2019年07月05日

(みうらじゅん氏)”ゆるキャラ文化”が無ければ『人間椅子』の今も無かったかも


みうらじゅん、筋肉少女帯の大槻ケンジ君繋がりあっての『人間椅子』であるように思えるし、加えてアホアホアニメの「監獄学園」主題歌を”オーケン”が造ったからこその(突如海外からのアクセス増でドーンと影響力を獲得した)『人間椅子』でもあったでしょう。
更にその背景に『BABYMETAL』の存在があり、楽曲提供として日本のアングラパンク界がそこに存在した(現在欧米の『BAND MAID』活躍も『BABYMETAL』の開拓無しに考え難い)、


「日本には面白いバンドがある」


■ここに結実する過程に、無数のサブカルが関係していて、
中心人物のひとりであるみうらじゅん氏が(元からサブカル世界では有力者として知られていたけれど)、発信力を大きく拡大させたのは「ゆるキャラ」なる概念の発明に尽きる。
(一時期大きく表現者として活動した”フナッシー”も勿論みうらじゅん氏あってこそ)

ここで言う”影響力”ってのは「それ以前とそれ以降で自我の考え方を変化させる概念」なりの力量って話になると思うんだけれど(中世とかで大袈裟に言えば啓蒙みたいな)、

見出される「オリジナリティー(立場変えればアイデェンティティーか)」
これは決して偏差値評価に乗っかることは無い。
●言語そのままだけれども、
オリジナル=個性なんだから、同列に評価可能な母数は無い(オンリーワンだから)

故に、この辺の「ナントカ論」を語る時に、
やれ技術的にどうこうだとか、コード進行があれこれだから、これだけ努力していただの、下済み時代がどうしたこうしたなどは無粋というか「全く無関係」なんだよね。
結局「これ面白いじゃん」とアホみたいに続けてきた。←ここに尽きる、
更に、
その存在は関連し連鎖する”偶然”の中で起きるのであって、
(実力うんうんの論議は最初から馴染まないのだよ)

逆に言えば、影響力の発現があるから「現象が観測できる」だけの話で、
仮に『人間椅子』が現在もマイナーなまま活動続けていても(彼らもなんとも思わないだろうし)、ファンも何とも思わない(それで何かが変わるワケでも無いから)。


<<<<ある意味、その影響力なる事象の背景は、>>>>
「何か面白いものを探していた欧米文化の渇望状況」に他ならない。
「日本には面白いバンドがある」←これはその答えのひとつだった。
そして、「面白いと思うから続けていた人達もいた」ってことでさ、
繋がった事で、影響力の観測ができるワケだが、
それ自体に意味なんかなんにも無いのですよ。

●勿論インセンティブっての、そこはミュージシャン達だからライブの機会が増えれば「インセンティブ論的に(面白くなってきたぜと)」俄然やる気にもなって、ガンガン行く状況を(以前からのファンも)見る機会が増えることになり、個別にも悪い話じゃない。
(そこは”後日談”って感じになるけどね。彼らにはそれ以前からオリジナリティーがあったのだから、)


心理学的に人類ヒト科の特徴でもあり最大の弱点でもある
「退屈したら死ぬ病」
そこを面白く代謝できる文化芸術ってのは”宝”なんですよ。
(だからこそ各国政府も貢献者に勲章渡したりするんだろうけども)
ここは保守派が「伝統芸術保持のため補助金含めて存続に奔走する様」同じ事です。

文学作品なんてのは、時に人の人生を変える力さえ持つ

フロイト心理学は学問だけれど、様々な人文系から経済学にまで影響を与え、
(ここもフロイト心理学スゲーってより、人類ヒト科に「心理ってなんだこれ」なる囂々とした知的欲求があったってことでしょうよ。)
「退屈したら死ぬ病とは何か」みたいなお題を提起した

最近の若い人ご存じないかもだけれど、
産業革命から高度経済成長時の『共同幻想』社会では、有害図書的にさ(笑、文化芸術の一部を禁止したり(特に共産圏ではそれを権力が管理・監視・指導した)、権力によって公開のハンドルを握った訳です。
日本のAVが今だに公式的にモザイクのボカシかかってんのは”その残滓”です。
飲酒の許可から性行為の手配から、原始宗教の戒律他、権威・権力側の既得権(インセンティブ裁量権)が、社会をハンドリングしていた。
 ↑
そのお題目に(ドラッグ規制なんを例示して)「快感代謝をダイレクトに需要側がゲットできるようになれば(権力が差配する)インセンティブが効かなくなる(アメとムチで社会を操作できなくなる)」→労働者が働かなくなる。←こんな話を真面目にやってたからねww
 ↑
◎この辺の保守派の論拠は、なんつーか現代社会では「個別の快感代謝を一定程度完結する方が”賢者モード”続くからいいことじゃん」みたいな方向に(論破され)、社会的にも後者理解に転じつつある。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:12 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0