2019年10月01日

リクエスト関連(なぜか速攻で捨て台詞を残して去っていったとさ)


どういうことだこれ?
人の話を聞く気は無しってことかいな?

私もコミュ障さん
>救済してくれた人はいました(その人達が辞めてから悪化した)。そういう人は何故下っ端扱いされないのでしょうか?ちなみに化粧の研究や仕事で結果を残すなどの努力はしてました。コミュ力がなくて仕事を干されて雑用を押し付けられるか、私一人に仕事を押し付けられて過労から鬱になって退職しました。逆に仕事ができなくてもコミュ力があるからか上に立つ人もいました。どこ行ってもいじめを受ける私の人間性に問題があったのかもしれません。人との関わりは向いてなかったんでしょうね。ありがとうございました。

リクエストに応じて書いてきた事が全く無視されww
(『共同幻想』の構造論も、部外者ゲストのべき論も、『歩留り』『単独者』選択論も、バカらしいから『共同幻想』との関係をアレしなさい解説も、全部スルーですと)

且つ、知人の話はNDだとあれほど、、(ここもガン無視)

●そして誰も解説して無い「独り語りの世界の結論」を宣言して去っていきましたと
(私は決して『被(こうむる)』不快興奮ネタ、強迫心理を捨てませんと宣誓)

何かここで書いて意味があるのかわかりませんが、
(読者の方のご期待もあるでしょうから)
「ままよ」で、

「救済?」なんだろうこれ?
優しい親が事に介入してくる的な?
(それは問題の解決と違うでしょ←●これはこれで別問題になるんだが)
「コネでえこひいき的に地位をあげた」
(だからこの時、他の誰かが下っ端になったんですぜ?下っ端の任務である雑用が消える事はありませんから。←その人物が下っ端の仕事を全て引き受けたってことでも無いでしょうに。)


■それから根本的に矛盾してんぞ?
>その人達が辞めてから悪化した
>私の人間性に問題があったのかもしれません
 ↑
自分で原因は「その人が辞めたから」と言ってるんだが
(この場合”それ以外は極端に悪質な連中だった”の整理でいんじゃないのか?)
何故結論は「私の人間性に問題」と転じるの?
 ↑
この謎理論がさっぱりわからないのだよ。

仮に、あなたの人格(ちなみに心理学には人間性なんて言葉無いから)に問題があったのだとしましょうか?「じゃあ何故”救済者”なる人物はあなたを庇ったの?(人格に問題があるのに)」←この救済者は『共同幻想』の利益を無視して人格に問題のある人物を中核に据える私利私欲があったことになりますぜ?
 ↑↓
仮に救済者なる人物が人格者なのだとしたら、
その人物はあなたの人格に問題は無いと思っていたことになる。

つまりあなたが「私の人間性に問題があったのかもしれません。人との関わりは向いてなかったんでしょうね。ありがとうございました。」などと捨て台詞を述べる事は、
救済者なる人物の判断を侮辱することになるんだが?


→続きを読む

posted by kagewari at 14:57 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『共同幻想』社会のグダグダぶりについて思う(リクエスト記事補完)


自分のリクエスト記事に触発されて思ったんだが、
●確かに「ナントカ講座の話」じゃないけれど、
最近特に目立つのが「NHK教育TVを牙城とする『共同幻想』左翼思想派』のグダグダ感。
(もう彼らにとって身体障碍者及び難病とかってアイドルの条件なんでしょうね←なんかこの風景どこかで見たような気がしませんか?「米国東部リベラル左派のアイドルが黒人だった時代」とか、日本の左翼運動が解○同盟や在○組織と共闘していく時代の話。)

あんまし話題になってませんが、
不見識にも笑ってしまった話ってのがこちら
夜回り先生(水谷修氏)サイト閉鎖?:子供支援とネット相談の難しさ
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190823-00139532/

 ↑
彼を一概に左翼活動家とは思わないけれども、
「わからない事を無理やりやってきて、自分も鬱病になりました」みたいな?

■心理学サイドとしては岸田教授も鬱病に苦しんでたりしたので、
人の事は言えネ〜な〜なんですがwww
(※教授は『単独者』の概念展開し損ねたとこあるんだと思うんだよね。←そうなってしまうと出口見つけられなくなってくるから。この辺の教授の見識は「『共同幻想』の承認とナントカ」みたいなところに留まっていたように記憶している。ま〜飲み過ぎだったのではないだろうか。)


■■■<<過去ログにおいて「カサンドラ・ナントカやメサイヤ・コンプレックス」の話していると思うんだけど>>■■■
ざっくり言っちまえば、
『救世主願望のように表面化する「承認欲求」であり、その「強迫心理」の一群と依存関係』
わかりやすく言えば
「わかりもしないでおせっかいしたがる病(よく考えたら『興奮』受益者は自分だった:『被(こうむる)』連発ド・M系)」
 ↑
ここに営利的腹心やパトロンくっつくと新興宗教に化ける


