2019年09月18日

『トロフィーワイフ(trophy wife)』の補完編


欧米社会の男性マチズモ(男性誇示コンプレックス)考察
(今回R18的内容含むので、未成年の方はスルーしてくれ)


「トロフィーワイフ」の話の俗説ってのか更に下卑た話をしましたよね。
(妻が有色人種だと負け犬やらなんやらとワケのわからないアレに及ぶって奴)
 ↑
こんな概念が言語化されてるぐらいなので、
欧米男性における「トロフィーワイフ承認欲求」ってのは彼ら特有のちょっとしたメンタルリスクになっとるワケ。
だーかーらー欧米社会は性行為に前後するDVがやたらと多くなる。
(これも統計ソース無しで話しちゃっているので、偏見とかの批判は認めます。俺が判断の根拠としているのは欧米映画のシナリオです。←あまりにも同ケースが多いだけでなくXXX界においては”大杉且つ問題過ぎる”ため”ポルノ業界内倫理的にそのシナリオが禁止されてるぐらい”なんだわ。)

(※ここも言い難いんだが、欧米だけでなく中東やインドもかな〜、、、その原因は当該社会にこのパターンが多いのは「一神教的だったり、階級差別的風土だったり、戒律がやたら厳しい原理主義的側面の強い宗教系『共同幻想』国家であること」でしょう。”非承認”=”神罰下る”となるから恐ろし過ぎるってか、非承認かもしれない場合の不安のストレスは日本社会などと比較しようもないほどデカいのね。あくまで推定だが、「付き合ってください→NO」→《報復しないと名誉回復できないので》”はいレイプ”みたいな習俗にもこの辺関係するとこあるだろうねと、)


■前回の論説読んでくれればおおかた予測つくと思うんだけど、
階級思想的に女性差別を背景にした男性誇示(マチズモ)的な”成功者”の承認欲求ってのは、一歩間違うと(不安に転じると)”煽られて獲得してきた地位も名誉も努力も何もかもが否定されたかのように感じる”ワケさ。
 ↑
これこそ承認欲求における構造的なリスク
「承認されない=全否定も同じ」だから
(某国なら神に捨てられ不信人者の罰とかやら、階級落とされて差別されるだとか、戒律で本当に殺されてしまうだとか、ダイレクトにそっちの不安に伝染する。)


(子供時代に権威を強く感じる体験のある)重度のエディプス不安持ちの心理がどうなるか?
想像してみ
善は急げ→「事が起きる前に殴ればよい」
(自分が不安にさせられるぐらいなら、その前に暴力でもなんでも無条件に相手が屈服する理由を明らかな状態にしたい→コテンパンに殴ってから行為に及びたい)
”事が起きるって何?”って言えばさ(詳細語るとR18になるからアレだが)
●既に承認欲求に慢性的不安感のある男性だとしようか?
彼は何を恐れると思うだろうか(みなさんも考えてくださいよ)、
・行為を喜んでいないのでは無いか?(反応も嘘では無いか?)
《関連項目に男性器のサイズのあれやこれや》
・流れに拒絶感を感じた(もうね神経質になってますのでワケのわからない些細なことにもそう反応)・そもそも根本的にバカにしているんじゃないか?(稼ぎが悪いだとか、いつ部長になるんだご近所に恥ずかしいなどなど)
・他の男に話かけているのを見たぞ(説明の必要もありませんな)

※これが悪循環に火を付けていて、現在欧米左翼フェミニズムでは「妻が行為を断る権利」について盛んな論議になっていて(同意が無い場合夫婦間でも行為はレイプとして立件すべし)、これらのフェミニズム運動と男性誇示系保守派との間で暴力的激突もあり得そうな政治対立に及んでいるんだよね。
(欧米の過激系フェミってさ「男は死ね死ね」大合唱だったりするもんだからまた、、)

→続きを読む

タグ:承認欲求
posted by kagewari at 15:39 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0