2019年05月22日

長くなったので「リクエスト関連」独立記事で


えー(しかししつこいね)『幸せ者』様からまたきました(15円×2+15)

「返信はいりません」みたいなこと書いてあるけどさ(いやいやこのシステムは『web投げ銭』ブログ記事リクエストでさメールサービスじゃネーから)、
少額で「応援だけですリクエストはありません」のようなものはアリだろうけどと、俺が『共同幻想』ワードで語った話と、あなたやっていること全く違うから。

「なんだお前か?人集めてくっだらない事しゃべって、違うだろう俺の話聞いてみろ。返事はイラネーわかったな」と人の足元に15円投げ捨てる、
 ↑
あんたのやっていることはこういう事だから、
「返事はいりません」とかじゃネーだろ

規定に従いリクエスト投稿内容を引用します(HN『幸せ者』様より)
>天皇家を批判してない。雅子様が発達障害であれば外交官は務まらない。変な人であれば皇太子様と結婚させないはず。結婚後の雅子様の病気は不可抗力。
我が子が障害児であれば虐待するとは言ってない。
障害者(身体障害除く)が将来税金の世話になる子を増やしたり、結婚する予定もない健常者も予定外の妊娠でデキ婚、離婚し、税金の世話になるのも問題(デキ婚でも元々結婚の約束があり、何も問題がない夫婦は別)。私と同じ考えの人が大半。
私達が困り時は助け、助けて貰っているが、コミュ障や変な人は放置されてたのは事実
>
>これで最後にしますが、私が言ったことは全て事実です。
(翌日)
>雅子様がおかしかったら外交官はできないし、天皇家との結婚もできないはず。結婚後の雅子様の病気は本人のせいではなく、愛子様の発達障害も不可抗力。 自分のこともままならない障害者が子供を産んだり、結婚の約束がしてないのにデキ婚、離婚して税金のお世話になるのも問題。私と同意見が大多数。 コミュ障などが困っても放置されたのは事実。 最後にしますが、天皇家の批判はしてないのでこれだけはblogでお伝え下さい。


以降説明状況に応じ「『共同幻想』ワード」も用いてます
『幸せ者』さんは「自らの発言の責任」って言葉の意味を理解していないらしい。
(発言趣旨が同じ立論の範囲に《自らの指摘を超え》及ぶ事をさ)
●ここ追記してんだけど→翌日には「ここだけはブログに書け」だとさ、、(呆れた)


<以降反証要旨、再びまとめます>

1)このブログで再三記載のとおり
・「知人の話」とかは何の論拠にもならないからNGワードになってるから
(社会関係に及ぶ話をするなら、ソースとなるDATAや学術的論拠のある論文なり論旨なりを添付・引用してくれ→精神分析依頼時の「家族関係の質問」と”知人の話引用反論”は意味が全く違うから。)

2)上記の1を踏まえつつも反論するなら
・「近所に困った人がいます」的ネタはどこにでもあるが(末尾に詳細)、
その話と、メンタルヘルス上の「コミュニケーション障害」症例の話には全く関連が無い。
・事実私の相談事務所への有料相談者には、各種メンタル問題を抱えつつ表向きは通常通り正社員として暮らしている人や、元は会社員であった人から、退職まで勤め上げた人もいらっしゃいます。
・あなたが『共同幻想』適応を自称しているので、『共同幻想』が権威を認める臨床系でどう論議されているいのかを添えれば、昨今「大人の発達障害」などのワードが注目されているように、潜在的メンタル問題が事後的に発症する事例はその道では”ごくごくよくある話”の分類です。

心理学的に言えば『共同幻想』系臨床医の分類「ナントカ障害」は全て後天性である(子供の学習障害ですらも)、てか基本「エディプスコンプレックス」論を基軸としてフロイト心理学では、自身のメンタルに問題意識を持つ症例は全て後天的な自我構造問題。広い意味では『社会問題』分類となる。

(そもそも「職場で発生するプチ鬱《による通院と退職》」や古くは「5月病」などメンタル問題やそれに類する論議が成人後発症する事例は誰でもご存じの話だと思うが←そんな常識も無いんですか?勤務先で職務を通じて発現した鬱は労災の対象になることもあるんですよ?←天皇家で起きている事案はこれに近い。)
 ↓
・皇后様がご結婚されるまえは違った筈だなどの論拠と、あなたが「コミュ障」批判する論拠が違うなどのトンデモ論には上記のように根拠が無い(メンタル問題としての「コミュニケーション障害」が事後的に発症することも業界の一般論である)
故に、あなたがその論拠を変えない限り「お前が言ってるのは天皇家批判同様の不敬な発言である」との批判が覆る事はあり得ない。
(てか「お相手選びで、変な人では無い筈だ」みたいな根拠不明な話もしているが”小室圭氏”相手にどうしたらいいか悩んでるだろーがよ!お悩みの秋篠宮殿下の心情をも無視かよ。)

