2019年12月22日

リクエスト関連(ゆうきさん”とっても矛盾してますよ”てかダイナミック反論過ぎ)


ゆうきさん
>例えば看護師の人が最初は失敗もあったけど上達した話や患者さんとのやり取り、専門的な話は面白く、深みもあります。顧客を通しての人とのやり取り等も勉強になるし、面白いと感じます。共同幻想適応者が人生経験豊富な人の話は面白いと興味を持って耳を傾けるのは何故でしょうか?清掃業(ましてやニート)の話は予測がついて面白くないと言って興味も持たないのは何故でしょうか?私でもそういった人の話は一辺倒でつまらないと感じます。本だけ読んで知識は得られるけど実体験が伴ってない頭でっかちで終わるつまらない人もいますね。


私はどううだろ、フリーターバイト長で17年、
(学生時代もワケわからないバイト多数、エキストラの経験もあり)
口には出せないちょっとヤバい仕事から失業の経験まで、めんどくさい変遷の後、
現在副業の不動産で15、6年かな?
契約に至る接客数は数百だと思うし、
メール問い合わせレベル含めれば計測不能、
(特に不動産の仕事は顧客のプライバシーに踏み込む人生の核となる部分なので、フィールドワーク的にも通常知りえない関係での接客となる。希望賃料40万のハイクラスから風呂無し3万以下のリアリストな人まで幅も広く、顧客には映画監督《外国籍含む複数》からアニメ監督、メディア関係からIT起業家、フリーターから警察官やらモデル、家出同然な若い子から独立直後のヘアメイクさんやら、カメラマンなど多岐に渡る)

不動産のマスコミ対応から(ワケのわからんTVに出たこともある)、数億の邸宅取材含む業界事情に通じ、ブログの運用が雑誌掲載されたこともあれば、怪しげな雑誌でライターしていたこともある。
心理学に関してはこの道(サイト開設前からってことになれば)20年超えてるかも知れない。
(大きな声では言えないが、なんちゃってハンティングの経験もあり、米国において実銃約3千発の射撃旅行に行ったこともある。ここで外人部隊関連の怪しげな話も聞いた。)

レア度的には到底あり得ない「会社事務所、個人事務所をダブルでもらい火事の被害にも合う」
他、学生時代には新興宗教団体に乗り込んであーだこーだなどの経験もある
(※いっこ忘れてた、昔リクルート系の運営ブログのライターしてたことがあって、ワケのわからん話が浮上して東京駅んとこのリクルートの本社に怒鳴り込んだこともある)
 ↑
その経験踏まえて返信書いてるんだが(それがどうかしましたか?)



経験ができませんとかを主張しているあなたが、
饒舌に「随分な上から目線で自信満々に言ってくれてるけど」さww
 ↑
その自信はどこからくるのかね、
頭でっかちなところからなのかしら?




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:35 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんかうっかり忘れていたので補完記事(『共同幻想』論)

「『共同幻想』統治論」みたいなものかな、
過去記事で盛んにやれ結婚制度など性衝動に纏わる許可権を『教会』や『権力』が握ることで(分配のインセンティブとともに)絶大な影響力(=権威性の高さ)を保有したって話をしたけれど、
古い記事遡れば書いてあるんだけどさ、

他にもあるんだよ、似たような構造
 ↓
●「酒・たばこ・塩・米(欧米ならパン)」の専売や許可監督権
(欧米で言えば民衆に言葉を教えず、聖書が読めるのは教会のインテリだけという”知的権力の占有”もやっていた。同時に聖書の出版を許さなかったので→ルターの宗教改革の目玉が「聖書の印刷と一般庶民への普及」となる。←経済成長と高学歴化で『共同幻想』崩壊する仕組みがよくわかるでしょ)

自由恋愛結婚同様に、『共同幻想』崩壊プロセスそのままに上記の既得権も解体され民営化していってます。
(米国の官庁としてFBIに並ぶ警察組織が《禁酒法時代はFBIにその権限が集中したけど》、ATF:Bureau of Alcohol, Tobacco, Firearms and Explosives、アルコール・たばこ・ドラッグ・重火器取締局なんだけど、そのまんまだよね。←現代でドラッグ系マフィァと戦ってるのはここ)


■つまり、近代前後までは、
「逆らえば、欲求不満で狂人となり、生存に関わる食品も渡さないので”とっとと死ね”、そして葬儀も埋葬も無いからな」だったワケ、
現代の同町圧力なんて生易しいものじゃなくて、
『共同幻想』適応してない奴を(必ず見せしめに拷問して)殺すのが市民の義務ですという”道徳”だったんだよ。


●だからどうしたって、この時代で『単独者』を描くとするなら、
gunslinger や、素浪人の剣士とかさ、座頭市のような極道って形になった。
(昭和だと”殺し屋”も職業扱いでした)
道徳的に殺しに来る村人とか手を出せない強さをベースにしないとリアリティないからね。

つまり当時の政治改革や宗教改革って(『共同幻想』崩壊改革)、
「武力革命」以外考えられないので、
改革派=押しなべてテロりストだったんだよね。
明治維新も内戦っていうより(実態は関ケ原の復讐戦で、旧大阪豊臣方が勝利した)、
アルカイダが政権取っちゃったみたいなもんだから。

この時代、改革するには旧『共同幻想』側をぶち殺すしかなかったんだよ。
(日本の場合は大政奉還となるけど幕府軍は北海道まで押し込まれても抗戦したからね)
(加えて言うと、明治初期まで”殺し合い前提の血統”が日本ではまだ残ってました)


■えーそんなワケで、血塗られた歴史の上に乗っている現代社会ですが、
この辺の話は綺麗ごとでは語れないんだよ。
(※米国の武装する権利も国民主権だからこその「連邦政府が理不尽な事した時に市民が銃を取る革命権の保証」みたいなもので、米国保守派的にはさ”銃を持たない腑抜けは建国の理念を理解していない非愛国者”なんだよ。)

その残骸である「オンザレールな『共同幻想』適応や”崩れ”なんてかわいいもんなんだよ」
(往年の力の3割も残っていないのじゃないかな?)
普通に投票行動だけで、何でも変えられるからね。
日本の場合は、中道改革派政党が存在していないから困るんだけども、、。
現代社会の投票行動は”銃弾を撃ち込む行為に等しい”強い政治の意志表明であり、
それを放棄しちゃいかんのだよ。
(極論だけれど、投票行かない奴は《立法当事者責任の放棄》「今後は法もお前を守らない」的にさ、「投票行かない奴は警察呼んでも助けませんよ」とか制度化してもいんだよね。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 05:32 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0