2019年07月31日

憲法改正論議のプロセスでベーシックインカムが検討される可能性(別の側面)


「働くということの意味」が(制度によってはですが)明解になる

俺が推薦するベーシックインカムは以下のようなもの
支給は世帯単位(総務省の人口調査などを参考)
マイナンバーに紐付けした口座に一定額を自動振込
基本全国民に支給されるため
「法人が給与を計算する時には”ベーシックインカム基本給”を除く支給とする」

●とするとどうなるか?
たとえば、給与24万の人の場合、
BIが国民一律基礎支給7万円として(福祉手当などは別会計)
制度開始後の給与明細は「17万円+BI」となる。
17万って言えば仮に月の労働時間を160時間とすると時給1062円だ
まだ若く給与19万の人の場合は時給750円になる

さて、政府の指針としては
「働かなくてもマイナス所得的ミニマルなスキルがあれば生活できるよ」って立案なので、
「それでも働く=それ以上の金が欲しいから」となる。
しかし、
どの求人を見ても「これだけの仕事しても時給1000円も無いのか」←こう思うよね(笑
「俺は25万稼いでる」つもりだったものが「時給千円ちょいなんだけどさ」となるわけで、実にこれ心理的な錯覚なんだけども、
いかにも『共同幻想』社会適応した実感が欠けるよね。

だとすると(威張りたくてなんだか無理筋で働いていた人は)脱力すると思うのよ。
「それなら時給700円の楽な仕事でもいいのかな」的に、

■同時にさ
「あー全然儲からないかもだけれど、前からこんなショップをやってみたかった」
だとかさ、
「俺さ、子供の頃から機械いじりが好きだから」
だとかさ、
「実は専業主婦も悪く無いかと思ってて」
だとかさ、
「実は数学が好きで、それなら自宅で数学の研究続けようかな(各種論文などは専門性あるとAIが判断すると歩合給が支給される制度とする→これをクラウドに貯蔵し、関連民間企業が申請すると即座に登録されているフリー論文を開示する)」
だとかさ、
「自然農園っていいよね(でも左翼運動はやめてねww)」
だとかさ、

→続きを読む

posted by kagewari at 21:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

さあ「NHKから国民を守る党」盛り上がってまいりました


かくいう俺も一票投じてます
(選挙にオッズがあるのなら勝ちました←英にはありそうね)

党首の立花氏無茶苦茶過ぎで実に面白い、
『住まいの心理学』の方にも書きましたが、国会会派の件やNHK出演狙いでどんな問題・スキャンダル議員でもOK(NHKスクランブル以外政治行動は自由「今なら2400万あげます」というですね)あけすけな議員スカウトを実行中、
※仮に参議院での得票からあれが衆議院選挙だった場合「5議席前後は取る」とのことなので、無所属衆議院議員としては議席までゲットできる可能性があり、デカすぎる話です。
(おお『単独者』予備軍が有権者200万もいたのかと感無量)

■現在「丸山穂高氏入党に始まり、渡辺喜美氏と参院統一会派”みんなの党”結成(これで参議院で質問権などをゲット)、他複数の無所属銀・除名されそうな問題議員に声をかけている」
※更に”みんなの党”渡辺喜美氏は日本有数のベーシックインカム論者である
(ネットでは”アベンンジャーズ”だとか”ネクロマンサー立花”とか呼ばれていたりしますww)


そもそも俺がyoutuberジャーナリストを自称していた立花氏の動画を観たのは
・「用心棒のように玄関先でNHK集金人を追い返す動画」だとか
・「NHK集金人に、不法侵入ですと警察呼んで、逃げ回る集金人を取り押さえる動画」など
そりゃ観るでしょう面白いから(笑
 ↑
動画を見つけた流れは、あれですよ「ワザと振込詐欺の勧誘に引っかかったフリをして、延々ヤクザのフロント企業に迷惑電話をして撃退する系シリーズ(様々なyoutuberがこれを愉快犯的にやってます)」←多分これ観ている時にyoutubeのサイドバーに出てきたんじゃないかな。


