2018年11月05日

『ヴェニスの商人』とルターの罪悪感(米国ネオコンの心理)

※今回は政治論って言うより、最後の最後で「大変にメンタル問題に関係する話」になっておりますので、心理学興味ある方はスルーしないでください。
(予め言っておくけどこの原稿は引用文も含まれるので凄く長いからww悪しからず。それからこの記事も基本用語番外入りです。)


「ルターの罪悪感」この話始めるとこれがまた大変なことになるので(後日「ルターの罪悪感と『経済学』」として記事にまとめる予定)、ここではルターの変節転向の話や、前回紹介した動画(ユダヤと世界史)からわかる『共同幻想』残酷物語のお話です。

なぜここがトピックなのかって?
米国が中国に冷戦開始の宣戦布告に至る経緯が理解できるからです。

第13回と16回(ヴェニスの商人)、27回28回(マルクスとユダヤ)動画参照
https://www.youtube.com/playlist?list=PLRaNqHpjzx_fdvh2OM1XgKHt-fCHUO7fv
■きちんと学ぼう!ユダヤと世界史 内藤陽介


大事なのでこの回と
第15回 「ルターとユダヤ人」

(この回で、主催の倉山氏が”ネオコン”に似ていると言ってますが←以降続くとそれだけでは無いことわかると思われ。→独裁者から解放すれば「イラクは民主主義国家に転向するだろう」だけでは無く、)

この回は必ず
なぜトランプはイスラエルに傾斜するのか?〜きちんと学ぼう!ユダヤと世界史特別編〜かしわもち 内藤陽介

(解説に登場する福音派《Evangelical:エヴァンジェリカル》は、プロテスタントのルター派改革派教会であり、代表的組織は「ルーテル教会《プロテスタント・ルター派》」)
 ↑
■つまり?
「え、、イスラエルが統治するエルサレムに再び救世主が降臨後、イスラエルのユダヤ人は正しくキリスト教プロテスタントに改宗するであろう」、、、って事になってるワケ、か、、

これさ、妙にイスラエルに肩入れする米国に米国在住のユダヤ人世俗派のみなさんが、
「は、、あぁ、、(何言ってんのコイツら怖ぅエ〜)」状態なのがわかりますね(笑

そしてここ観ると(さあ大変)
 ↓
米中激突!を英・エコノミスト誌も大特集!アメリカは超党派、民主党も反中へ舵を切った!|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

 ↑
スペインのユダヤ人の回にも”コンベルソ”として、
ヴェニスの商人の結末は?「めでたく悪のユダヤ人がキリスト教に改宗しました」
マルクスがユダヤの二グロと批判したのは?キリスト教改宗ユダヤ人
ルターが激怒したのは?「ユダヤ人がキリスト教に改宗しなかったから」
(別回、ロシアにおいても延々とユダヤ人の改宗は試みられてきた)
フランス革命後ナポレオン皇帝時代もユダヤ人のフランス人への同化が前提であった(それは法治国家の成立を前提にすると必須事項ではあったが)
 ↑
前述動画、エコノミストの中国批評は?
「支援していれば、中国も共産党独裁から民主制資本主義へ”コンバート(転向)”すると思っていたのに、裏切られた。」

わかりますね(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 04:51 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0