2019年09月04日

急速に篠原常一郎氏はじめ上念氏などが発信力を強めている


N国党の存在もあって、youtuberジャーナリズムとでも言えばいんでしょうか
相乗効果が発生していて(盛んに海外K国などでも視聴され始めるなど)、
●「ある効果の逆」が起き始めている

その「ある効果」って何?と言えば
(かなり確度高い推定だと思う←俺けっこう自信ある)
行政担当者からスペシャリストを次々更迭(乃至逮捕)し、活動家を排しているK国青瓦台が、日本の情報を朝日を筆頭とする左巻きメディアの報道で取得しとんじゃないのかって話です。
※「そんなバカな」って人いると思うけど、考えてみればそうそう離れた話では無くって、日本の報道だって外信翻訳するだけだったりある訳だし、内調業務も記者さんからの聞き取りだったり「公開情報の取得」としてメディア情報も無視できない情報であるのも確か。
※歴史的事実としても慰安婦問題の火元は朝日新聞のフェイクニュースだったのだし。

日本の輸出管理やホワイト国関連の情報も
■「朝日新聞の(フェイクニュース)記事見て逆切れしちゃった」←自爆マッチポンプ「贔屓の引き倒し謎理論の発動」があったのじゃないかと(ここかなり本気に)私は思っておりまして、

<ここである現象が起きた>
元々そうだったと言われちゃうとアレなんだけど、
現在K国の偏向報道が酷くて(政権の工作が調子乗り過ぎ)、翌日「嘘でした」報道となる顛末が連発してしまうだけでなく、困った事に青瓦台からして小学生のような嘘をつくものだからフェイクニュースのレベルだけでは無く、政府の嘘をそのまま報道してしまうというダブルパンチでメスメディアへの信頼が急速に落ちている。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:18 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0