2019年07月20日

リクエスト関連(介護関係リクエストのつづき)

というかリクエストでは無いようなので補足説明です


介護疲れと生活困窮者さん
>ありがとうございます。共産党の人と一緒に役所に相談に行ったけど生活保護基準にギリギリ満たしてるために扶助は受けられない、家族がいると施設の対象にもならないと言われました。その上国保税等の負担が重くなってきて生活も苦しいです(滞納することもある)。各種サービスもお金がかかって預けられない。認知症本人の姿に落胆してるのではなく、色んな所に勝手に徘徊するので目を離せない(外に出れば人様に迷惑をかけるために苦情が来る)、家族に暴力を振るう、負担が多いです。本人と気晴らしになることを一緒に模索してみます。


となると人権団体系NPOですね
(介護保険含めてどこかにサービス受けられる部分ある筈です。この辺は流石に法制度の知識含めて技術的なことになるので専門外の私にはここまでしか書けませんが)
まだ、相談するべき点あると思います。
(※日本はこの点世界的に福祉のカバーは広い方です)

加えて、介護の問題などがあれば「ほとんどの自治体で公営住宅に優先的に入居できます」(持家の場合は介護向けリフォームに対する補助金制度がある場合も多いです)。
現在のお住まいが、賃貸なら公営住宅を調べてみる
持家なら(介護が少しでも楽になるリフォームなど)補助金制度を調べてみる。
※だいたいこの辺は自治体のHPで”高齢者”などのキーワードで検索すると調べる事できます。


<私の専門としては心理学的説明となるので>
言及すべき点、いくつか補足しておきます。
■このネタを「ひとくくりに(実際どれほど大変でも)不幸ネタ」のように固定しないこと
(そう考えても何も自分に得になることが”無い”からです)
心理学的に、事象を「不幸ネタであると認定しまった場合」前回説明のとおり、
人類ヒト科は「退屈したら死ぬ病」ですので(興奮伴えば脳は不快感でも”快感代謝”分類で再現優先順位を上げるフラグを付けてしまう)、
脳が「不幸ネタを煽る」結果、鬱病などのキッカケにもなり得ます。
(言い換えれば「脳に騙される」)
うっかり気を抜くと、流されると申しましょうか、そっちに知らず知らず自分を誘導してまうのが、また人間における心理の特徴なのです。
 ↑
だから休養が大事なんです。
(そして鬱病の始まりが”疲労や忙しさ”だったりするんです。←流されやすくなっている状態)

なかなか難しいと思いますが、
意識的に「この話は一概に不幸ネタとも言えないのだ」とまず認定しておくだけでも違います。
(故にギリギリまで楽な道を探す『あがき』『抗い』が大事なんです。)

「生活保護作戦がNGならば、次はこれだ」と気持ちを切らさない。

→続きを読む

posted by kagewari at 06:34 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0