2019年10月09日

『単独者』の雑感「米朝会談の顛末に思う」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


何時の時代からでしょうね、
■「北朝鮮は口ではこう言ってるが、その本音はおのように読み取れる」
 ↑
なんだか得意げにそんな解説する事情通の評論家が増えてきましたが、


なんで、そんなめんどくさい翻訳ごっこに世界が付き合わなければいかんのだ?
ふざけんなっ
■(本当の大統領は彼という噂もある)ペンス副大統領あたりが
「世界 は 北朝鮮やK国の 意訳を前提とする発言を今後一切認めない」
「聞 い た ま ま 理解 す る か ら もうわかったな!!」

 ↑
大音量で言うべきだよ


やってらんないっての
(あれで切れないトランプもたいしたタマだぜ)
どんな思考回路してんだ、
本音を話すとカモフラージュでも解ける呪文か何かか?
(お高くとまるような権威の裏付けすらネェってのに”偉いさんごっこ”の小学生なのかっ)

非核化交渉なんざ、トランプが威嚇で誰もいないとこ狙ってトマホーク一発着弾させるだけで妥結するんじゃないのか?
(真面目な心理学的具申だけどさ)

スポークスマンの朝日が言ってんじゃん

「一発だけなら誤射かも知れない」
(これ引用だったらしいけど)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:45 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(ykkさんから ちょっと間隔開けましょうか)


現在依存のリスクは感じませんけど、
心理学系の話はゴリゴリ進めればいいってものでもないので
(単純に時間経過で思い出す事もある)
今回一区切りに少しリクエストは間隔開けましょう
(具体的にどんくらいって厳密なものは無いですけど)

ykkさんから
>ありがとうございます。小さい時の環境や親のことについては大体事情はわかっているのですが、もう少し考えてみます。ただそれとは別に「友達と遊んで楽しかった」体感は家庭以外にも、幼い時の共同幻想社会(学校、近所の祭りや町内会の行事かわからないですが)によってそのまま取り込め的に刷り込まれた部分も大きいように思うのですが。

■まず分析する上で大事なとこから
正確性の必要性が無いとは言わないけれど、
何一つ間違う事無くみたいなものでもないんですよ。

<理由は凄く簡単>
所謂通常の『反抗期』プルーフ時の「現実アップデート」
思春期の青年に腕利きジャーナリストばりの家族の肖像についての歴史認識や、登場人物の背景事情の類推ができる筈も無い。
しかし?
このプロセス(子供時代の『共同幻想』にダメ出しして本当はなんだよって考えること)、
それによって概ね子供j代の『共同幻想』はネタバレ崩壊し、大人目線の社会的『共同幻想』に置き換わる(或は『歩留り』選択の発見や、『単独者』覚醒など)。

勿論度合によって子供時代の『共同幻想』その一部がフェチシズムのように残っていたり、性文化としての”若干の倒錯傾向”なんかが残存したとしても、その支配力は「強迫心理」と呼べるほどではなかったり、コンプレックスとして自覚されたりする。
●つまり”おおよそだけれど”「自身の自我における問題意識と認識されるレベルに至らない」
(※全く無いってことではないけどね、仕事環境などで誰にだって「鬱病」に至るリスクはありますから。←故に労災認定もされる=社会的合意があるほど”誰にでも起こり得る”)

「それでイナーフ、イナーフなレベルはどんぐらい?」って規格なんざないけどさ

「強迫心理」にただ振り回されている状態から、
(オイオイこりゃ「バカか俺」案件なってネーか?)
●「俺って○○○○とか強迫的に思ってね?なんかおかしい(記憶イメージに騙されている気がする)、何が始まりで、俺どんなトンチンカンな思い違いしていたろうか?コノヤロー冗談じゃネーぞ」
 ↑
こいつを(過去方向)関連テーマに向けて稼働した時点で、
(ネタバレへ)流れは変わるからです。
 ↓
主人公のその宣言で、犯人が誰だかわかっていなくても、
犯人は動揺するじゃないですか。
(真犯人が結局発見できなくても、その段階で犯人は逃げに回るため以前のような謀略を自在に操る事はできない。)


さて、そこで
>ただそれとは別に「友達と遊んで楽しかった」体感は家庭以外にも、幼い時の共同幻想社会(学校、近所の祭りや町内会の行事かわからないですが)によってそのまま取り込め的に刷り込まれた部分も大きいように思うのですが。
 ↑
■この点は
「強迫心理」成立の原理原則に照らせばいんです
構成要件として、現実から乖離するほどのエスカレーションやエレベーション(大きな公園化や特別な象徴化)←これはエディプスコンプレック成立の原動力(親世代の権威性が幼児には誇大に感じられる普遍的コンプレックス)、或はそれが(断念に至る何かによって)反動化する時のレバレッジなどに呼応するものでなければならない。

(※もっと単純化すると「よっぽどのことがなければPTSDなんかにならない」)

「自分にとってそれは”何という化け物だったのか”」←のような認識が必要なんです。

ykkさんにとって、肥大化・誇大化バネとなる原動力は「バイオレンスな父」となりますから、
そこに何らかの関係性が無ければ、
どこにでもあるアホみたいな『共同幻想』が、子供時代のあなたにとってキラキラ輝く桃源郷のように思えるなんて事はあり得ない。
(現在でも見当違いな憧憬に至るようなね)
 ↑↓
▲仮の話ですが、ykkさんが『反抗期』をちょっとひねくれてプルーフした場合、
(その体験の一部はネタバレせず残留し、コンプレックスとして自覚される程度の影響力を残し)
『共同幻想』社会の仲間を見て、
「あんかさ、みんな楽しそうにしてるけど、○子が付き合ってる彼氏いるじゃない。あーいう優しそうな男に限って暴力ふるったりするんだよ。楽しいのは若い頃の今だけ今だけ」←みたいな大人になっている筈なんです(メンタル問題には至らないが”めんどくさい大人になった”とかね)。

→続きを読む

posted by kagewari at 14:19 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0