合)会社の上司の発言が、自分の仕事に何か影響するとか関係することは”ほとんどありません”ので、彼が何を言ったのか半分以上覚えていなくても取り立てて困ることはありません。


3)構造的に言えば「そんなブラック企業とっとと辞めてやる」とまず決めちゃうこと
(話のキモは”いますぐ辞めるとか言ってない”って部分です)
実際に辞めるとそらめんどうな事もありますが、
この段階で(こんなアホ雇用している会社ですから)、マジな話”辞めるに相当する理由”は証明済みです。むしろ辞めるべきであると、
 ↑
この前提を設定しておくこと
(辞めない俺もバカなんだな)

からの、
「(本当はとっとと辞めるべきこのクソ会社での)なになにがどうしてこうして」
 ↑
常にこの枕詞をつけて会社事象を認知すること
 ↓
「(本当はとっとと辞めるべきこのクソ会社での)今月の俺の営業成績が」
「(本当はとっとと辞めるべきこのクソ会社での)直近業務の進捗が」
「(本当はとっとと辞めるべきこのクソ会社での)アホ上司の妄想が」
「(本当はとっとと辞めるべきこのクソ会社での)飲み会があって」

限りなく、もう辞めたも同然のレトリックで自分を騙す。


だいたいこんな感じの戦略・戦術論がお勧めですね、
●勿論これは参考なので、
実際の作戦は自分で(自分流に)考えてください




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:32 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

『単独者』の雑感「だからあれほどゴーンは無罪だと」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


中にはゴーン氏が「2か月もかけてコントラバスのケースに隠れる練習をしていた」なるゴシップも登場しておりますww、「カルロス・ゴーンあっ晴れやはり君は無罪だ」と言おう、

■僕ヵ〜ねぇ、ゴーンが保釈の時に弁護士の勧めで警備員コスプレした時に確信したね、
「ゴーンは無罪であると」
(※各所で須田のオジキがこれ日産社長の西川氏の責任追及無しで《いくら司法取引したとしても経営責任は免れない》立件できんの?みたいな話をしていた時から、いくら上念氏がマネロンの話をしようがゴーンは無罪だと思ってました。)
 ↑
それだけ素直に言うこと聞くってことだから(警備員のコスプレしちゃうんだよ?)

日本ではCEOで年俸100億とか難しいので「このような方法で裏からお支払いします」
 ↑
それ以外無いじゃん、
そもそもゴーンは親会社のルノーにまで影響力があったのだから、やろうと思えば自分の年俸を好きに決める事もできたワケでさ、裏からコソコソやる必要が最初から無いんだから。
(金が欲しいなら堂々と年俸で分捕ることができる立場にあった)

それを「随分手の込んだことしましたね」って、無理筋過ぎでしょ、
(これもジャーナリストの須田情報ですが、経産省の天下り先復興のためって話もあったし、国際政治系からはトランプがマクロン嫌いだからって話もありました。)


●「この危機から脱出するため、コントラバスのケースに隠れ貨物室からの出国」
これさ、ゴーンがGoPro頭につけて実況中継動画をyoutubeにあげたら007超えるぜ(笑
この作品価値だけで100億あると言おうじゃないか!

晴れて自由の身となったゴーン氏のその後が楽しみです
(一部の噂ではレバノンの大統領選に立候補するという噂も)

武田教授も武田教授でさ、
随分トンチンカンなとこから現代の高額所得な人を批判していたけど、
(結局やっかみにしか聞こえないのですよ)
仮にゴーンの所得を社内人件費のどこかに分配したとしても「何が変わるの?」
この論議って、メジャーリーグなどの有力選手の年俸論と同じだって事考えないと間違う。
イチローの年俸は妥当か?←こんな論議するか?
(財務省の緊縮財政論みたいな話になってないかって話さ)
 ↑
もっと重要なポイントがどこかって言えばさ、
昔は(大財閥は例外に)会社の社長の給料がプロ野球選手よかはるかに大きいとかありましたか?なかったよね、その前にさ投資銀行の営業がCDI売りまくって歩合給で100億なったとか昭和にあった?
 ↑
マネーがじゃぶじゃぶ余ってんだよ!!そこがポイントなんだってばよ。
(だからMMT論とかも出てきてる訳だよ)


「ゴーンの年俸が幾らでもOK」=「とっととベーシックインカムやれ」これ同じことなんだわ
(※先進国化で過剰生産力のポテンシャルが積みあがっている時点で、市場に存在する問題は”需要不足”なんだってばよ。ナンボでも刷っていいとは言わないが、金融緩和で直接所得分配やっても問題無い状況に至ってるんです。)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:22 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ななしさんから”パニック”について)

(いっこ忘れてました後から末尾追記アリ)

ななしさん
>パニック障害的な症状について質問です。ある状況でその症状(動悸・不安・恐怖の3点セットです)が起こった時、「馬鹿か俺は」と心の中で連呼するのですが、心身がパニック状態に近く、その症状が落ち着いてからでないと、言葉を唱えても意味が入ってくる感じがしません。(動悸はおさまらず、なにか軽い音が素通りしていくだけのような感覚です) パニックになった時に心を落ち着かせたいのですが、対処の仕方が違うのでしょうか?

