2019年11月06日

『反抗期』関連の話が最近多いので(2)


前回の最後「現代反抗期が薄まってきたかな」繋がりで
(今回はまさにR18指定記事です)
 ↓
■それとは別に社会的『共同幻想』崩壊時代における『反抗期』とは
勘案すべき事項としては
・(最強権威の)政府からして個性化の時代と喧伝しており、一般的『共同幻想』適応自我の価値が毀損・陳腐化している(←もうこのタイプはお上の期待する人材では無い)
・”家幻想”も相当薄くなっている(家幻想におけるコンプライアンスであり・ポリティカルコレクトネス)、皮肉な事に個性化と真逆で家独自色では”無く”、ユニバーサルな薄い『共同幻想』がベース・
・『単独者』を奨励するほどでは無いが、個性化の幅は「相当いっちゃっていてもアリ」に
(子供のなりたい職業でyoutuberが一位となる)
・社会経済の『共同幻想』偏差値的評価の崩壊(多様化)「東大法学部からの官僚志望者激減」
・晩婚・非婚化→”社会的家幻想”の崩壊
・自由恋愛行動の減少(性行為の減少)→自家発電に”限らず”(自己完結)の増加
(フェミニスト左翼活動家が女性向け大人のおもちゃ屋を経営する時代です。加えて誰も統計取ってないと思うけど世界のporn動画視聴時間は爆発的に増加していると思われる。まさにカオス《混沌》)
・「広義の性欲」が、ひょっとすると「狭義の性欲」を上回る時代
(個性化した趣味性の高い能動的欲求が、性衝動レベルを”トータル”で上回る可能性)
・平均寿命が天井知らずに上昇(120歳も視野に←少なくとも現代の若者は100歳が確実に視野に入っている)
・TV新聞マスメディア権威の崩壊

挙げたらキリが無いので勘案事項の列挙はこの辺で


■さてねこの論議には重要な補足事項があって
オンザレールな『共同幻想』選択自我に「新・反抗期」が登場しました
『反抗期』と呼ぶより、人生の選択ですが、
●それが「高齢化時代」です
ちょっと矛盾するように聞こえるかもですが、
単に寿命が延びているのではありません、60代なら若手に見える時代の到来です。
(少なくとも昭和と比べて10歳は若く見えるのが普通になってきた)
性衝動もそれほど衰えず、
 ↓
しかしですよ?彼らが希求してきた”権威主義的成功やインセンティブ”それは不可能なんですよ。
(既に退職してますし→虚勢を張る群れも血縁も死亡含めて欠落していき)
(子供も既に壮年で、親としてのタイトルも形骸化するばかり→大家族時代では無いので全ての血縁子孫の首領って立場でも無い)

そのままオンザレールな『共同幻想』動機形成を続けて得られる選択肢はほとんどありません。
(政府は定年制もやめようかって論議してますが、着想そのものは合理的判断なのに、絶妙にウケがよくないでよね?「それは何故かって」ことなんですよ)
※まさか老人ホームの入所式に痛車で乗り付けて。特攻服で大暴れもできないでしょうww

収容所のような老人ホーム(こりゃ学校『共同幻想』監獄の焼き直しみたいな代物で)の在り方も論議になってきた
(てか現行法では介護福祉予算がパンクします)

(●実際、収容型介護施設では「高齢者メンタルなんとか」みたいな”依存系退行化が過剰化する”などの現場の声もある←悪循環にしかならないの意)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:34 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0