■「NHKから国民を守る党」目の付け所が凄いのは(住まいの心理学にも書きましたが)
本当の低所得者にとって、NHKの契約料金ってのは可処分所得に占める比率が「消費税どころじゃないほど高額であること」で(消費増税に顔真っ赤にしていた保守系経済評論家も気が付けよと)、
仮にNHK放送のスクランブル化に成功すれば、
下手な減税や給付金以上の効果が”恒久的”に保証されるって事です。
低所得世帯にとって、これがどれほど大きな意味をもつことか、高所得の役人や既成政党の政治家さんにはわからんのですよ。

立花氏はyoutuber時代から請われれば、どこでも体張って契約解除の支援活動を続けており、
この点で彼本物ですから。
(見方変えれば昭和の任侠的な)

→続きを読む

posted by kagewari at 14:46 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(くるんだろうと思ってたけどさ、オイオイまたきたぜ、、)


なんなんでしょうかね

>子供を持つ親さんより(15円)
過去類似投稿の方と同一人物と言ったのはあなたでしょう?(笑)だから違うと言ったんです。私は障害だからと無罪になるのは反対です。死刑で当然です。全員職に就いても失敗してるし、仕事では人間関係が上手くいってない特徴がありますよね。振り込め詐欺で成績残しても意味ないし(笑)精神障害の親子はおかしな人多くてリスク要因だからみんな紫その親子を食事には誘わず、あまり関わりを持ちません。精神障害は死ねとは言ってない。でも山奥の施設で隔離すべきだと思ってる人は私の周りでもネットでも大半です。


■これさ、また同じこと書かないといけないじゃん
まず、このリクエストの連発が「偽計業務妨害」に近い行為であると言っときます
(犯罪行為ですよと)
ここは2chじゃなくて、私の事務所空間なワケです。
web投げ銭リクエスト規約上(全てに答えるワケではありませんと記載していますが)、メールやブログコメント欄のようなIP規制のような受信拒否ができないわけで、
無視という形を取るにしても(システムの規定外内容の不愉快な内容送りつけられた上に)物理的な手間取らされるワケです(少なくとも15円以上の)
こっちは料金払っているって意識あるのかもしれませんが、
あのね、公衆電話から迷惑電話かけるのとたいした違いは無いのであって、
これを継続的に行うのなら「偽計業務妨害罪」です。

こ こ は 心理学サイトで(リクエスト受け付けもその趣旨に沿ったもの)
あなたがどれほどトンチンカンなカルト思想の持主で(類は類を呼ぶで)あなたの周囲に集うみなさんがどれほどのイカレ野郎共であっても好きにしてくださいって(俺は関係無いし干渉するつもりもありません:だいたいが心理学は第三者であって唐突に駅前勧誘中の新興宗教の営業にちょっかい出したりとかやってないから→好きにしろと)、

そういう話しでキモく盛り上がっていただけばいんじゃネーの?

何が目的で俺のサイトに意味不明な送信続けてんのよ


子供の安全が心配です?
いやいや、俺は『単独者』なので自分が新規に家族を組織しようなどさっぱり思ってませんが、
まー旧血縁関係には小さな子供もいるワケです、
普通に話になりますよ
「”あなた”のような迷惑な人(とその取り巻きみ)と関わった時にどうしたらいいのか?イジメ体質は勿論ストーカー気質もあるから注意しなさいよ」的に(事実「絶賛偽計業務妨害状態」で)、

さてそうなると(私から見ればあなたは「コミュニケーション障害」ですから)、
なんですか?
●あなたの論旨で言うなら
「子供を持つ親さんは危険人物なので、山奥の施設で自主的に隔離すべきだ」となります。
(余裕でA4100ページほどの書面で根拠を添えて上申できます。)
 ↑
これを民主主義なり公的機関への通報なりで運用しようっての?

意味わかる?
「法治国家」なり「社会契約説」なりさ、
学校で何を学んできた?

