2019年04月27日

欧米言語全てじゃないだろうけれど少なくとも米語圏の話


何の話かってーと、
「(英米語は)文字である以前に会話言語であること」
 ↑
考えるとここ尋常じゃない話で
(実は日本は世界的にも異例なぐらい近代以前から識字率が高い)
彼らの言語のベースは「読み書きできない人を前提にした話し言葉」のようなんですよ。
(ここには中世ルターの宗教改革まで教会権威を保持するため聖書の出版が無かった事も関係しているかも知れない。)

どこでここに気が付いたのかって、
言語学の参考になればとちらほら英会話関係の動画を観ていたところyoutubeサイドバーに登場した米国人の(ボストンあたり出身だったような)、英会話教室勧誘企画の連載動画を発見し(その解説がかなり適格で面白かった)、アレレと思ったんですよ。

●英国の状況は確認していないのですが、
英単語で「会話では発音されない時がある”t”の解説」がありまして、
彼曰く、
「まずこの言葉は話し言葉が最初だったので(tの発音無し)、これを(文明の進歩で識字率が向上し)文章にしましょうってなった時、同じ発音の言葉があるから”表記上この単語のここにはtを入れて”と区別した」って言うんですよ。
つまりさ?
正式には全く同じ発音で別の意味の単語があった(会話なら話の流れで間違う事は無い)、
文字文明が進んで、文章にしましょうってなった時に片方に”t”を入れたってんです。

「close(閉じる)」と「clothes(服)」
米国ネイティブはどちらも会話発音は同じ「クローズ」
(話し言葉の時にはtは発音しない)

ところがだ、
●彼らに”テキスト”の「clothes」を見せて「何て発音するの?」と聞くと、
(ネイティブにとっても謎の”T”を発音するのは大変難しらしい)
「クローズィ…s」と頑張るらしいのよ(笑
これどういうことかってーと、
彼らは政府のブリーフィングや(公式会議などの読み上げもそうかもしれない)”書面”の読み上げ時には通常会話と単語の発音が違うってことのようで、

「書いている文字を読むような発音で話されちゃうと、フレンドリーじゃないよね」
みたいな世界があるようなのね、
(あー僕と話したいのでは無くて、何か公式文章を伝達したいって事?みたいな)

なんじゃこりゃと
(だから英語の歌は”イエィー”とかアリなんかみたいなww)
冒頭紹介の英会話講師は盛んに以下のように連呼するのですよ
(ちょっと解釈加えて盛って説明すっと)

「英会話を論理的に考えちゃダメ(頭の中に文字テキストありきの思考ではいけない)、英語はイメージ、フィーリング、感情(エモーション)、ノリを伝えるものです」

●それって「自我のロジカル構造がまるっと違うってことにならネーか
極端に言えば、日本人の自我には脳内に「四文字熟語的なフラグやモジュール」がズラ〜っと並んでおるのに比べたらどんだけ違うんかいって。

→続きを読む

posted by kagewari at 21:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0