2019年03月03日

「欲求不満の構造」

ちょい前の話(リアリズムと不条理記事の)ココを引き継いでみようかと、
 ↓
>そこに暗示されているのは『共同幻想』バカフィルターってのは(社会学的に)適応当事者を構造的に欲求不満にする構造があるって話でもある。
>(※勿論その発端には原始時代における気象災害などの不安への耐性(鈍感さ)獲得の狙いがあったとしてもさ。)

「リアリズムと不条理(ある意味『共同幻想』バカフィルターの話なのかも)」
http://kagewari.seesaa.net/article/464252096.html


■確かに、あの原稿書くまでそれほど意識したことはなかったが
『共同幻想』はメイク・ファッション・趣味・普段の考え方・”羞恥心”などなど総合的に『自意識』領域を(概念の共有化により)『抑圧』し(現代であれば権威や民主的要素も含む権力などが予定する)合理的統一で個人を社会化・組織化する”強迫観念”なので(当事者側にとっては「強迫心理」)、
アメとムチの法則そのままに
「抑圧と社会的インセンティブ」により刷り込みや合理性が担保されているのだけれど、

再三このブログでも説明してきているように
●「それが確信犯的再選択の場合、(原始社会に置き換えればその概念の理解が『共同幻想』元祖言いだしっぺメンバーに匹敵するため)恒常的な欲求代謝レベルも高い」
 ↑
自我タイプには「欲求不満構造」も深く関係していることがわかる。

注:『共同幻想』構造論における権威社会側が性行為な飲酒の許諾権を握る(戒律・成人の規定・婚姻儀礼・祭事他)ことで、その権力の源泉とする部分(インセンティブの分配権)と今回の話は微妙に別次元の論議ね。
ある意味プライベートな時間を含む自我の基礎代謝的な部分にも欲求不満化のポテンシャルに違いが出てくるって話です。←権威サイドの監視の及ばないエンタメコンテンツ視聴時にも差異が現れるのだから(リアリズムと不条理記事参照)。


日常生活においてどんな感じか考えてみっと、
1)「えーこんな制服着るのぉ、なんだかカッコ悪いなぁと着崩す」のが
(オンザレールな)『共同幻想』崩れ
その振る舞いはスノッブな(見栄っ張りな)エピキュリアン(快楽主義者)と勘違いされやすい
(※しかも「承認欲求」から社会階層上位を表す制服でなければ更に不平不満や不安が高まる)

2)「自ら選んだ栄誉ある(名誉ある)ユニフォームをビシッと乱れ無く決める」のは
確信犯的『共同幻想』再選択者
その振る舞いはストイシズム(禁欲主義)と勘違いされやすい
(※自らが選択者であるため、意味のわからない「承認欲求」は付随せず←一兵卒でも無問題)

3)制服など冗談じゃないと好き勝手に過ごすスタイルを何より重視するのが
『単独者』
ほぼ”実存主義者”である
(※構造的に「承認欲求」成立不能者。反面「自分であることの追及」が若干ウザい←それも暇つぶしになるからいいっちゃいんだが。)

「欲求代謝順に並べると?」
完全基礎代謝=3)>2)>>>>>>>>1)=日常レベルでも欲求不満
となる
 ↑↓
■仮に「自身のメンタルに問題意識を持つ自我」を加えてみると、
概念的には以下
完全基礎代謝=3)>2)>>「メンタル」>>>1)=日常レベルでも欲求不満
(※ちなみに「現代の『歩留り』選択者」の位置は「メンタル」と同じ)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:54 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0