→続きを読む

posted by kagewari at 03:30 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

憲法改正論議のプロセスでベーシックインカムが検討される可能性がある

ちょっと前の記事に書きましたが、
安倍政権は維新に対し憲法改正論議賛成と交換条件に「教育の無償化」取り入れようとしてます。
仮に国民民主の協力を取り付けるために何か交換条件を打診するなら?
「ベーシックインカム」論議となる可能性あります。
(或は最低保証年金かな?)

経済学においても
昨今話題のMMT(Modern Monetary Theory或はModern Money Theory)
これに対するリフレ派の批判にJGP(Job guarantee program)がありますが、
目的が所得分配なら、意味不明に謎の公的仕事を捏造(JGP)するのは準公務員ばかり増えて社会主義みたいな事になるので、資本主義先進国の政策とは言えない。
「ヘッ、普通にBI(ベーシックインカム)でばら撒けばいいじゃん」な考えもあって、

話を憲法改正論議の交換条件に戻しますが、
政治家としてはアレなところもありますが、国民民主の有力議員である前原氏は、米国で行われている給付付き税額控除方式いによるBI論者であり(ちなみに大塚氏は最低保証年金派かな)、
可能性あると思うんですよ。

もとより安倍政権にしても(財務省対策的に)大規模な財政出動は難しい上に、
仮に成功したとしても、現在日本の経済ファンダメンタルは「人で不足で大規模公共事業行うと、民間の建築開発を圧迫する」状態にあって(わかりやすくいえば供給不足)、
●本来所得分配の狙いである「供給過剰セクターの需要不足を補てんする」ことにならないのだよ
市場原理を働かせつつ、普通に内需拡大する最も効果的な方法は「恒久的なベーシックインカム政策に他ならない」

そこに英国が導入したような、複数の福祉給付を一本化する「ユニバーサル・クレジット」制度も合わせて入れ込んで、(医療制度も在宅療養支援診療所を拡充し)、とかね、政策の発展性はイロイロあるワケなんだわ。


<ちょっと難しい話になってしまうのだが、ベーシックインカムには別の効用もある>

つづく



<<<<今回のEDは”先の話”繋がりで>>>>


ちょっとナンセンスな近未来SFの名作
モンティ・パイソンのテリー・ギリアム監督『未来世紀ブラジル』より
「未来世紀ブラジル ラストシーン」


(デ・ニーロが一番カッコ良かった頃ですね)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

リクエスト関連(あーくると思った子供を持つ親さん)


私は(同一人物かわからないのですがと)取り立てて誰と言ってないんですけどね(笑
どうしてなんでしょう
ご自身で似ていると思い当たるふしがあるのかしら?
自分はこの人と同一人物では無いと頼みもしない自己紹介もされておりますが、
さて、事前に想定していた反論へ対応開始しますか(報酬15円で)…。

小島一朗→発達障害で人間関係が上手く築けずに退職、定食に就けない。岩崎隆一→いじめられっこコミュ障、トラブルメーカー、『引きこもり』だったのは紛れもない事実。青葉真司→定職に就かず、コミュ障でいじめられっこ、引きこもり。植松聖→職に就くも失敗続き(社会適応失敗)。人と上手く関係が築ける人やコミュニケーションが取れ、普通に働いてる人にはこういった犯罪を犯すなんて話は聞きません。ちなみにいちごさんとは別人物です。

■もういっかい言いますよ

俺は『刑法39条』大反対派なんですよー
子供を持つ親さんは、何故殺人事件の犯人を庇って精神鑑定の必要性を説き(犯人は精神病だと強弁し)、彼らを微罪で社会に放つことに必死なんですか?
お子さんを危険にさらすだけだと思うけど?
根本的に論理矛盾してんだろ。

それとも何ですか?
よく似た過去投稿者のように「ナチスの優生学」よろしく、精神科通院歴ある人物を問答無用でガス室送りにするなり、過去日本がやらかして政府も謝罪した「旧優生保護法(障害者に対する不妊手術)」を大々的に復活しろってお考えですか。
(※しかもその判断があなたが決めるとしたら人口の1%前後=126万8000人殺せと?←1%根拠は後述参照)
 ↑
オメーが犯罪者だろ、とっとと刑務所行けよ。
(そんな発想の親の元で育つ子供を守らなければいけないですね。児相の方「ここにカルト思想の危ない親がいますよ!」)



