2019年09月16日

幼児虐待問題におけるN国党の見解がなかなかリアリズム

俺はN国党支持ですが、立花氏の公約以外の私的見解にもなかなかのリアリズムがありました。
(政党公約的にはむしろ”会派みんなの党”支持なので立花氏のNHK公約以外の話は参考までに聞いてる感じかな、)
立花氏は動画ネタになるならNHK以外の電話なんかも出ちゃう人として知られてますが、
クレームというよりNHK以外の話の「幼児虐待関係の陳情」を動画にしてアップしてました。

いうまでもなく陳情者の趣旨は昨今の「幼児虐待に関わる児相の出足の悪さ」ですが、
ポピュリスト政治家として知られる立花氏は(そっちに食いつくのでは無く)「むしろ児相擁護、幼児虐待への介入には限界がありN国党には何もできない」という返答だったのです。
立花氏曰く、「ただですら子供返せとギャーギャー言う親も多く、大変なんですよ。そんな事言いだしたら児相の職員になりたいなんて人がいなくなっちゃうんです」というもので、
(ある意味、子供自身の生き残る根性に期待しなければならない部分もあるというかなり残酷な見解)

俺の個人的見解としては(結論言えば「児相では無く警察案件」だと思っている)、
■現代社会は「過剰な親権そのものを人権侵害と認定するだろう」なので、
(事の是非は別にして)
着目するポイントとしても、保護者から「未認定保育園どうこう」なんて話もありますが、「不思議な事に何ら資格の無い親の保育はどうして問題視しないの?」っつーのもありますし、

1歳未満からの保育園から幼稚園からの小学校と、
(ペット飼いなんてペットホテルにすら躊躇するってのに、、てかこれドイツの犬飼う条件も満たしていないと覆うぞ)
「育てる気まったく無い親の激増」こそ大問題だろうと、
(個人的には、幼稚園はともかく保育園なんかイラネーんじゃないかぐらいに思っている)

政策的な建て付け的にはさ、
0歳児からの子供手当で(理想はベーシックインカム)、
パートタイムなどの非正規社員志望の母親は余裕で「専業主婦でどうぞ離婚もシングルマザーもOKですよ」の構えとし、
(子供のいる女性全てに専業主婦で生きられるプランを積極的に提示する)
育児放棄志向の方は、フルタイム労働でベビーシッターなり、いっそのこと「老齢夫妻ボランティアの里親制度」みたいな運用のがいんじゃないかと。
(社会問題的には、里親宅で「帰りたくない」と泣く子を、育児放棄系キャリアな親がどう思うのかみたいな局面を是非見てみたいww)
※仕事云々論は、そもそもホワイトカラー労働そのものが様々な方向にフリー化する可能性もありますし、いかにもキャリアウーマン的イメージで考えるものでもないだろうと。

→続きを読む

posted by kagewari at 01:48 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0