2019年11月18日

現代心理学的テーマって”やっぱり軽くなっているのかな?”


中世以前とかだとすんごいトンデモだったと思うんだよ。
(近代共産主義の何百万人虐殺も含むだけど)
『宗教権威』『王権』『貴族階級社会』『激しい人種差別』などなど、
それは関連事項のスケールがデカかった

あまりの人類の凄惨さを見るに見兼ねて
「有力な『宗教』発明した革命家」みたいなんまで登場する始末で、
 ↑
民度の低い時代の歴史だからって話”じゃネーだろ”
(そこに人類ヒト科や『共同幻想』の原則論が出ちゃってると見るべきところかと)


心理学的に言えば、大問題が顕在化してたからやらかした話であってだな、
(あまりにも普通の事で病理性とか論議になっていなかっただけでしょ)
戦争についてもそうで、
WWTであまりにもトンデモな事が起きたんで(それを抑制できなかった時点で心理学的には病理性と言及してもよかった)「流石に戦争のルールを決めようか」ってなったぐらい(パリ講和会議)。
 ↑
※確かに戦争視点から見てもそのスケールや悲惨さってものが大きくスケールダウンしている


■考え方だよ考え方
命の危険に及ぶってなれば誰だって常軌逸する決断もアリなのが「言い方悪いけど人類ヒト科の潜在的パフォーマンス」でしょ(笑

とかく平時における生存の保証の最たるものは「経済」だから、
地球上に自由主義の先進国群が登場したことはとても大きくて(言わせてもらうけどそこにはケインズ経済学が大きく関係しており→元ネタとなったフロイト心理学を忘れてくれるなよ)、
命はおろか「基本的人権を国家が保証する」って水準は(人類を設計したのかもしれない自然界の法則であるとかひょっとして神すら)想定外の大成功なのではなかろうかと。
 ↑
てことあるんで自由主義の先進国なる文明を守る事は現代人類の生命線とも言える
(※膨大過ぎるリビドーを実体経済に転換した)


■心理学的テーマとしても
「狂気の『共同幻想』集団がもう大変なことに」←のような話はほぼ消滅し
(カルト宗教や原理主義派テロリズムが消えたワケでは無いが)
個人心理学としての半ば哲学的な領域の話になってきている。
 ↑
こんな事言うと哲学専攻の人に怒られるんだろうけど、
哲学ってさ”趣味”みたいなもんじゃんww
(或は美意識)
確かに『単独者』の概念は実存主義哲学だけれど「それは哲学ですか?」って側面もあるワケ(個人的にはどちらか言えば社会学的発見かなと)、
不条理を利得する『単独者』なる人類ヒト科営業形態の発見みたいな話だもの。
(※これ音楽のバンドもさ食えるようになるとバラバラになってソロ活動とかになるじゃん←ここ発想としてはたいした違いでは無いと思ってる。)

いずれにしても、
●福祉政策的に生活の保障もあるので(不十分な点と言えば不要関係者の確認などプライバシーに及ぶ点の不備)、安心してテーマに向き合うこともできる。
※とりわけ鬱病が労災認定されるようになった事が社会的に大きかった。

時に見当違いな方角から
(このネタって俺が卒論で批判した臨床系心理学の理論なんだけどさ)
「自己実現ナントカ」ですか?
アホなのかって話を持ち出す向きもあるかと思うけれど、
『共同幻想』系インセンティブなんてもは、既に効力の大半失っており、
「立身出生やら学歴コンプレックス」みたいなテーマの段階でもう「大丈夫ですか」って時代になってます。

左翼の肩持つつもりはないけれど、
ナントカ障害をカミングアウトする芸能人が「そこを好感度に関係する個性と評価される時代」です。ここは積極的に評価していいのだと思う。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:08 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0