■個別各論でもういっかい説明しますけど(溜息出るわ、、)
あのさ、
刑務所に入っている人(=責任能力アリ=健常者)何人?
逮捕されたが精神障害を理由に罪に問えず釈放された人何人?
日本のどこかで、逮捕したがいいが精神鑑定の結果「精神障害を理由に次から次へと容疑者が釈放されております」←こんなニュースどこにある?
幻聴でもなければ、聞いた事無い筈です。

※確かに(誰の入れ知恵か知りませんが)近年精神鑑定留置は増加傾向ですが
2006年で221人、2010年で483人、
ちなみに年次は重なりませんが
H29度の公判請求人員は8万3,988人(前年比3,747人減少)
精神鑑定留置が右肩で上がってると想定して(仮に800人としましょうか)
えーと犯罪者における健常者は「公判前に精神障害を主張する容疑者の104倍」
率で言うと「公判前に精神障害を主張する容疑者は0.0096%」です

総人口における精神科等の通院者の比率を推定できるDATAはありませんが、
そうですね、
少なくとも「子供を持つ親さん」は近隣にも経験的に存在するんだという事を根拠にするから、お子さんが心配だという設問になるワケだから、
少なくともあなたの見積もりですと1%前後の感覚なのかなと思います。
しかし?
実際に「公判前に精神障害を主張する容疑者は0.0096%」
 ↑
健常者よりはるかに犯罪発生率少ないですよね。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:57 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(介護疲れさんと子供を持つ親さんの2件)

まず介護疲れと生活困窮者さんから
記載の内容から記事のリクエストは(行動選択に関する部分の)一部かと思います。
(制度に関わる技術的部分は今後も市区町村や共産党議員事務所で相談ください)

本人が勝手に人の家に上がり込んだり、女性に抱きつくのでご近所に恨まれてます。本人が人様に迷惑行為をしてることも含めて他の団体にも相談したけど改善策はなく。。共産党の方が議会などで改善を求めるよう訴えてくれてますが、高額医療費などの上限は下がり、税負担もますます多くなり、生活保護基準もますます下がる(低所得でも受けられない人が増え、受給者も食事の回数を減らすなど生活が苦しくなってる)、施設に預ける基準も要介護1〜3に上げられるなど、日本の福祉は悪化するだけの一方です。国には福祉の改善を求めます。

 ↑
心理的説明が関わるとするとここかなと、
・「勝手に人の家に上がり込んだり、女性に抱きつくので」
この行動は(推定含むことご了解ください)
1)「本当の自分の家を探している(記憶の喪失から今の住まいが別の家ではないかという不安が恒常的にある)」
 ↑
この場合は、前回説明のとおり「今の住まいを”あなたここは自分の家でしょ”」などの投げかけ(或は当事者の”自問自答”)が悪循環となるケースの一例です。
(当人にとって不安感を発生させるだけの「忘れた事をいちいち確認する行為」と同じため。むしろ「ここはどこですか?」と聞かれた時には「病気の治療で施設にいるんですよ」と答える方がストレスが少ない。←これがベストの答え方って意味ではありません。「忘れたの?ここあなたの家でしょ」的に詰め寄るようなことにならない返答方を考えましょうの意。)

この点を参考に、思い当たることが無いか考えてみましょう。


2)「母や妻などを探している(いた筈の人物を探している・記憶の後退でそれが誰だか思い出せない)」
勿論、何故探すのか?といえば、主として『退行現象』(ままならない事があり一概に幼児化と断言はできませんが、昔頼りになった人に助けを求める的意味で)
 ↑
一義的には「ままならないことや失敗」がトリガーになり
構造的背景は「快感代謝の不全(モチベーションのはけ口が無い)」

