2019年10月08日

リクエスト関連(ykkさん分析はこの場では限定的だからね)


ykkさんの続き
>暴力的な父への恐怖や母に依存が抜けません。当時第三者が救出するとか暴力がないのびのびとした環境に育ってたら安定してたでしょうが、そんな人がいないのでただ一人で恐怖に耐えてました。どんなアプローチをしても恐怖心を抱えた幼児期の自分ではどんな声と届かず、ただ恐怖に震え、これ以上どうしたら良いのかお手上げです。ただ遊んで楽しいというのは親の投影ではなく、共同幻想の誰かに「楽しいものは楽しいんだ(理屈抜きで受け入れろ)」と恐怖政治のように刷り込まれた感もしますが。


さて、いよいよ本番ですね



■記事リクエストでは本格的な分析はできないので
外郭の分析と推論を提示するまでが限界になります
(本格的な分析にはそうとう広範囲の情報提供を求め大がかりに行うため)
しかし、考えるべき要点は提示できるので
(後は自分でやってくれ的になっちゃいますが)
可能な範囲でやってみます
(料金的限界もあるのでそこはご理解ください)


<<<<記載された家族のシナリヲを解きほぐす上で重要なポイント>>>>
いくつか列挙してします
※【厳重に注意いただきたいのは】幼児期の記憶・且つ反抗期が(エディプス的ハードルにより)不全で、幼児期の自我が「強迫心理」として残留している。
=それは幼児の記憶が(全ての人類の幼児期の記憶は不正確・子供時代遊んだ公園に大人になってから訪れると驚くほど狭かったりなど)確実に不正確である点です
それが反抗期不全により(その”デカい公園の”記憶を引きずり続けるため)大人自我による「現実アップデートが行われない」ことにより(大きすぎる公園をどうしてもリアルサイズに否定できない)、現実に見えるもの認識される事象”全てが”子供自我の「強迫心理」により偏向することです。

1、まず記載された記憶は子供目線で見た現実なのでこれを大人目線で「本当はこのような関係だったのではないか?」へ還元しなければならない

2、「個別各論に意味は無い」この原理原則で明らかなように
同じ事象でも背景事情によりメンタルが受けるストレスは全く異なる
(前記事で説明した「同じピンポンダッシュ」でもその顛末が背景事情の違いにより大きく異なる話、再び参照のこと)
●つまり今回のケースで言えば父親の暴力性←このスケールは「実は全く関係が無い」
このネタと、どんな背景事情が関係すると当時子供だった自分のメンタルにエディプス的ハードルが形成されるのか?←ここを考えなければ答えはみつからない。

3、母親の介在
夫婦ってのは「社長二人の共同経営法人です」
どちらか一方が加害的で、どちらか一方が被害的と断定されることは”まずあり得ない”
(被害者役が「被害者マウントで道徳的優位利権を獲得しているのではないか」←その可能性はともあれ、必ず疑ってかからなければらない重要なポイントとなる。【好きで怒る奴などいない】)


■ざっくり考えられる推論
ちょっと現在テーマになっている結論方向から逆回しで考えてみます

「『共同幻想』適応しているキラキラお嬢様最強伝説」
 ↑
このアイデアのモチーフは以下でしょう
 ↓
「私がそんなお嬢様だったなら(『共同幻想』権威に認められる”いい子”)
きっと父は(暴力など振るわない)優しい人だったに違いない」
 ↓
更にその元ネタ
『母親』

正確性はさておき、
『共同幻想』適応のいい子であることをあなたに強迫的に命じたのは(自覚の有無はともかく)
この筋書きで得するのは誰か?一番単純に考えれば
「(あなたにとっての権威や正統性の象徴と思われる)被害者コスプレ上手な母親」となります
(勿論、ここは一段階目の推理なので「まずそう考えてみる」的試考)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:21 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0