2019年10月23日

リクエスト関連(今度こそまいさんから)


まいさん
>解説して頂きありがとうございました。概ね理解できたと思います。少し目が醒めたような感覚です。ただ、戦後後遺症や最近の事件だと変な輩に突然車の窓ガラスを叩き割られた等、事後だと例えば防弾ガラスにするなど対処できると思いますが、自意識が選択する間もなく突発的に起きてしまった事は防ぎようがなく恐怖の記憶は残ると思います。(不運だった、タイミングが悪かった。)そういう場合の被害感情やトラウマは分けて考えるべきなのでしょうか?


■ここは心理学サイトで、救急救命などは専門外ですから、
傍証などからの見解となりますが、

戦時外傷性障害(PTSDの発見)事例に
想定していない(交戦中では無い)被弾を原因とするものが無い事
心理学的にも、トラウマ系症例が『自意識』が事象に対峙した時どういう状況判断と自由選択における能動的決断ができたのかに起因します(反対のスタンス「状況判断の誤謬や自意識抑圧による『被(こうむる)』認知」や認識下でリスクが最大化する)。

※車の窓ガラスどうこうは”ビックリ”する事がメインなので(ビックリがメインだとエピソード記憶にならない「事象全体をパッケージで常に再生可能な記憶として脳が格納すること」)、死に関わる重大事案の突発事例で考えてみます


■戦場の症例にはありませんが、突発的被弾にフラッシュバックを伴うトラウマ的症例リスクが発生する可能性は否定できませんが、
ここで重要なのは以下
1)即時気絶昏倒する場合、記憶に残らない場合もあるので例外
2)逆に適合事例は「即時気絶昏倒しない場合」となる=その時『自意識』はどう活動したのか?やはりこの時の自意識の関与が鍵となる事が推定される
(事象発生後、救急搬送されるまでの間の意識活動の内容が大きく関与する可能性←発生要因はPTSDと同じ解釈になるだろう)
3)出血性ショックの救命に関して

■この3)出血性ショックの救命に関してが最も参考になるかと思います
出血性ショックは、所謂よく聞く死因の「出血多量」の死因です。
症状の詳しい推移は詳しくわかっていない部分もあるのですが、
(ミクロ要因としては細胞レベルでの酸素不足)
血圧の変動や、防衛大などの論文における”凝固異常”や”アシドーシス(血中の酸性バランス)”などが考え得るところですが、
同時に救急救命の対応マニュアルなどにおいて「止血帯措置を行い”意識を保つよう”声かけを続ける」とうものがあります(低体温も問題となるので、他には温めるや血を身体に回すため下肢を上げて仰向けに寝かせるなど)。

症例名からして”ショック”とあるように、
衝撃発生直後の『自意識』の現状認識と判断が大きく関係する事が想定されます。
(不安やパニック発作で血圧や循環系は大きく変動するからです)
(同症例は、男女問わず生殖器などを殴打圧迫された時にも発症例あるようです)


●突発性とは言いきれませんが、
出血性ショック事例を考える上で参考となる事例があります
wikiで「舩坂弘」と検索してください
「アンデッド・リジェネレイター・不死身の日本兵」などと恐れられた帝国陸軍兵士です。
彼は通常なら「出血性ショックで5、6回は死んでる筈の男」ですが、
生き残るだけでなく、致命傷を負いながら躊躇なく戦闘行為を継続します。
(子供時代から傷の治りが早い体質だと証言している)
特徴は「明解な『自意識』の状況判断と決断です」

→続きを読む

posted by kagewari at 14:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国人だけなのかな「やたら点を付けたがるの」


「うーんこれは 10 of 10」←よく聞きますよね
映画からドラマから音楽から、なんにつけても
彼ら曰く「レーティングやりたがる」なんだろうねこの国民性わ

 お前がなんで点とかつけてんだよ

なんつーか日本人としては思ってしまうのですよ
言うに及ばず”偏差値認知”ってのは『共同幻想』権威性認知鉄板のアレです
「オマエらの世界はそんなコッテコテの階層構造になっとんのかいって」
(流石近代までガチガチの階級社会だった欧米ならではなんかしらね)

ワビサビに点が付けられない概念だしね、
(そもそもワビシイ・サビシイが《風雅では無いな、、》不条理な実存感というかそこに静謐な美意識や価値を見出し褒め言葉になっているのが日本文化ですから)

●欧米の反響動画なぞ観ていると
常にこの「10 of 10」とか得意げに言っているところでイラっとするのです(笑
逆に言えば、彼らの暮らしてきた「近代以降の宗教改革的『共同幻想』社会」ってのは、欧州における極端な世俗化を踏まえても「しつこくその残滓に悩まされている」気がするのです。

キテレツなファッションするだけでもゴス(goth)とか呼ばれて、
「社会適応できないはぐれ者扱い」になっておりまして
フリークスとまで言わないが、まあそれに近いんでしょう。
日本好きなヘンテコ外国人のかなりの数が、そんな偏見を忌み嫌い日本に傾倒しているとこあるのは半ば周知の事実で、

昨今の彼らの特徴として(BABYMETAL他日本のロックバンドの評論でよく出る論議なんだけど)
「何故ここで英語の歌詞になるん、日本語で歌えよ」←ってのがあるのさ
これかなり彼ら定番の批判的着眼点になりつつある。
「英語の歌詞や、英語のナレーションにすら怒る」
 ↑
ここに日本好き(蔑称weaboo)の斜め上擁護が飛び出すと
「日本人はすっごく日常的に英語とちゃんぽんで会話するから、それで普通なんだよ」
(いやいや、そんなこと無いからww、小池知事もそれほどでは無いぞ)
などという、違う方向に論議が向かったりしている始末。

実際観光客として意気込んで来ているweabooな人などは、
日本語で話かけているのに、親切な日本人から英語で返事されて悲しくなっていたりだね、
どうすりゃいいの?
みたいな世界もあったりする。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:10 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0