ままならないことや失敗を”なんでもないですよ”と周囲も気にせず、「(そのつもりはなくても)問い詰めたように受け取られないよう注意をする」(叱咤激励的な投げかけも逆効果の可能性アリ)

たとえばうっかり無意識に「もうどうして」←などの言葉を発していないか?などです。
それから「そこにいてなにもしないで」←これも虐待ワードになります。
(人間は退屈したら死ぬ病であり→何もするなの台詞は=「独房に監禁するぞ」が暗韻として踏まれてしまう。)
 ↑
考えてみれば、二つの台詞ともに、
育児の時に子供に投げかけてはいけないワードにも被ってますが、子ども扱いしないという意味ではありません。
ちょっと説明難しいのですが、言葉として「子ども扱い」という概念そのものが(自由にさせない意図の)児童虐待的対応がその暗韻に(オプション的に)含まれており(類似表現「動物扱い」)、

注意するべき対応が類似しているのでは無くて、
いずれの場合も介護や保護する側がその発言を注意すべき原則みたいなことです。
(つまり「認知症だから特別な注意が必要」のように理解すると間違っちゃうし、現在起きている諸問題を認識する上でも「認知症だから」の主語は使用しない方がベター。自分の心理に「何か特別なことが原因で(自分だけが)」のような発想に繋がり兼ねないからです。←このような発想して何か解決するこなど無く、鬱心理が刺激されるだけでしかない=考えるだけ損である。)



<それからもう一本>

子供を持つ親さんは文章と内容から過去類似投稿の方とシンパシーある乃至同一人物なのかもしれませんが(故に説明は過去記事と一部重複するかもですが)、
京アニ、新幹線や川崎での殺人事件などはニート、引きこもり、コミュ障など、そういった特徴がある人ばかりです。差別や偏見と言う当事者や関係者がいますが、普通に仕事が出来、コミュニケーションが取れる人が事件を犯してる話なんて聞かないです。こういった特徴を持つ人への対策を書いて欲しいです。こういった人が事件を起こすのを事前に察知し、防ぐ方法も知りたいです。近所にもコミュ症、無職で引きこもりの人がいるので怖いです。特に女の子を持つ親としては心配です。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:54 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

京都アニメーション放火殺人事件の背景を考える(2)

そこで
「危ない奴」って何なのかを掘り下げてみたいんですが、
「快感代謝のはけ口が無く、モチベーションが蓄積し(欲求不満で”退屈したら死ぬ病を発現寸前”)、犯罪性をいとわないバカ」←これだけでは足りません。

(※確かに隣室騒音問題であっても当事者にとって相手は危ない奴ですが、ここでは社会的に危ないのはどういう意味かという判断で、)

●デカいことをやらかす、
●或はそれがデカいことと気が付かず結果デカい事をやらかしてしまう(電車の置石的な)、
 ↑
ここに至るためには、過剰な(誰にでも起こり得る強迫的なエスカレーション)”資産勘定”みたいなものが必要です。

■「過剰な”資産勘定”みたいなもの」って何?
たとえば、
「貸してください100万円でいんです」対「盗みに入るなら億の稼ぎが無いと意味が無い」
 ↑
これどう見ます?
昭和であれば「一生遊んで暮らせる金」なんてコピーだったのかなと思います。

それがポジティブに語られる時には『夢』と呼ばれる
(※イメージがピンんとこない人は『現代ミニマリストの反対』で想像してください)

脳内にその動機形成や発想が可能な状況を考える上で、
「ドデカイ犯罪やらかす」も「大いなる夢」も脳内で起きる背景事情はほとんど同じです。
「それを正攻法で稼ぐのか、非合法でも(これは俺への損害賠償だとばかりに身勝手に)デカいことやらかしてカタルシスを目論むのか?」その違いでしかない。
(犯罪のボーダーラインを考える上では”決定的な違い”ですが←その論理はまた別の話)