■もう昨今のNHK教育TVなんてのは、
「どこぞの新興宗教セミナー動画なのかしらん」ぐらいの凄さで、
「何がなんでも『共同幻想』枠内に答えがあるんです(これバチ○ンが毎年科学的発見を「これも聖書に書いてあった」と強弁する会議に似ている)、全てお見通しですよ」みたいな無理筋の強がりというかさwww
←そもそもこの左翼活動家なる彼らこそが自らの自我防衛のため憑代として「左翼『共同幻想』」へ依存し、組織を形成するに至っているんだからね。
(笑っちゃいかんけど、差し詰め「革命の原動力は俺の強迫心理だ」みたいな)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:57 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(コミュ障さんから再び)


サイト運営趣旨的に公共性のある(他閲覧者の参考となる)リクエストであれば料金等は気にしないでください(そもそも昔は無料掲示板も運営していたぐらいですから)。

ただ(今回の返信内容に被りますが)建設的とは言えない話の蒸し返しは(リクエストの回答は私の個人的意見では無く心理学的見解なので)、だからと言って説明に何の変化もありませんから、今度はアー言えばこういう的反論的依存リスクを考えなくてはいけません(問題をその都度微妙に方向変えているだけで核心は何ら変化が無い→永久に話を引き延ばせる)。

特に今回厳禁であると注記していた”知人ネタ”が登場します
(何ら論的根拠の明示無しに)
「私の知人には(過去説明と)違う人がいるんです」
(案に過去の説明を”知人ネタ”で否定し)
「それはどうしてですか?」
 ↑
これをやられちゃうとですね、

●そもそもその人物評が反論のエビデンスにならないと言っているんですが?
(欠席裁判の法則)
語られている人物評が、私が直接その人物から聞き取りした場合「全く別の評価になる可能性がとても高い」ためです。
(強迫心理下にある自我は構造論的に「第三者的に他者を客観視できません」から。←つまりあなたの知人に対する人物評は正確性を欠く可能性が高い。)

まさか「まず(誰から知らねーから)そいつを連れてこいよ」ってワケにもいきません。

ですから「身近にはこんな人がいます(故に前の説明は違うと思います)」のような蒸し返しはNGなんです(特に厳禁)。否定的反論がある場合は、その論理的根拠を明示してくれないと建設的論議になりません。

「誰それは(説明と違って)こうなんですが」←これは悪魔の証明の一種で、
反論の論旨にならないんです。
(思いつくまま果てしなく「こんな人もいます」で無限に反論できちゃいますから)

えー、そういうことで、前置きはここまで


安い金額で申し訳ないですが、疑問が残ります。(私もコミュ障) さん
>共同幻想適応者の中には人を蹴落とすこともなく、人には優しく、相手の求めることを察して動く人も多数いますが、下っ端扱いされないのは何故でしょうか?あるコミュ講座では、味方を増やすには、人と上手くやるには、慕われるには、友人を増やすにはどうしたら良いのか?仲間や味方がいた方が人生も充実すると言われるのは何故でしょうか?(金儲けもあると思いますが、講師の経験談から言ってるのだというのは分かります)。


ですからね、上記はなんら疑問になってないんです。
(どちらか言えば”イチャモン”)

■あなたの要求は
「自分が下っ端扱いされないこと」ですから、
下っ端からあなたが抜け出すと、誰か別の人が下っ端になります。
>共同幻想適応者の中には人を蹴落とすこともなく

いやいやいやいやいいや、

それを「人を蹴落として自分の順位を上げる」って呼ぶんだよ…。
(小学生じゃないんだからさ、、)

しかも
>共同幻想適応者の中には人を蹴落とすこともなく
 ↑
この人物は、何故あなたを救済して自分の地位前後に引き上げていないの?
下っ端のあなたの階級をその人物が肯定している段階で、あなたを蹴落としているんだが。
(その人物のキャリアが古株の場合は、踏みつけているとなりますが)
 ↑
仮にこの話があなたを含まない『共同幻想』社会のある人物の話だとしても、
その人物の設定が
>下っ端扱いされないのは何故でしょうか?
下っ端では無いのなら、既に自分より下の階級の存在を肯定している”中間層”ってことでしょ。
「自ら進んで(水平社のごとく)社会に上も下も無い、私が下っ端をやります」と言ったワケでは無いのでしょ(この段階で何をもってその人物を優しいと評しているのかもよくワカラン)。

→続きを読む

posted by kagewari at 04:22 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0