●雅子さまの適応障害診断に関しては精神科医医師団のその診断に他の精神科医から別の見解が報道されることもあったが(てか診断してないのになんでわかるのかね?)、
いずれにしても「休養(海外渡航など)・カウンセリング・行動療法」を主とした対応が15年に渡って行われており、
(心理学的に同症状の見解はまた別だけれども)
「外出のインセンティブと休養」という点では、俺が過去回で解説した「ギャンブルであってもインセンティブを織り込んだ外出・散歩と帰り道の喫茶」のようなセロトニン管理系の対処と(俺はこれをリハビリ段階と考えているが)、何ら違いが無く、
 ↓
休養のための海外渡航に対し、あなたは「随分元気なようですね」などの批判をしている。
(※事実この時、心理学や精神医療に知見の無い層から上記のような心無い批判があった)


また、愛子さまについては(一時期の激痩せに見られるように)自律神経乃至拒食の心配も見受けられる決して(この業界の判断として)軽微な状況にはなかったことがわかる。
この症例を海外で受診すれば「はまさに現代の発達障害いずれかの診断」となった可能性が高く(現在米国では”子供のメンタルに起きる広範な状況に対し”何らかの発達障害と考える方向にあるから)
あなたの指摘している「コミュ障」の症例”そのまんま”です。

あなたは「家柄(や社会的地位)が違うと同じ病気では無い」かのような意味のわからない主張してますが、
あなたが所属していることを自称する『共同幻想』世界の権威の判断として
「全く同じもの」であり、
「私の主張が、皇室を批判・蔑視するのも同然の批判はあたらない」などの論旨にはまったく妥当性が無く、
私の解説しているとおり(「強迫心理」の知恵は子供並みなので)
あなたは「強迫心理」リードで、
”無意識に”おおよそ大人の論議では通用しない暴論を自分が発言していることに全く無自覚であり、

その矛盾を分析した私に(足元に15円投げつけて)
「そうじゃないとお前ちゃんと書いておけよ」と恫喝するという
●繰り返しますが
あなたが(あなたの言うところの)コミュ障そのままなんだが(どういうことよ)、

→続きを読む

posted by kagewari at 23:03 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「『単独者』の雑感」シリーズ

心理学サイトってことで、立ち位置的に中立的第三者を意識しているってこともあり、
(やろうと思えば『共同幻想』保守系の論戦も張れますから)
あまり尖った話をしないように抑えてきた側面あります。
(仰々しいものでも無いので『自営業』の雑感ぐらいの意味で読んでくれ、、)

しかし、ちょっと考えてみた。
1)サイトの趣旨から「自身のメンタルに問題意識を持つ自我当事者」の閲覧が多い
2)基本的な「強迫心理」ネタバレ解放(自己分析含む精神分析)以降はリハビリ期間となる
3)リハビリ期間は「思春期『反抗期』の再現(以前の『共同幻想』思想を一度全否定)」を想定しているため「仮想『単独者』状態」での思考が推奨される。←推奨ってかそうでなければ先に進まない。

だとすると、閲覧者の多数に「仮想『単独者』状態」をキープしようと試行錯誤していることになりますわね?
(勿論、人間の心理それ自体に興味があって読んでいるケースも少なくないと思うけど)

であれば、
変に意識せず『単独者』バリバリの時事論説みたいなのある方が参考になるとこあるのじゃないかと考えた。
■残念な事に『単独者』はその名のとおりで、全員意見が違うのだから俺が何を書いたところでそれが類型を意味したりしないし、模倣されても困るっちゃ困るんだけれど、
「ひとりの『単独者』にこんな切り口ありました」的な意味はあるだろうと。

そんなワケで、遠慮容赦無くあれこれ時事ネタをどう考えるのかってカテゴリを造ろうって訳です。
「冗談じゃネーぞ(『単独者』の雑感)的に時々アップしていきます。



ついでなので「第一回」
「佐藤浩市の失言をどう思うか?」いってみよう
思えばいろいろ論議もある、三國連太郎先生(佐藤浩市の親ですよ)、
やれ共産党だ脱走兵まがいのやらかしで酷い戦争体験があるなどもれ伝わりますが、
映画俳優として凄かったのですよ
ええ、特に軍人役が

(リチャード・ハリス主演『カサンドラクロス』にインスパイアされ作成されたという)

え、これいいのかな、、、ままよと、

(軍人役と言えば『八甲田山』だと思ったでしょう?違うんです)
名作『皇帝のいない八月』

共産党員としても有名?な吉○さんも出演していらっしゃいます、
三國連太郎先生はキ印の自衛隊秘密警察組織の人物を怪演

→続きを読む

posted by kagewari at 00:47 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0