2019年09月10日

リクエスト関連(”遊び”その4かな?)


どうもね「以下のような質問返しになることこそが」欲求の経済関係が偏向している証拠なんですってば(たぶんもっと基礎的なとこから説明した方がいいのかな)、

>「子供でなければならないと、意固地に拘る”何か”がある。」「私を楽しく”させて欲しい”、人に”楽しさを分けて欲しい”、人から”面白く感じさせて欲しい”(受動系、『被(こうむる)』)←こっちが勝ってる(子供心理構造のままである)」←友人と遊んでいる多くの人も同じことが言えることになるのでは?「知人の友人関係が、目のくらむような楽しい行いに”見える”」←楽しく"見えるのではなく、「自分が友人と遊んでて"実際に楽しい"」から遊ぶんです。つまらない人とは時間を割いてまで会わないです。


えとね匿名さんは「感情」って何だと思ってる?
素でその言語化された情感という”具体的ブツ”が存在しているとででも?
(少なくともさ、言語能力獲得以前の人類ヒト化の脳内で何か起きているか考えてみようよ)

感情って言語化されたそのもの(楽しい成分とかさぁ)”それは無いからね”
あくまでも、脳内物質などを受容した時に想起される何らかの興奮を、自我がロジカルに解釈しているもので(この段階でお話しなの”フィクション”)、言語化されたイメージであり、幻想です。

その証拠に、言葉にならない感動みたいなね(あまりにも上部構造的概念であるとかにわかに現在の知見で”これですね”と感情記号のカルタを引けない事象ってのがある)、説明できない難解な感情ってのがあるワケさ。

■逆説的に言えば「美味しい」「楽しい」「可笑しい」などの単純化されたイメージモデルってのは、それだけ体感された行為も『類型化されている』証拠なの。
わかります?「あたかも消費される商品のように類型化された”快感代謝”」
(感動の予測の範囲内であると)
 ↑
なかなかご理解いただけないかもなので、具体的事例挙げてみるけれど

・「友達とのバーベキューで楽しかった」
・「友達のバーベキューに行ったんだけれど、一人がハンターの免許持ちでライフル持ってきていて、山で鹿撃ちしてジビエの解体やったんだけど、全員血まみれで、、」
 ↑
前者が類型化された快感代謝(ユニバーサル興奮とでも呼びましょうか)
後者は説明のできない上位概念の興奮(過去引用事例が無いためにわかにその時の感情を説明できない)

でーーー
■『共同幻想』社会モデルで、何故(行き当たりばったりの)友人関係に楽しいと感じるかは、何個か前の回答で説明している筈なんですよ。
「行き当たりばったり?」←と思うでしょ
あなたの”この人と思って友人なんです”みたいな話はこれ統計学的に言えば「まったくのインチキだから」←ここから説明しようか、
 ↓
”自分にとってこの人だからという友人”なんてものが、何十億人もいる世界の中で、なんで身近に(しかも同世代)”偶然”いるってのよww、それは確率論から言えば身近にいる誰かを3択4択程度の選択肢の中からまーこれかな的に選択しただけで、遥かに「身近にいた蓋然性」のが重い比重なワケ。

『共同幻想』における友人関係のほどんとが「同級生、同期、行きつけ先の知り合い、友達の紹介、同じ地域の人、同じ世代の人」などなど、蓋然性が縁となっていて選択性もクソも無いの(あっても3択4択的限定的なもの)。
 ↑
てかさ(笑
『共同幻想』適応人格は、自意識抑圧しているから「誰が誰だか(個性化抑制で)違いもわからん」のに、どうやって”この人こそ友人”のマッチングが可能なのよって話。

(『単独者』みたいに、政治論や思想哲学でつかみ合いの喧嘩するような関わりで、「俺は俺だ、お前は誰だ」みたいな闘争の中で「ははーお前はそういう奴か」のような”正体識別行為プロセスそのもの”が発生しないんだから。)

→続きを読む

posted by kagewari at 08:10 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0