2019年11月30日

リクエスト関連(隣の芝生さん(障害児の虐待の話の横から失礼します) )


えーと多分このケースも「違う意味で騙されてますよ」

隣の芝生さん
>親側からは「あなたが障害児を育ててよ」と反発されそうです。障害者の親への理解やケアが足りない話はあります。
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/62/
うちも定型の兄と妹は親から叩かれたこともなく、愛情受けてましたが、私は暴言暴力、無視、甘えようとしたら拒否されました。周りの当事者もそういう子多いです。
定型はそのままでも受け入れられて生きやすいけど、障害者は体罰や虐待がされやすくて生き辛いです。
第三者は私達が虐待受けるのは当然と言います。


■この一種のレトリック(人権派左翼の営業技術)を見破るには?ってことなんだけど

まず、外郭となる彼らの背景からいきましょうか
1)NHK教育の一部がガチで左翼活動家浸透によるプロパガンダ機関になっている件

2)不思議な事にNHK教育は中国や北朝鮮の人権弾圧を(勿論まったくやっていないワケでは無いが)主として扱わない件

3)「なるほどそうですね」となると福祉予算が左翼活動の資金源になる仕組みが完成する件


●彼らの主目的は組織防衛で(彼らも無自覚だと思うけどね)、
「誰がこんな風に困ってますとかの解決で無い」のね
(それで人権派を自称する商売がしたいワケ)
故に以下のような”誘導”が行われている
・「虐待」とは子供の側に何ら原因が無い場合の「親が引き起こす社会問題」
(何か特定の子供がそのターゲットになりやすいみたいな発想は別次元である)

・そもそも収容型施設に預けるなり助けを求めている段階で諸問題は必ずそこかしこに発生しているので施設に預かる人間にアンケートを取れば何の問題でも大きな数字が出る
(障害に関係無く、児相に預けられる子供達を調査してもそれらしいDATAはナンボでも取れることが推定される。←育児継続不可能だから児相に預けるんだからね。)

・最初のポイントである「虐待は親の問題である(子供は関係無い)」に立ち戻って考えれば、”施設に入れるべきなのは親”であり子供では無い。
(臨床系のナントカ障害分類根拠をあてこめば、虐待に至る親はさらに重度のガチ精神障害と判定しても少しもおかしくない。)
(実際欧米の一部では虐待する親は刑務所行きです)

・加えて彼らの着想を補完するなら(障害があると虐待を受ける)、施設内で「何故、職員の過半も親同様に虐待を繰り返していないのか?」の説明がつかない。
(逆に言えば”何故親だから”虐待に至るケースがあるのか?と考えれば、バカでも親には『共同幻想』適応強迫がかかっいるからとそこに考えが及ぶ筈で、加えて現代社会は『共同幻想』社会的適応系が既に少数派に落ちていることから「いかにバカらしい話なのか」って論議になる筈だ。)

・更に心理学的知見があるのなら、
親が虐待などの社会問題に発展する原因を、「家庭組織運営の破綻」「『共同幻想』への過度な適応強迫やその不安」にあるのであり、子供の側には何ら問題が無い。
 ↑
つまり逆説的に言えば「幼児虐待犯の親には”病的定型者思想”がある可能性」なども、論議されるべきで、親サイドの心理的研究などが「あたかも親の心理面・精神科的部分には全く問題無いかのようにスルーされている」。


・「ナントカ障害と虐待を関連付けることのナンセンス」
そもそも『共同幻想』適応社会内において、近代以降「勉強できる子・できない子」において同様の偏差は延々と継続してきたワケで(それこそ思春期の子供がグレる遠因にもなった:偏差値評価という『共同幻想』権威性認知をやめれば概念そのものが消滅する)、
水準の違いはありこそすれ「ナントカ障害」に置かれた子供と、「勉強できない」オンザレール『共同幻想』適応の子との間には(虐待論をその着眼点で展開するであれば)大きな違いは無く、
あ た か も 「ナントカ障害」って言葉を特別視することは、話を特定の方向にリードすることになる(たとえば子供の生まれない夫婦の養子の人種別虐待分布論みたいな事になり兼ねない)。

※その補完だが(心理学的知見の無い)臨床系が最近米国などで論議している話は(ナントカ障害学会系)「勉強のできない子もナントカ障害」と判定しようとする動きがあり(そうなると国民の半数近くががナントカ障害って事になる)←ここからして心理学的に「そもそもナントカ障害は病気じゃネーだろ」の傍証を自ら自爆しているようなものである。←過去米国臨床系は米国人口の数百万人(約1割とか言ってたかな?)が鬱病の疑いなどとやらかしたこともあって(抗鬱剤のプロザックがスゲー売れてた筈)そもそも「ナントカ障害話」の真偽もどうなんだってとこある組織だから。
(人類の半数以上が持つ傾向を病気と判定してたら、病気の概念としてそらちゃうやんけって事になる。)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:34 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<結婚『共同幻想』論>

ぱっと見でわかると思いますが、
先日のリクエスト記事書いていて「あっ書いておかないと」と思ったところです。
(※これ保守系の人には凄くヤバい話なんで、確信犯選択者を自認している方は退席ください。)
(※話自体はすっごくわかりやすいです。)

言うならば「親はつらいよ論」
参照リクエスト記事はこちらっ
http://kagewari.seesaa.net/article/471782772.html

■歴史的にこれが一種のハメ技で、ほとんどマルチまがい商法のような仕掛けの上に成り立っていることがわかります。
【重要な大枠】から

・欧米の場合から、近代までは婚姻の許認可権は『教会』に所属し、結婚したからとそれを法的に明確化するため役所に届け出る”入籍’なんて行為は(当時の保守系カソリックには)「アンチ・キリストであり(教会権威の冒涜)共和派のテロリズム」同様の暴挙だった。

