2019年09月22日

リクエスト関連(嫌なものは嫌)

嫌なことを嫌と言えないさんより
(ありそうでなかなか無いリクエストがありました)
>元々臆病な人間だというのは自覚しています。嫌なことを嫌と言えない(どうしても口に出せない。文章にしたためることはできます) といっても、たとえばもし相手にお金を貸してほしいと言われたらきっぱりと「貸せない」と言えます。でも相手の言動や振る舞いに対しては嫌だなと思っても言えないのです。この違いって何なのでしょうか?また、この習性にはやはり子供時代の親子関係が関わっているのでしょうか?ざっくりでかまいませんのでご教授頂けると有り難いです。

確かにリクエスト依頼文のような体感持たれている方、
現代社会において少なくないと思います。

■結論からズバリお答えします

あなたは『共同幻想』適応的な生き方を嫌っているのです
(所謂ひとつの旧来の村社会的付き合いの全てを嫌いである)
つまり関係する相手を間違っているってことです
「(『共同幻想』適応系自称普通の人達)オマエラ全員が嫌い」なのですよ。
かといって、多勢に無勢です、
相手は権威をかさに群れを形成する組織ですから、
個人でこれに”そのまんま”対峙すれば敵うはずもありません。

つまり「あなたは臆病でもなんでもありません」
1対100で怖くない人などいませんからね(笑
(それを1対1の対立軸で自覚しているのかなと”錯覚”しているため、話がややこやしくなっているだけですね。)

群れを形成して一般人気取りやっている連中”全員”があなたのスタンスと違っているワケで
わかりやすくいえば、
あなたの人格スタンスは潜在的に『歩留り』か『単独者』なのでしょう、
少なくとも『共同幻想』社会適応系では”無い”
(※或は伝統『共同幻想』の確信犯的再選択の可能性もありますが、この場合は何らかの憑代となる分化や伝統などへの憧憬というかそこへ至る個人的趣味性なるものが予め無いと可能性低いかなと。)

関係の無い部外者なのに、無理して『共同幻想』社会相手に(具体的作戦などをあまり考える事も無く)調子合わせていると、依頼文に書かれたような状況に”誰しもが追い込まれます”。


■で、どうすりゃいいのかっていえば
「悪いけど俺はオマエラ”全員”と生き方が180度違うから」←ここを前提として固定
このブログで時々出てくる「バカか俺」の応用というか使う方向を変え
「オマエラ全員、馬鹿なの?しぬの?」←ここを踏まえて

どうしても関係の継続が必要な事情があるのであれば、
1対100でも戦う戦略・戦術をしっかり考える
(相手は敵なので、その結果どうなろうが知った事では無いスタンスで、非情に考えて全然OKです←極論すれば自分なりの美意識を反映すべき対象でもありません。相手はあからさまな嘘であるとかハッタリかまして煙に巻いてもOKな対象者ですから。←わかりやすく言えば冷戦時代の米国にとってのソ連みたいなもんですよ。)

中長期的には、いかに連中との関係を切るかです
(あなたにとって得することなど何一つありませんから)
ま、適当に「申し訳ないけども、僕にはやらなきゃいけないことがあるんだ」だとか、
「僕は(君たちにとっては)イカレポンチの変わった人ってことになるんだけどさ(変人上等)、僕から言わせてもらえば一般人で普通の人気取りってのも随分アレな(馬鹿馬鹿しいカルトな)生き方だと思うんだよね」←この辺を平然と言えるように→ガッツリ【理論武装】する。

→続きを読む

posted by kagewari at 08:43 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0