2019年07月26日

京都アニメーション放火殺人事件の背景を考える(2)

そこで
「危ない奴」って何なのかを掘り下げてみたいんですが、
「快感代謝のはけ口が無く、モチベーションが蓄積し(欲求不満で”退屈したら死ぬ病を発現寸前”)、犯罪性をいとわないバカ」←これだけでは足りません。

(※確かに隣室騒音問題であっても当事者にとって相手は危ない奴ですが、ここでは社会的に危ないのはどういう意味かという判断で、)

●デカいことをやらかす、
●或はそれがデカいことと気が付かず結果デカい事をやらかしてしまう(電車の置石的な)、
 ↑
ここに至るためには、過剰な(誰にでも起こり得る強迫的なエスカレーション)”資産勘定”みたいなものが必要です。

■「過剰な”資産勘定”みたいなもの」って何?
たとえば、
「貸してください100万円でいんです」対「盗みに入るなら億の稼ぎが無いと意味が無い」
 ↑
これどう見ます?
昭和であれば「一生遊んで暮らせる金」なんてコピーだったのかなと思います。

それがポジティブに語られる時には『夢』と呼ばれる
(※イメージがピンんとこない人は『現代ミニマリストの反対』で想像してください)

脳内にその動機形成や発想が可能な状況を考える上で、
「ドデカイ犯罪やらかす」も「大いなる夢」も脳内で起きる背景事情はほとんど同じです。
「それを正攻法で稼ぐのか、非合法でも(これは俺への損害賠償だとばかりに身勝手に)デカいことやらかしてカタルシスを目論むのか?」その違いでしかない。
(犯罪のボーダーラインを考える上では”決定的な違い”ですが←その論理はまた別の話)


■いずれにおいても「反動形成」が関係します
コンプレックスであったり(憧れも一種のコンプレックス構造です)、
ほんの目先の”快感代謝”の失敗が(冷蔵庫で大事にとっておいたプリンの論理で)雪だるま式にレバレッジかかって肥大化する場合だってあり得ます。
「何故エベレストに登りたがる人がいるのか」も同じ(事実昭和に比べ激増してますよね)。
 ↑
政治や戦略の世界で”冒険主義”とも言われている奴です。
(リアリズムに属する「ハングリー」と混同してはいけない。)

「日常生活暮らす上で快適でちょっと洒落た衣類」そんな凄いもんじゃありません。
ところが、
何故かそれが「やれシルクだ金だダイヤも必要だ」ってイメージが”妥当”と思える心理ってのがある。 ↑
それを「実行する手段として犯罪もいとわない人」←これが本当の危ない奴です
(最強にヤバいのがナチス・ヒトラーであり毛沢東の中国、スターリンのソ連や、ポルポト派大虐殺のカンボジアであることを忘れてはいけません。)

●「自分の人生における”資産勘定”なるものに迷いが無いとか、イメージ含めて人生ってこんなものだろうのような幅が安定していた時代は終わりました(『共同幻想』崩壊時代)」
「反動形成」の種はどこにでも存在します。
(自分にもこんな夢物語な資産が約束されていたかもしれない《いや権利だ》。←合理的判断《リテラシー》以外にこの発想を抑制する社会的構造や時代はもうありません。)

※住まいの心理学にも書きましたが、かといって現代社会が恐ろしいとか”無い”です。
先進国になるに従い犯罪発生件数は確実に減っており、戦後に比べ現代日本は遥かに治安もよく平和です。「予め考えておくべきリスク判断のポイントが違ってくる」という事なんです。←ここが現代特有の社会不安心理となる

→続きを読む

posted by kagewari at 18:48 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0