■いずれにおいても「反動形成」が関係します
コンプレックスであったり(憧れも一種のコンプレックス構造です)、
ほんの目先の”快感代謝”の失敗が(冷蔵庫で大事にとっておいたプリンの論理で)雪だるま式にレバレッジかかって肥大化する場合だってあり得ます。
「何故エベレストに登りたがる人がいるのか」も同じ(事実昭和に比べ激増してますよね)。
 ↑
政治や戦略の世界で”冒険主義”とも言われている奴です。
(リアリズムに属する「ハングリー」と混同してはいけない。)

「日常生活暮らす上で快適でちょっと洒落た衣類」そんな凄いもんじゃありません。
ところが、
何故かそれが「やれシルクだ金だダイヤも必要だ」ってイメージが”妥当”と思える心理ってのがある。 ↑
それを「実行する手段として犯罪もいとわない人」←これが本当の危ない奴です
(最強にヤバいのがナチス・ヒトラーであり毛沢東の中国、スターリンのソ連や、ポルポト派大虐殺のカンボジアであることを忘れてはいけません。)

●「自分の人生における”資産勘定”なるものに迷いが無いとか、イメージ含めて人生ってこんなものだろうのような幅が安定していた時代は終わりました(『共同幻想』崩壊時代)」
「反動形成」の種はどこにでも存在します。
(自分にもこんな夢物語な資産が約束されていたかもしれない《いや権利だ》。←合理的判断《リテラシー》以外にこの発想を抑制する社会的構造や時代はもうありません。)

※住まいの心理学にも書きましたが、かといって現代社会が恐ろしいとか”無い”です。
先進国になるに従い犯罪発生件数は確実に減っており、戦後に比べ現代日本は遥かに治安もよく平和です。「予め考えておくべきリスク判断のポイントが違ってくる」という事なんです。←ここが現代特有の社会不安心理となる

→続きを読む

posted by kagewari at 18:48 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

京都アニメーション放火殺人事件の背景を考える(1)


いつものように報道が収まってきたところで「京都アニメーション放火殺人事件」についてです
ネットにはあれこれ書かれているが信憑性も無いので事件の経過としてほぼ確定している情報から推定してみようと思う。
(この事件は官邸から徹底捜査の指示も出ているので、後に様々な情報が出てくると思う。)

ます誤解があってはいけないので冒頭で説明しておくけれど
(ここには個人的に『刑法39条』に反対であることと被るんだが←この点は本論末尾へ繋げます)
■犯罪ってのは(営業と詐欺の境界が参考になると思うけれど)実業との違いに曖昧なところがあるわけです。
「やけっぱちになって有り金全部で馬券を買う」←これを日常業務的行為とは言わないが、実効する上でのモチベーション代謝や動機形成ってのは(この場合違法では無く無謀の範囲だが)、下手な仕事より大きな能動性を必要すると考えてもちっともおかしくない。

■もうひとつ
「死ぬ気になればなんでもできる」って言葉がありますが。
この言葉を分析してみるとわかることだけれど、
「命かけるほどのモチベーション持つ状態は、どれほどトンデモ行為が動機形成されることがあり得る」って言いかえることができます。

そして心理分析として、
人類ヒト科が日常生活営む上で、命かけるほどのモチベーション持つ状態なんてのは通常は発生しません。忙しいし疲れていますから(日常業務でルーチンの快感代謝が完遂している)。

■更にもうひとつ
時にトンデモ事件がある時、容疑者の通院歴などからやれなんとか症だのどうたら障害だとか、精神病が関係しているなどの話が先行することありますが。
(心理学的にそんな事言いだしたら”極論”ですが「刑務所入ってる犯罪者は全員精神病」って事になっちまうんです。←合理的判断ができていないんですから。それは違うだろと、)
犯罪心理を考える上では関係無いのです。

そもそもが通院するだとか診断受ける個人は(同様の悩み抱える社会的状況考えると)「ほんの一部である」、
※逆説的になんらかの症例は構造的な欲求不満を(脳なりの再現可能性選択から)症例として解消・実行しちゃっているのです(その典型例が鬱病やゴミ屋敷問題など)。
 ↑
なんとも皮肉な話ですが、それで(不快感代謝によって)”自我が釣り合っちゃている”のです。
(故にメンタル問題とは、不本意な状態が恒常化・固定化してしまい、冗談じゃないと《自意識にとって不利益でしかない》当事者が問題意識を持つことで認知されるんです。→この不快感がまた更に不快感代謝の燃料となり悪循環化する。”矛盾した均衡が固定化する”)

