2019年12月21日

リクエスト関連(ゆうきさん「他の人などいない」)


ゆうきさん
>他の人は仕事や人間関係、恋愛などを通じて人生経験を積み、話にも深みや面白味があります。掃除の仕事しかできない友人や私のようなニートは仕事や人間関係ができず、恋愛経験もないので人生経験も積めず、わかりきった話や誰でも予測ができる話しかできないから深みや面白味もないと言われたり、つまらない人だと言われます。そして覇気もありません。やはり仕事や人間関係ができない人は人生経験が積めず、話にも面白味が深みを増すこともできないのでしょうか?


まったく関係ありませんね
所謂カタギの社会生活で得られる人生経験?
んなものにロクなものがある筈がない。

理由は簡単です
彼らはソルジェニーツィンであるとかサルトル、ドストエフスキー、ニーチェからのアルベール・カミュや芥川、三島を語ってるんですか?マーラーやラフマニノフ、ストラヴィンスキーについて一家言あるのでしょうか。
カラヤンなのか小澤なのかバーンスタインについての見解は?
はたまたマイルスからのジミ・ヘンドロリックスと現代ジャミロクワイの関係性に何かコメントは?
そして、米国文芸界偉人のひとりJD・サリンジャーは鬱と対人ナントカの持ち主で、山に籠って編集者も顔を見るのが大変な人物だった筈です。
ヘミングウェイの実像がどうだったのか知りませんが、少なくとも(同時代を語る場合)セオドア・(テディ)ルーズベルトについて何かを学ぶなら一度ぐらいハンティングの経験しておくべきでしょうが、
カタギの社会でライフルやショットガン片手に山に入った人がどれだけいるのかって、


■カタギな『共同幻想』の人生経験ですって、
「あまりの噴飯物で苦笑しかでませんよww」
私も毀誉褒貶の人生生きてきましたが、それは『共同幻想』離れていたからの話で、
オンザレールな連中の話なんて(あまりのくだらなさで)「はいはいはい」と話半分でしか聞けませんよ。
真面目に聞いてたら無理やりピエロの演技を強要される罰ゲームとしか思えません。

東芝凋落のアホみたいな人生ドラマご存じですか?
歴代社長が(単なる名誉に拘って)経団連会長になりたかった、なれなかったを巡り嫉妬合戦繰り広げ、気に入らいない相手(元は自分が指名した部下)を裏から刺して、今度は返す刀で元上司を告発、不正経理粉飾決算が表沙汰になったばかりでは無く、
ウエスティングハウス関連のヤバい不良債権が表面化、巨大企業がほぼほぼ潰れる事件に発展しました。
 ↑
コイツらから何か学ぶものがあるとでも、、
(銀座のママのほくろの位置ですか?)
ご冗談を、


はたまた、どこの馬の骨とも知らない者同士が勢いで結婚し(元をただせば性行為がしたかった)、ペットの飼育期間より短いたかだか20年前後の親子関係(しかも子供は学校行く始末なので関係時間はペットの3割前後でしょう)、こんな中途半端な経験で、
知ったかぶりして(あったまの悪いリミッター野郎共が)何を語る能力があるってんです?
安物のホームドラマを上の空で見続けたところで言える事なんて、
「やっぱり主人公ピン子はダメなのよ」ぐらいの話でしょうよ。


■そうやってね「強迫心理」の思うがままに、『共同幻想』社会適応があたかも素晴らしいバラ色世界のように語っても、適応強迫の『自意識』共犯やらかすだけで、
何も得るものなどありませんぜ、
(まあ強迫心理な今の自分を維持継続する効果はあるけどさ)
愚かしいだけです。

少なくとも「カラマーゾフの兄弟」でも読んでから出直してこい。
(多分俺も読んでネーけどさww)ウッディ・アレンの映画でもいいけど、
文芸や論理性じゃなくて、化学的な話がしたいならアインシュタインの相対性理論ぐらいは話に絡めてくれよ。
(確か日本の数理系ノーベル賞教授はほとんどひとり研究室閉じこもり続ける人生だった筈だぜ)

だいたいなんだよ「他の人」って、、誰なんだよ
「他の人などいない」(知人の話は持ち込み禁止です)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脳がやらかす『興奮』再現の企み(脳的には親切)をネタバレでいかに壊すか

