2019年07月16日

『被(こうむる)』心理とエディプス論

ちょっと前回シリーズを引き継ぐ感じになるのかな。
『家族共同幻想』構成時に”必ず権威性が派生する”ことは説明しましたね。
(ごくごく単純な生存能力差と、先進国の暮らしを前にする哺乳類の動物的驚きなどなど)

ここで構成される社会は単純な”上下関係の階級社会”なワケですが、
すっごくベタな表現で「単純な”上下関係の階級社会”」を考えてみるのが話が早いかなと
●職場の人間関係で考えてみましょうか

ILOの出番じゃないけれど、日本の就労環境や労働法制は「労働力の流動性を重視して”いない”」のが特徴で(まーわかりやすく言えば「新卒採用・終身雇用」)、一度就職した後の閉鎖性というか”逃れられない感”は、どこか『家族共同幻想』にも似ています。
(※故に『共同幻想』崩壊プロセスの号令はフリーター現象から始まるワケで、連動した現象)
 ↓
つまり、日本社会の場合職場環境に置き換えて考えてもそれほど違いは無いだろうと

”権威者の存在感”つーか(エディプス論的には)「ハードル感(到底敵わない感)」
誰しも経験してわかっていると思いますが、
●「(関係悪化している)上司がどれぐらい人として偉いのかとか”全く関係が無い”」
権威性認知の問題だけに、
言語的には「相手が本当に偉すぎて」←と思っちゃうでしょ
 ↓
全然(実際の偉さとか)関係無いのです
確かに「教師一家」にリスクがあるのは事実ですが”それはまた別の話”
てか、同じかな?

<結論としては>
「本質的に偉いかどうかは関係無く、”偉そうな人として思われるか?”」の”度合”なんですよ
しかも”思われる”って受動系でしょ、
言い換えれば「権威者サイドの心構えとかでは容易にどうなるものでも無い」とこあるんだな。
(ほらダーティーハリーの台詞じゃないけれど、何故警官の服がブルーかって心理学でブルーの制服には権威性を感じやすいからなんて話もあるぐらいです。)

親サイド(権威者サイド)から見て、どこが偉そうだと思われたのか?わからない上に、
そもそもその態度が不評を買っていること、自覚できたら直すよね(笑
自覚できない奴(それが認知リミッターなのか強迫心理なのか各人各様だが)、だからその状況が恒常化するワケだよ。

●ちょっと個人的な話になりますが
俺が20代のフリーター時代に、勤務先に(課長クラスだったかな〜)FDさんってヤバい人がいたんですよ。別の課なんだけどさ、仕事的に連携する時あるとたま〜に顔合わせないといけない。
この人物が(印象としては決して学があるでも能力的でもなく年功序列的課長か?係長)、
怒るとスゲー怖いワケよ、
年齢的にガチ格闘して負けるワケないのだけれど(会社だからそんなことあり得ないし)、怒った時の声が威圧的でとにかくデカい。「怒った時のけんまくが凄い」ワケさ、
 ↑
うんでね(こういう人誰しもどっかで経験あると思うけど)
能力的にもアレなので、場合によっちゃ勘違いでも切れるワケ
(現代で言えばコテコテのパワハラ)、

も の す ご い ハードルの高さ感 あったよね
(※スゲー権威上位者を前にしたのと”相対的に同じ”になっちゃうんだよ。)

■ここで思い出してくれ映画『フルメタルジャケット』のハートマン軍曹
(有名なシーンは前あげてるんで今回はこちらで)


さて海兵隊に限らず、新兵訓練の場で「意識的に教官が罵倒したり」ってあるでしょ。
(戸塚ヨットスクールも同じ着目だと思うが)
「本当に偉い人を探して、見事な権威社会を美しく構成するのは大変だが」
「極度に偉そうな困った人で押し込んで、相対的に権威上位と同じ構造を造るのなら(暴君の態度を勉強して)努力すりゃ誰でもできる」
 ↑
こういうことなのね。

→続きを読む

posted by kagewari at 19:02 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0