2018年12月20日

所得と実存の無関係論(経済学から考える)

代表格はニューヨーク・タイムズのコラム二ストで経済学者(コーネル大学ジョンソンスクール経済学教授)のロバート・H・フランク(著書に「成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学」など)あたりになると思うが、
この人、左派リベラルのNYタイムズにコラム書いているぐらいだから経済学的にはリベラル系かとおもわれがちだけれど、彼の説く累進課税(累進消費税)は右派マネタリストでありノーベル経済学受賞のシカゴ学派フリードマンからも賛同得ていたり、そのアイデアがリバタリアン系シンクタンクで研究されるなど(池田信夫氏の書評から)、経済学的にフランクの説が左派リベラルを意味しているって話でも無い。

■そもそも右派マネタリストであるフリードマンの恒常所得仮説(言うなら所得増と消費増の関連タイムラグやら一時的所得増は預金に回ってしまうなどの仮説)によるケインズ批判は(仮に財政出動と公共事業などの所得分配策が政策的に恒常的に行われれば公共セクターそのものが消費者となり云々って話にもなってしまうので)、決定的に決裂しているって話では無いのだから、
いかにマネーを消費市場に供給し”回すのか”、その手法や見方の角度に違いがあるだけだろうと思っていたりする。


<そういうめんどくさい話はともかくに>
フランクが論証したのは(ってかコラムの延長みたいなものだが)「所謂社会的に成功している高所得者を漏れなく調べても、その結論は(才能も努力も一要素に過ぎず)圧倒的に”運が良かっただけ”」というもので、故に何らかの累進性を持った税制で高額所得者から低所得者へ所得移転の必要性を説くものです(ある意味その手法はともかく前述の右派マネタリストの重鎮であるフリードマンもそこに賛同していたことが重要)。

●市場原理の「パレート最適」でお馴染みの
ヴィルフレド・パレート(イタリアの社会学者・経済学者)に「パレートの法則」ってのがある。
ざっくばらんに言えば社会や企業において主として全体の利益をもたらしているのは”その2割”に過ぎず(よって富の不均衡も自明で起きる)、更に働きアリの法則と同様に「その有能な2割の階層を間引くと、残った8割の中から新たな2割の稼ぎ頭が登場する」というもの。
「パレートの法則」にはマーケティング側から見た発想もあって(流行をリードするのは2割の階層なので)主導する2割の顧客だけをターゲットに商品開発なりサービスの向上を行うと最大効率で利益が上昇するという話さ。
 ↑
これってある意味、前述フランク教授の「成功者は単に運が良かっただけ」という(選択的階層:セレブ)成功者の被選択性ってのは蓋然ではなくって偶然ってか単なる抽選みたいなものだって背景を証明する。
(つか経済学者のフランクがパレートの法則意識せず論文書くとかあり得ない。)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:41 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0