2019年11月23日

世田谷”生活”左翼発生の仕組みがわかりやすい


この動画はかなり参考になりますよ
はは〜なるほどと

(この仕組みは90年代以降世界的に大流行した”発ガン性物質発見ラッシュ”や、禁煙運動の動き→後にビーガン系環境派の台頭にも繋がる構図と全く同じです。)

米国の「分断」煽るリベラルの正体 渡瀬裕哉のメディア斬り捨て御免 内藤陽介



●実際保守的論陣を張っていると「食えなくなるのでござる」(笑
(民主的に比較多数や少数の問題では”無い”←事実トランプ大統領は勝利してますから)
時に、保守系論壇が怪しげな通信販売や右翼的スポンサーに頼らざるを得ない理由。
また、プチブル左翼”意識高い系”『歩留り』層が消費動向や所得階層的に強いのも事実で、この階層へのマーケティング的に「ファッション左翼的要素」は欠かせなかったりするワケで、
(視聴率重視する民間企業としても意識せざるを得ない)

かといってド・右翼な確信犯的『共同幻想』再選択者は(動画にあるように)言論であるとか学術的見解に興味が無く(既に”保守がいかにこうあるべきか”の文化伝統を自ら選択済み)、
現代リアリストとでも呼ぶべき『歩留り』系草の根保守は、意識高い系中高所得階層が多いだろうかと聞かれれば必ずしもそうと言えないし(グラスルーツ:草の根なので各階層に任意に分散している)、それが所謂消費動向を形成するとか”無い”ワケですから(そういう気持ちの悪い共有を忌避しているから『歩留り』なんで)、

『単独者』は面白がっても「タダという名のフリーエコノミスト」だったりするしww

(故に広告会社が左翼インテリ向けにメディアを誘導するのはマーケティング的には正しいんだなこれが←数や率ではなくって彼らのターゲットとしている消費者階層がそこになるんだわ。←それも段々怪しくなってきたけどね。→『環境少女グレタちゃん』なんて速攻「なんだこいつ」になっちゃったからね。)

■正論であっても保守系の論陣で物事発信していると、
自然現象として食い詰めるのでござる
(※世田谷生活左翼のように、怪しげなNPOを立ち上げ補助金行政のスキをついて公金をゲットするような”手口”にも長けてませんから。)


それって必ずしも”ネガティブ”な話ではありません。
(トランプ選対にも募金は集まってますし)
現在保守系ジャーナリストとして活動している例の元共産党篠原氏にも”草の根”で活動資金が集まってきています。
所謂毀損の【市場経済インセンティブから外れたとこ】の経済原則で効いてるんです。
(多分そのレスポンスが最強なのは2chなどに代表されるフリーエコノミーセクター←想像するに、このセクターを意識高い系ファッション左翼がマーケティング的に「ネトウヨ」とレッテル貼りやラベリングしているのだと思う。)
 ↑
思い出してくださいよ、
■「webコンテンツの有料化ビジネスモデルで成功した試しがない」
(元素youtubeですらグーグルに買収されるまで、永遠の赤字だった←今どうなのか知らないけど)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:08 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(隣の芝生さんから(投影の話) )


隣の芝生さんから
>どこに行っても嫌な事を言う人や噂をするのが好きな人はいる。特に大人しそうな(人付き合いが苦手な人)は標的になりがちで、何かしたわけでもないのに噂話や陰口、嫌味を言われたらムカつきます。それに共同幻想適応者だか歩留まりだか(特に女同士)でも、何か指摘されたら(正当な指摘でも)怒ったり、ちょっとしたことで引っかかる人多いです。しかも社会適応してる者は周囲を味方につけて集団でやりす。指摘する側に問題がある場合も多いけど受け取る側にも問題はあることも多いです。謙虚な人の方が今昔問わず少ないです。


■ええ、その見解でいんです(現代的に)
近代『共同幻想』社会に人権主義的に「ちょっとついていけない」と、
現在隣の芝生さんの見解が比較多数ですよ
(※だから左翼の宣伝にひっかかっちゃって安易に田舎暮らしに憧れて、都会からローカル『共同幻想』社会の残っている未開集落でえらい目にあって逃げてくる人が続出したりしているんですww)

近代『共同幻想』が壊れた理由そのままです


■『共同幻想』社会の理解は一部間違ってますね
『共同幻想』の論理は個人的に秘密を隠匿すること禁止(プライバシー保護の禁止)、
全ての情報は”共有”され、群れで群体としてひとつの生命のように活動することです。
「陰口や、ちょっとでも嫌そうな話をする”義務””責務”があるんです」ってば
「いい顔したくて、悪口や陰口を言わない奴は”裏切り者”なんです」ってば
(※この『共同幻想』機能をフル稼働したのが、東ドイツのシュタージや、中国の文化大革命←親族を密告して自ら虐殺とか夫婦同士恋人同士であっても監視対象だった。)


特に組織にとってリスクとなる情報こそ優先順位が高いので、
悪口っていうか、組織にとって悪い要素や不信感・不安な要素こそ高いレベルの報告義務があるため、情報交換中の事案のかなりの部分はその手の情報になります。
(江戸時代の300年のように組織や社会や文明に変革がほとんど無く、身分制度というか社会の流動性も固定的で、既得権の安定感も大きな状態を「安泰で平和な時代」と呼ばれ、幾分危険情報感度は下がる。)

「誰それさんはとってもい人で安心ね」←こんな情報を機関会議に上げて、ふざけてんのかって言われるでしょ(笑
監視業務は最低限度の仕事だってのに、ちゃんと見回りしとるんかって、
 ↑
これね、構造的な問題なんですよ。
組織そのものに危機意識があると(安泰の”反対”ね)危機管理リスク感度が過剰化して、
彼ら同士で殺し合いを始めます(左翼の内ゲバ、オウムのポア、暴力団の内部抗争)、

●つまり現代社会は『共同幻想』崩壊時代なので、
彼らの組織そのものに対する危機意識も高い、
「今日の危機管理情報報告は?」←とピリピリするでしょ
ネガティブ情報めて危機管理する事の優先度は高いんです。
(外から見ると”悪口”ってことなんでしょうけど)

女子会などの食事会(原型は暴走族のレディースみたいなもんです)とかなめてませんか?
あれは正規の幹部報告会議です、
(時に秘密会も必要となる)

それから、彼らに対して
何か指摘されたら(正当な指摘でも)怒ったり、ちょっとしたことで引っかかる人多いです。
 ↑
フクロでボコボコにされなかっただけ、相手も優しい(ぬるくなった”崩れ”)ってことです。

あなたISのテロリスト相手にも同じ事言えますか?(笑
(構造論的には女子会の群れと何ら違いありません、ISもコテコテの『共同幻想』社会です)
『共同幻想』なめちゃいけません、
どんな組織も(現状に対する組織存続の危機意識高いので)、
「一歩間違えば、IS、左翼カルト、オウム、とそう違わないんですから」

だからある程度信用できるのは”伝統文化”に根差したコアな『共同幻想』であって、
任意に同好会感覚で結成される(友人関係などの)結社をなめたらいかんですよ。
ケツ持ちの後ろ盾も無いんだから(実際それ故に正規暴力団は半グレ集団を恐れてますから)、
何をやらかすのか(何を俺達の道徳だからなと)予測がつかんのです。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0