2019年08月08日

やっぱ”ゆとり世代”以降、日本のスポーツ選手活躍してね?


ビーチ前川を擁護するつもりはさらさらないが(笑
”ゆとり教育”は何らかの刺激というか効果あったのじゃないかと思う。
(弊害論的にはむしろAO入試の方かな〜、、《admissions office》)

■少なくとも
「偏差値より個性化」のキャッチフレーズの社会刷り込み効果は
あったのだろうと思うワケです。

このブログでは時代の転換点としてよく『男女雇用機会均等法』の話出しますが、
言えば、そんな感じ。
直接大きな効果があったというものでは無く、社会全体の”その動き”がキャッチなコピーに表れたんじゃないか?という意味ですよ。
 ↓
その時代を背景に(事の是非はともかく)”ゆとり教育”があったのだろうと。

■今、現代社会の先端では
「高偏差値バカ論」だったりします。
叱られるかもですが、財務省を見れば東大法学部が底なしのバカなのかと疑われても→これは仕方がないでしょうみたいな論議。
(大手マスメディアの左翼バカ化進行説とかも同じかな)


ルネッサンスの話じゃないけどさ、
海外でも活躍するスポーツ選手や芸術家ってのは”昇華の代表例”みたいなもので、
高いレベルで知的にも見えるんだよね。
(実際知的なのだと思う)
「それだけ『自意識』ノーリミッター全開だから」ですよ。
人類ヒト科のMAXパフォーマンスを披露してくれる偉人
(故に同じ人類ヒト科は、応援したくなるんだよ、)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0