(ちなみに現代でもガチ保守カソリックは、ルターの宗教改革を認めておらず、テロリストに過ぎないルターを聖人として認めたバチカンを否定している。→ルターって誰って「ルテール教会」のルテール、そして60年代人種差別運動の中で暗殺されるキング牧師も確か、Martin Luther King, Jr.だから、ルター派プロテスタントでしょう。てか凄い名前だわね《マルティン・ルター王の息子》。←この時代って人種偏見の関係もあって黒人JAZZプレイヤーなんかも、男爵とか侯爵とかくっつけた名前だったりしたんだよ。)

・欧米で顕著であった「ウーマンズリブ」の主たる運動目標は?
「ピル解禁」です
(日本でピル解禁が行われるのはほぼ最近の話:1999年)


「それってどういう事?」
或は、昭和の不倫ドラマにおける愛人が妊娠した時のこの台詞
「責任取ってよ」
「これってどういう事?何の責任かしら?」


■お前は『共同幻想』参画者だな、神の前で誓えますか?
(或は先祖伝統の継承者、ここに集いし全ての血縁者の前で誓えますか?)
富める時も貧しき時も、
病める時も健やかなる時も、
共に歩み、他の者に依らず、
死が二人を分かつまで、『共同幻想』への忠誠を「ハイル○○○○!」
 ↑
勿論、欧米の保守派は「離婚も禁止」でした。
(日本的な結婚と、ヤクザの跡目襲名披露宴が全く同じ形式なのは”その意味”)

ここに『共同幻想』との血の盟約は結ばれた!おめでとう!


●だーかーらー
思春期に発現台頭する「俺個人なる『自意識』」がだね、
好き勝手に(許可なく)性行為をする事を権力で禁じ、
「性行為を望むならこの書類にサインしろ」と近代以前は法や権力によって強制したの。
 ↓
で自由な性行為を企画したものは”姦淫の罪”でぶっ殺されるワケですよww
(厳格な宗教信者になれば、自慰行為も罪ですからね)
(米国保守派が現代においても”中絶禁止”が大統領選の大きな争点とする理由)

→続きを読む

posted by kagewari at 06:56 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(書籍「女の子どうしってややこしい!」さんのエビデンス)


エビデンスになってないんだけどさww

「女の子どうしってややこしい!」さん
>
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1086967345
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14163583169
沢山ある事例の一部です


何の事かわからない人は直前のこの記事お先に読んでください
http://kagewari.seesaa.net/article/471841803.html

■思うに構造は反論だと思うのですが
ややこしいさんの立論は、以下の説をベースにしていて
「ナントカ障害の子は可愛がられず、定型ナントカの子は可愛がられると決まっている」
 ↑
諦めませんよってことで、
今回も禁じ手の(即レスはNGだって言っているんですけどね『一拍置く』のが約束事ですから)、
反射的な反論エビデンスの提示となっているようです
(反射している時点でその前の原稿まったく読み込めていない証明なんで、一体なんのために書いたのやらと思うところもありつつの)


<<<URL、ヤフー知恵袋スレッドの解説です>>>

1)それらは「それこそ禁則事項の【知人の話】でありエビデンスにはならない」件
「実際にこんな人が一杯いるんです」←これじゃ有意な統計になりません
そら1億もいれば、それっぽい発言している人も探せばザクザクいるでしょう。
【問題は】
これが厚生労働省などにおいて、
ややこしいさんの言うような傾向が有意な統計DATAとして存在する場合、

マスメディア報道などにおいても、
「ナントカ障害の子は、その多くが障害を理由に虐待されるなどしており、育児上大きな負担となっているので(痴呆症高齢者介護にあるような)育児支援の施設等が必要だ」
こういう論議になっていなければなりません。
少なくとも報道で(これ大変な人権問題なので)「レイシストの親から障害児を救え」キャンペーンが始まっている事でしょう。
 ↑
育児支援組織は育児ノイローゼ対策的に検討もされているでしょうけれど、
(時々殺人事件や無理心中事件が起きるため←件数少なくても大きな事件性ありますから)

・むしろこの案件はくくりとしては(障害どうこうは個別各論で)
『育児ノイローゼ全般』論議の一断面であると考えるのが筋論です
社会的認識として”問題行動起こしているのは親”ですから。


2)URLのスレッドってのは、
「むしろややこしいさんの立論の”正反対の傍証(知人の話)”であること」

●そもそも彼らの悩みは
「こんなことしたくないのにこうなっちゃいそうだ」→どうしたらいいですか?
「それじゃいけないのにどうしてもこう思ってしまう」→どうしたらいいですか?

なんですから「ナントカ障害ある子は可愛くない」では”ありません”。
その【反対】です。

なぜってそのまんま「可愛くない、嫌い」と思っているなら、
からかったり虐待しても楽しい筈だからです。
悩む必要どこにも無いじゃないですか「キモーイ、ザマー!!」とかやってりゃいんだもの。

●「嫌いになりそうですだとか、耐えられません」なる自らの行状に耐えがたい罪悪感を感じて悩んでいるんでしょ?→本心はその真逆だって事ですよ(こんな事続けたくない助けてくださいなんだから)。
 ↑
さすがにそんな事もわからないって事はないでしょうよ、
小学生でもわかることだと思うが。

なんだろう、彼らにアドバイスするとするなら、
「社会適応強迫を捨てな」と、
「社会適応とかどうだっていいことだよね」を前提にすれば、無問題ハイ解決です。
(別に学校とか行かなくても全然OKだよね)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:34 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0