2019年09月11日

こんな事言うと叱られると思うけれど”日本が無敵の人みたいなもの”だから

災害大国でもある日本特有の死生観なのか、
世界的にも異例に近代以前から高い識字率を誇る民度の高さなのか、
日本は少々軍事的圧力受けても「何とも思わない」国民性があります。
(更に潜在意識のどこかに大日本帝国時代のキャリアというか、本気出すと米国とも戦争する根性あるというか、当時のGDP比と現代比べりゃそら現代のが潜在能力は高いってことも”わかっている”)

極論ですが、
「核ミサイルならSM3で落としてやるから、撃てるもんなら撃ってみろ」
(核兵器経験してんの世界で日本だけだってのバカヤロー)
口には出していなくても、そういう感覚どっかにあります。
 ↑
こんな無敵の人みたいな国民性の国は世界のどこにも存在しません。
(中国のネット世論などで、人民解放軍の大軍拡で煽ってもどうして日本はビビらないのか不思議だって論議があるぐらいの話)

■むしろ論議すべきは
「なのにどうして無謀とも思える対米開戦に踏み切ったのか」って話です
流石に歴史は専門外なので詳しく説明することできませんが(ソ連共産党の工作まで含めたら何が何やらになりますし)、
このネタって岸田心理学では「オマケの論文でペリー以来の社会心理」みたいなのもあったりしますが、「存外にロシア〜のソ連への脅威のが当時の日本には現実的問題だった」←ここが大きいと思います。
それこそまたぞろ謀略論とか抜きに説明できないとこも出てきますが、
現在のトランプ政権見ればわかるとおりで(当時も今も違いなく)米国は中国の権益に興味ありますが、北東アジアなりで日露が衝突している状況ってのは直接関係が無く、(満州を要点と考えていた関東軍にしても帝国海軍維持のために南方への戦線拡大とかってそれほど現実的な話だっただろうか←こっちはロシアの脅威と関係無いワケで)当時清だったチャイナの権益ならいくらでも交渉の余地あっただろうと、
今でも不思議な事ですが、米国の国益として日米戦争にあれほど全力挙げる意味ってのが根拠希薄なんですよ(現代でも行われている”航行の自由作戦”ぐらいが合理的モチベーション)。

そんな太平施用戦争は関東軍が皮肉にもロシア仲介による和平交渉などを信じてしまうなど(てか帝国陸軍の工作でソ連革命後押しした背景もあってでしょうけど)、とても不可思議な戦争でした。


●その後、米国はソ連と「東西冷戦時代」に突入しますが、
あたりまえの話なのです。
「日本VSロシア」の対立軸が、日本敗戦により「米国VSソ連」に置き換わったのですから。
素朴な疑問として、戦前の評論家達も「え?日本の代わりに米国がソ連と軍拡競争する意味ってどこにあったの?」←誰でも思ったことだろうと、、
皮肉な事に、肝心要のロシアにしてからが、現在の姿見ればわかるとおりでシベリア開発どころか「なんか極東イラね」みたいな体たらくで、、オマエラ一体何の意味があったんかと。

右派論壇には「対東亜戦争あったからこそアジア諸国が独立できた」という主張もありますが、
日米開戦がなかったシナリオの場合、立地的にどっから考えても日本の軍事プレゼンスでこの周辺の安全保障が確立することになったでしょうから、対独逸戦で疲弊していく欧米列強の支配は(現在の香港じゃないですが)自然に減衰もしたでしょう。
なんせこのシナリオの場合でも「その後は日米同盟になる」ってことだから人権や人種差別が両国の同地域プレゼンスにおける建て前となっただろうし。

更に「となればだよ」米国は朝鮮戦争もベトナム戦もやらなくて済んだんです。
しかも、前述のソ連の話じゃありませんが、
大騒ぎして、キッシンジャー辺りが調子こいて獲得した中国の権益なるものも、
その後どうなりました?「米中貿易戦争」だって、もう笑うしかない…。
(てかさ、日米開戦なければ中国の共産化もなかったかも知れないんですぜ?←帝国陸軍情報筋には蒋介石との和平交渉も選択肢にありましたから)

→続きを読む

posted by kagewari at 13:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0