●オマケで言えば、米国などで主流の臨床ナントカでは「サイコパスの定義」として、普通に生活している人物も多く「主に医師や政治家や実業家などハイクラスに多い」なんて話にも繋がります。


→続きを読む

posted by kagewari at 08:00 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

リクエスト関連(ykkさんのさらに続き)


このリクエストには(見方によっては)NGとなっている”蒸し返し”の側面もあるので、
そのまま説明記事を書くのはどうかと思うので、
(心理学ってのはあくまでも事象の構造分析であって、正解のようなものを心理学が説明することは”あり得ない”。故に「それ《分析された事実関係》をどう考えるのかは各個人の『自意識』が自由に考えればいいこと」であって《個性》、何度も正解のようなものを求めて同じ話を”蒸し返す”質問は意味が無いし依存を助長する。:「心理学は赤本では無い」)

さて、どういう角度で説明したものか、

>事件事故現場に友人達が手を合わせに来るのは個人的に故人の死を悼んでるということですか?コミュ力ある人が「家族や恋人や親友に分かってもらえたらそれで良い」とか「ママ友グループから抜けて一人でも良いやと思って抜けたらそれに賛同して寄ってきてくれる人がいた。かえって質の高い友人が出来て充実してる」というのはどういった意味なのでしょう?それと確信犯的共同幻想選択者に発達、知的障害者が産まれたり、近所などに障害者がいたら(さすがに現代社会では殺人や間引きは犯罪行為なので)どう接するのでしょう?

●前回と重複しちゃいますが
「事件事故現場に友人達が手を合わせに来るのは」←故人を失った”自分の気持ちの喪失感”に整理をつけるために行われるんです。
(お別れも言えずに←など、残された側の気持ちがいたたまれないので献花したりするんです。)
亡くなった個人は、どこで何が行われているのかわかる筈ないですから。

加えて言えば『共同幻想』社会適応人格当事者が、
同グループ構成員の事故などに遭遇する場合、自我の一部が共有されておりますので(グループ構成員同士で”自他の区別が無い部分”がある)「そのまま自分の一部が事故に遭った」体感になります。
心理的には具体的に自分の一部に損害が発生したことになりますから、様々な行動に繋がることになります。
※わかりやすい典型邸は「戦場で同期の戦友の死を前に”大虐殺”による報復を誓う」など


●家幻想的な部分に関しては
「コミュ力ある人が「家族や恋人や親友に分かってもらえたらそれで良い」とか「ママ友グループから抜けて一人でも良いやと思って抜けたらそれに賛同して寄ってきてくれる人がいた。かえって質の高い友人が出来て充実してる」というのはどういった意味なのでしょう?」 
 ↑
話されている内容が個別に別の背景となっているのでバラして解説すると
【まず主語が「コミュ力ある人」とありますが、以降の話に「コミュ力」なるものは全く関係がありません】←を踏まえて個別に解説します。
(というか「コミュ力」なる謎ワードも何なのかと思いますけどね。新手の超能力でしょうかww一瞬ガンダムに出てくるニュータイプの”サイコミュー”かと思いましたよ。)
ということで、
■主語が「コミュ力ある人」でも「コミンテルンの構成員」でも「コモデティティ化した商材」でも何でもいんですけど(結果その人が自分にはどんな人に見えたのか程度の後日談に過ぎず)、
そこは(以降の個別事象と全く関係が無いので)素っ飛ばまして、
以降部分の解説です【事象が発生する仕組み】は主語と関係無くそれぞれの現象個別に発生している話です。


