2019年04月10日

違いのわからない奴にイラッとする瞬間(そして令和とか)

(※後段にリクエスト関連アリ)

今季アニメに『約束のネバーランド』という秀作があったのですが、
アニメ化も大成功で、演出も大変優れていました
(進撃もそうですが近年の漫画界の才能はちょっと凄いですよ。大谷世代じゃないけれどここのとこと飛びぬけた才能連発で出てきています。)

『約束のネバーランド』の特徴に”ちりばめられた伏線とダイナミックで巧みな回収”というポイントがあるのですが、

そうです”海外の反応動画”を片っ端から確認してみたところ、
あからさまに”伏線ですよ〜”と明示されている事項にも全く気が付かず、(ウケ狙いもあっての)「エーッ!!っと大袈裟に驚く」海外リアクターの多さに
「オマエラな、、、」とイラッとする事も多数だったと、
●流石に
「なんでこんな事もわからないんだ、バカなの氏○の?」な感想はギリギリ我慢して観てましたけどwww、いくらなんでもアレだろうよと。
(映画の歴史から日本人に比べて欧米人は字幕動画の視聴に慣れていないって話は聞きます。→吹き替えが出るまでリアクション動画挙げないyoutuberもいる。)

それでもさ、

中には(本来の力量的にはもっと理解力のあるリアクターなのに)演出上の何にまんまとはまり過ぎて、作中前半で(実は後からどんでん返しで決して悪役だけではないんだよとなるところを)特定キャラクターを罵倒し過ぎて、後半の演出で(前半に飛ばし過ぎたことが恥ずかしくなり)しゅーんとなってしまったりだね、、、。


■あえて言いましょうそこには”言語学的な脳の論理構造の違い”が関係しているのではないか?
これ某動画で解説されてた話のパクリなんだけども(笑
「何々君が、こうして、あーしたが、こうだった」←言葉の順番をいろいろ入れ替えても意味が変わらないのは日本語だけで、
故に、日本語のコントやギャグには「実はこうでした〜」と最後に意味を逆転させるなどの”落とし”が可能です。

しかし主として欧米系の言語体系では、冒頭に明確に「主語と述語が明示」され、ダラダラ長く文章を繋げる事は可能ですが、それは全て「前段に明示された”何々が何々だ”を補足修飾する文章に限られる」のであって、彼らの世界には「実はこうでした〜チャンチャン」的な展開はついていけない部分もあるようなんですね(自我システム的に)。

見方変えると、それでも伏線と回収にバッチリついてくる海外リアクターは相当に重層的な自我ロジックを持っているって事なんだろうけれど。
(※説明するまでも無く『共同幻想』適応による”汎用OSインストール”《洗脳とも言うけど》な自我にはこの辺苦手とするところで、)
込み入った事情の説明が、言語の意味は理解できても全体の構図がどうしても頭入ってこないとかさ、脳のスペックと関係無いとこで(自我OSの構造差)ドデカイ個人差出る場面がありますよって、

(言うだけ無駄とか実際にあり得る)

そんな話でした。

※それから、話逸れるけど「この論理性と脳の理解やイメージ」ってくくりはさ、文学じゃ無くて漫画だからこそ到達できる世界がきっとあるんだろうって思ったのでした。

→続きを読む

posted by kagewari at 00:20 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0