2019年01月24日

宗教論も逃げずに考えないといかんなと(3)

さーて困りました、
今回の原稿こそ書くのが怖い話なんだが、、
ええ、宗教心理のネタバレです。
はたしてそれやっていいものかと思うのですが、
まーなんとかなるでしょう。

伝統宗教から新興宗教まで
その「神のお告げを聞いたってその人」の謎です。
●さてこの話には前後する解説として
”いいだしっぺ”はマジになって神の声がなんて確信犯的に思っておらず、ソドムとゴモラみたいな当時の世相の中、政治・哲学・道徳・公衆衛生などなどを文盲率100%近い民衆にいかに説明しようかと苦心惨憺しただけであるってさ(それを言ったらおしまいよな)擁護論はあるだろうけどさ、
(※仮にこの擁護を肯定しちゃうとその布教の過程で意図的確信犯で”盛った話”を喧伝しちゃったことになるのであって…それは別の意味でアレでしょ。てか親鸞しかりコンスタンティヌス帝しかりの話とかに及んじゃうと、更に違う意味でオーもーになるんだが、、)
 ↑
もう一段上の擁護論をあげておくと
「当時としては天才としか思えない哲学的発見をした当該人物が(謙虚さのあまり)、まさかこのひらめきが自分が天才だからなどということはあり得ない。これは神の意思が私にこの発見を与えたに違いない」←つーケース。
(しかし、この場合もその話を「実際に神の声を聞いたから」と言っちゃえば、結論は前者と同じになってしまう。)


そ、そんなことはともかくだ
真実はどうだったのかしらねって話じゃないからね(笑、

■■■今回お題の本質はここ■■■
いずれにせよ(それがパウロのグローバリズムだろうとだ)、
信者の皆さん、宗教なる『共同幻想』論の核となるストーリーは
救世主なり予言者なり選ばれし者なり、なんでもいいんだけれど、
 ↓↓↓
「その人が神の声を聞いた」的(それこそ)”神話”に始まる。

さてお立合い
よーく考えてくださいよ

”そ れ が 本当 だった と し た ら”

繰り返しますよ
「神の声を聞いたってモノホンの人物がいたとしたら?」


→続きを読む

posted by kagewari at 20:35 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0