上記症状はまさに私が突然学生時代発症した「自律神経失調系の状態とほとんど同じ」なのですが

●こればっかりは即効性ある対処はありません
(なんせこの反応は、過去の経験から無意識領域で「『興奮』と事象の結合」ができあがっちゃっているものなので【この場合は「不安との結合」でしょうね】、『自意識』領域でネタバレ崩壊させても、過去判例・用例の積み上げになかなか対抗できないのです。)
 ↑
「バカか俺(全然違うから=ここ興奮する場面じゃネーから)」←この実施と
「ないないない、そういうの無いから」←この経験をリハビリ的に積み上げないといかんのです

※ある意味外形的に「ないないない。そういうの無い」を作る力は投薬に無いでは無いので、臨床系の投薬根拠に一理あるとするならココになります。


■さて、ここで強い薬に頼るも何だなと思う場合の対処ですが(バカか俺もおろそかになりがちですし)以下となります(あくまでも以降は参考です取捨選択は自己責任で)

 ↓
●そもそもパニックが起きるトリガー要因を探し発生機会そのものを減少させる
(職場であれば→まずそこは辞める、対人であれば対人接点を減らす、対事象であれば当該事情との関係をストップする《何々大会とかもうやめとく》、対案件であれば「それこそバカか俺発動」《老後の不安煽りなどは鎮圧》)
 ↑
ベタな表現で言えば「楽して怠ける方法を全力で考える」のです
(そのためには手段も選ばずぐらいの勢いで”ちょうどいい”です)


●市販の効果の薄い薬を併用(キャベジンだとか求心とか←これも抵抗ある場合、常日頃ブロッコリー常備して、胃腸がの瞬間ブロッコリーをボリボリ食うとか)
※ちなみにレギュラー珈琲やお茶は常飲、
※タバコも推奨しときます
(喫煙経験無いかたなら”加熱タバコのアイコス”がベターでしょ←アイコスは必ず十字二度吸いしてくださいな:コスト半額になりますからww)

◎所得に余裕あって、少々太ってもいいぜって場合の典型スタイルは(これこそほんと参考ですからね)
日常「缶コーヒーとタバコが朝飯で、昼は喫茶の喫煙席、ご飯のおかずはブロッコリー(タンパク質も納豆とかがお勧めですかね、勘ですが肉はアレかもしんない。動物性は魚が推奨かな、)夜はしっかりレギュラー珈琲なども飲む。アルコール分解酵素お持ちの場合はワインか缶ビール」
(まあ、”高カロリー系《所謂デザート》以外の”嗜好品をしっかり摂るって事ですよ。←例外としてアイデアに詰まった時のチョコは可とする。また、缶コーヒーに手を出すと《楽ちんですが》”確実に太ります”そこは悪しからず、)


無意識領域の自分に体験的にも「ほら何もない(根拠不明なデマも大概にしてね)」
これが定着するのに、数年かかっちゃいますね。
 ↑
ある意味「その数年のサバイバル方」ってのから先に考えるのが近道だと思います。
(※勿論長い目でとなるなら、心理学の原則としてPTSDにおける対処のように発端となった原体験のネタバレとカタルシス的な現実回収《リアリズム回復》ってのは別途必要です。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 11:27 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

どうにも『共同幻想』論を未だに勘違いしている人がいるようなので


ムスリムの人は失礼があったらゴメンだけど、
たとえとしてわかりやすいのでイスラム教をベースに説明しておこうと思う。
とにかく記事リクエスト依頼文など読んでいると『共同幻想』論の理解を間違えている人が多すぎる。

日本は(岸田教授が提唱したように)「所謂世間様教のようなもの」であるため(一神教系の伝統宗教のようにその権威性認知が明快ではない)その曖昧さから宗教的に見えないし、実際宗教では無いのだけれど(これって慣習法か名文法かの違いのようなもので)その構造は同じ『共同幻想』であり(権威性やそこに派生するドグマ《教義》や権威性道徳などを共有する社会構造)、
 ↓
凄くベタに言えば
仮に日本が中東諸国であれば、その『共同幻想』はイスラム教を中核とする構造になる。