(ネコで言えば「おーっこういう穴があると獲物がおるでー」みたいな、ネズミ見る前から興奮してやる気満々になるヤツ。逆パターンなら「クロネコッ、ファッ!喧嘩して大怪我したやんけ」《実は別の黒猫なんだが》もう近くを見ることもできずに一日ブルーになる。)

この話の続き、、


●ソフトな例だと
1)「明日の会議のプレゼン、緊張しちゃうね〜」な時に

「アホか、こんなクソみたいな商品どうだっていいわ」で返して(むしろ怒られるのかな?←まあその時には乗りかかった船で喧嘩に付き合ってやりゃいんじゃね)
緊張感を切るとかね、


●異性関係でド緊張の童貞君に
2)「明日あのコに声かけようと思うんだけど、どうしよう」

「〇〇さんの事?なんか相当のヤリ〇ンみたいだよ。ズバリお幾らですかと聞けば?」
(言うまでもなく喧嘩になる)


あれれ不思議だ、
なんか幻滅介助役ってさ嫌われるよね?
(思い起こせば黒澤の『椿三十郎』の演出もそれだったな)
「おかしくないか」
”いやいやおかしくないんだよww”
困ってるようでいて、幻滅されられると何故か怒るってことは、
→無意識に喜んでやってたって証明にならないか?

実際、心理学の相談なんか受けてると、
反論連発するわ、時に暴言も飛んでくるわ、NGだってあれほど言ってるのに【知人の話】祭りになるわ、何故か上から目線で説教されたり、ワケのわからない事が圧倒的多数となる。
(なんてーかさ第三者的立場からの”強迫切り”アプローチって、所謂「無神経な奴」そのままだったりするから、仕方ネーっていえばそうかもしんないけどねww←「無意識な人VS無神経な奴」って感じかもね)
 ↑
ここ当事者(緊迫感同じでも)全く困っていないケースに当てはめるとわかりいんだよ
こんな感じ
 ↓
●日本シリーズ第7戦前夜、明日で日本一が決まる状況
3)「明日どうなっちゃうんだろう心配で眠れない」

「んなもん野球でしょ、偶然バットに当たっちゃった方が勝つだけだろうが。クソつまんない競技じゃん」
凄く怒られますよね、、
そして怒るのももっともだよって皆さんも思うのでは無いでしょうか(笑


でね(念のため「快・不快原則」のおさらいですが)
1「明日の会議のプレゼン、緊張しちゃうね〜」
2「明日あのコに声かけようと思うんだけど、どうしよう」
3「明日どうなっちゃうんだろう心配で眠れない」
 ↑
限りなく、主体性は無く(無意識的な)神経系である『脳』としてはさ、
1〜3で何がどう違うのかなんてわかりゃしないんだよ

ロジカルで構成されている自我以外の原始(自然:ワイルド)の脳だって、生物だから感情というか「ギャだとかキャーだとかあるんじゃないですか?」←こういうご意見も聞こえてきそうですが、
「だから余計にそうなんです」
いやいやどうなんだよってことだけどさ、
こういうことさ、
1〜3の違いを分けているのは概念の理解なんだよ、
1は緊張で苦しんでいるが、緊張するバックグラウンドは会社への畏敬だよね
2は不安に苦しんでいるが、不安ななのは憧れの彼女だからだよね
3が心配で眠れない理由は、大好きな球団の命運がかかっているから
 ↑
文法的にはほとんど同じじゃん、
これ以上にその違い理解するには「仕事は疲れるから嫌だな、フラれたら立ち直れない、仮に負けそうになっても全力で最後まで応援するぞ」というスタンスの違いだけど(前2者は「ほぼ『被(こうむる)』」後者は「ちょっと『抗(あらがう)』」)、原始の脳にそれをわかれってか?
そら無理でしょ、

脳としてはさ
「だったら『自意識』がちゃんと説明しろ、そのための自我だろーが」
って苦情のひとつも言いたいところでしょう。
■結局そこにいきつくのさ
「ちゃんと『自意識』仕事して」って、
何か理解の難しい文法で、うまいこと言ってるつもりかもしんないけど、
お前どっちなんだかわかんネーんだよって、ことなると脳としては打つ手がない。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:47 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0