<個別説明>
・家族や恋人や親友に分かってもらえたらそれで良い
 ↑
家幻想的”承認欲求”(その背後にはピラミッド型の権威に連なる社会があることになっている物語ですので、「(彼こそはと私が思う)誰々課長に認められたら(俺にとって)業界が俺を認めたも同じだ」的承認欲求満足が派生する)、
何か特別なことでは無く、この部分は『共同幻想』ヒエラルキー・ピラミッド階級社会権威構造の話そのままです(共同幻想依存的「ノスタルジックな時にはそんな風にも考えた」というか)。


・ママ友グループから抜けて一人でも良いやと思って抜けたらそれに賛同して寄ってきてくれる人がいた
 ↑
違う話を混同して、あたかも一連の概念であるかのような”レトリック”が隠されてます
上記は一連の話では”ありません”。
 ↓
分解すると
・カルト宗教みたいな『共同幻想』崩れ社会からの勧誘を断ったのでスッキリした。

・後日談だが、現代社会の多数派は実は「アンチ・オンザレール『共同幻想』《カルト宗教は撲滅ー!》」なので、
実は『歩留り』な人や、元々『単独者』な人などと「(群れへ所属では無く)個と個で」出会う機会が増えた。

・言うまでも無くオンザレールな『共同幻想』社会の人間関係には厳密に言えば友人関係など存在しないので(見方変えれば共犯関係を友人関係だと錯覚する宗教)、
(各人独立する個を持っている)『歩留り』や『単独者』との接点ができたことで、これが本当の友人関係なのかって感じる機会も(自然現象で)増えた。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:38 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

『単独者』の雑感「首相個人でインテリジェンス的対応しているのかも」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


日本にはCIAのような諜報機関はありません。
内調は新聞記者などからネタを聞いて回る的な(勿論外信もチェックしていると思う)図書係的な機能しか無く、ましてや工作員などいません。
(それに近い行動が推測されるのは大使館付きの武官《自衛官》だとか、イラクへのPKO派遣前に現地情報収集行った特殊作戦群の現地偵察行動ぐらいかな。)

■しかしですね実際本当に007のようなスパイがいたとしても
”いたとしても”その情報の確度を上司が判断できなければ「全部未確定情報」となるので意味が無いのですよ。
日本を代表するスパイマスター小野寺信


そして誰だったかな、
外国評論家か記者さんだったと思うけれど、
「公開情報の裏が読めれば(公開情報こそ意図的に公開されているのだから)、秘密工作員情報のような確定できないソースと比べて決して現状分析に劣らない判断が可能である」っつー話があるワケ。
(ま、日本の内調はそんな公開情報や記者さんの取材メモ聞き取りなんかを主たる業務としているけれど、使い方によっては「公開情報」をベースにしているので案外使えるのかも知れない。)


加えて俺の個人的な読みだけれど、
ここ数年日本は英国との密接な協力関係にあり(日英軍事同盟なんて話も出るほど)、
日本は将来ブレグジット後の英国をTPP11加入させる優遇措置などのカードを持っている。
政府の秘密保護法の施行以来、一部英国(IM6)からの機密情報も得ているのではないかと思っていて、米国に関しても保守系シンクタンクへの浸透など、官邸には「やろうと思えば」かなりの情報が集まっていると推定できる。

■官邸はこれを”現状判断を行う上で活用しているのではないか
いくつか飛ばし的に”あり得そうな話”を挙げてみると、
・朝日に情報流している官僚を二重スパイにしてんじゃないか?
(官僚が朝日にリークしている情報を事前に知っている)
・朝鮮半島に関する情報の一部は明らかに米国か英国の諜報機関から取得したものが含まれているのではないか?
(韓国と北朝鮮の裏の関係は相当確認していると思われ←一部噂では例の横流ししたフッ化水素をイランの原油とバーターしたという話もある←過去決済に使ってた取引口座が韓国の使い込みか何かで凍結されているらしいんだわ)
・旧民主党議員の一部は既にスリーパー的に官邸に情報あげてんじゃないか?
(旧民主党議員が続々と自民党に鞍替えしつつある動き見ればそう考える方が自然)

●そして「国民民主」が憲法改正論議に参加する可能性があると読んる

→続きを読む

posted by kagewari at 20:40 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0