●現在の日本の『共同幻想』を語る上でそこに何ら違いは無いので
日本社会が”アブラハムの宗教のひとつ”イスラム教であった場合で考えてみる、

オンザレールな『共同幻想』適応とは
イスラム教徒の家に生まれ生まれた時から信者として暮らしているものであり、
非適応者とは(この段階でイスラム法に違反した行為などが確認されていることになるので)、この段階で異端であり(ISなら他の家族含めて一族郎党躊躇なく殺す)、
どれだけイスラム教徒の真似を努力しても認められるも何も無いワケで、

非適応として一度地域構成員から見られている事を前提に、
彼らと絡んで仲間的認定を得ようとするなら、
私はイスラム教徒であると、再度宣誓し(シャハーダ)
「ラー・イラーハ・イッラッラー、ムハンマドッラスールッラー」
                        لا إله إلا الله محمد رسول الله ●
「アッラーフ(神)の他に神はなし。ムハンマドはアッラーフの使徒である。」

 ↑
これをやって(確信犯的再選択者として)ガチで入信して認められる必要があるし、
一度異教徒として認定されているのだから、よっぽど敬虔な信徒として振舞わないと認められないことがわかる筈だ。


●仮にイスラム社会の『歩留まり』が何かと言えば、
それを”世俗主義”と呼ぶ(トルコ軍部であるとかバース社会党などの考え方)

イスラム社会は、日本や欧米社会のように『共同幻想』と文明化の相克の中で、『共同幻想』がダダ崩れしない傾向が強いと言えるけれど、
(ムスリムの人怒らないでね)
実際にはそれは存在しており、典型例はイランの庶民など(実はアメリカンナイズだったりする)、この(宗教的に言えば”乱れ”)を正すため、ホメイニ革命が台頭し、現代におけるISなどの原理主義も”崩れ”に対する反動的保守のような位置付けになる。

じゃあ非適応者が(仮に日本がイスラム国家であった場合)生き延びる方法は(勿論そこには『単独者』も含む)、トルコのように異教徒も混在で暮らす社会で、表向き嘘ついてキリスト教徒を名乗るか、(彼らもにわかに中身を知らない)日本人で宗教は神道ですと名乗るか、

或いは、

「自らAKを手に戦うかだ」

(現在の日本の無神論系『単独者』は決してイスラム社会では認められないので、殺るか殺られるかAK持って戦わない限り生存することすら不可能です。←ここがイスラム教と文明論のジレンマみたいな話の核なんだけれどね。←現在その解答を語るカリフの登場を待っている状態)


間違っても(シャハーダの宣誓も無しに)、ヘジャブやニカブ被ってみたり「私も社会適応しようと頑張ってます」みたいなトンチンカンな行為は、もろにイスラムに対する冒涜であって、
敬虔な教徒の集落だったら真っ先に殺されます。
(そういうふざけたことする異教徒を殺さず見逃すことは、イスラムの正義に反するし道徳的に許されない。)

●実際に、過去欧州のどこだかの調子こいた左翼の政治家が(大臣クラスだと思うけれど)イスラム国家訪問した時に、ベールのようなスカーフだったか被って「信教の自由を認めるリベラル政治家でございます」みたいな事をした時の現地からの批判は凄まじいもので、
殺されなかっただけよかったみたいな話になってる。


少なくとも、
日本において勘違いして『共同幻想』にフラフラ近づくのは間違いだって言っている背景と、
今回の話は全く同じものなので、
日本の『共同幻想』は優しいからみたいななめた認識でいたら大変な間違いだから、
(ドグマの中身や厳密性などに違いがあるだけで『共同幻想』サイド思考構造は全く同じ)


●加えて実際の日本社会の実情は世俗派どころか無神論系『単独者』をも受容する社会であって、
その最大の特徴は”社会非適応”それ自体を全く問題視しない(個性と言ってもいい)、
ドグマに依存しない、その文化的特徴が「寛容」である異例の国家であることで、
社会適応している『共同幻想』適応者からが、
「好き好んで適応なんてするものじゃない(早晩この時代は終わる)」とか思っている社会だってこと。
(事実新卒入社3割退職事例《自ら非適応への離脱を模索》において、それを悪辣に批判する世論は”無い”からね。)
 ↑
だから日本は後期先進国化に成功し、同時に(社会非適応が比較多数となる世界を予見するように)メンタル問題も観測されるって図式なんだから、余計にその状況で”非適応”状況にある人が、フラフラと『共同幻想』と関係しようとする行為の(意味のわからない)矛盾性ってのもよくわかるって話(故に同様行為のほとんどが「適応強迫」である確率も高い)。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 06:52 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0