2019年01月16日

極東情勢「ウルトラC」

時々紹介してきた朝鮮半島評論の専門家鈴置氏の連載が最終回となりました。
それがオーもートンデモの寄稿で、、

韓国はレミングの群れだ
もう、止められない「北朝鮮との心中」
(鈴置 高史)
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/010700211/


引用も何も、この一文が全て
韓国が奈落の底に堕ちて行く。

そして、連載最終回を締めくくる挨拶(これまで読んで下さった皆さまへ)鈴置氏最後の言葉
今回の記事で紹介したAさんの指摘通り、2019年の朝鮮半島は劇的な展開が予想されます。その際、日本も何らかの形で巻き込まれるのは確実です。覚悟を固める時が来ました。

■かなりの衝撃を受けました
そこで、昨今喧伝される噂やゴシップの域を出ない事項を並べてみると
 ↓
・レーダー事件の本質は「北朝鮮の工作船と韓国軍の接触にある」
※レーダー関係は報道によると新情報が
「海保は漂流する北朝鮮船舶を発見したが”救助を拒否”したため、同案件を北朝鮮サイドに報告し現場を立ち去っている」とのことらしい
(すると今回の韓国軍艦・韓国海警察は北朝鮮が韓国に救助要請を行い、政府の命令で現場に出動した?と考えるのがアレだわね)

・現在の韓国軍の勢い的にクーデターは無理だが、青瓦台にデモ隊が突入するような騒ぎはあり得るし、情報筋(粛清された軍幹部)から”その動きがある”ことが言明されている。

・文在寅大統領は元大統領が必ず起訴乃至不慮の死に至る”伝統”を恐れ、就任時から敵対勢力の粛清を徹底してきた。ある意味それほど自らの身の安全にナイーブであり、仮に青瓦台へのデモ隊突入や暗殺騒ぎがあった場合
1)北朝鮮軍に救助を求める
2)北朝鮮に亡命する
3)中国大使館に逃げ込む
などのトンデモな予想が絶えない

・仮にトランプ大統領が金正恩と”平和条約”を優先させた場合
(狙いは在韓”国連軍としての駐留”を一度解体し米軍単独での自由度を確保するため)
少なくとも国連軍としての米軍は形式的に韓国から撤退する形となる
期を見て文在寅は、北朝鮮軍を引き連れた金正恩に対して韓国の無血開城を宣言するのではないか?
(韓国軍が交戦していないのだから米韓同盟のみの事由による在韓米軍はにわかに介入できない)


この辺をざざっと頭に入れて考えてみた。

→続きを読む

posted by kagewari at 20:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0