2018年10月25日

「ヤンキーDQNや暴走族(はてはヤクザ)の心理」(インセンティブ論)

昭和中期までで言えば”不良”
象徴的には戦後アニメ『巨人の星』における主人公飛雄馬不調時代に知り合った「竜巻グループのお京さん」(後にライバルである左門と結婚する)←誰も知らないって、、、
或は60年代安保闘争における高倉健の『網走番外地』シリーズ”人気”の意味←てかこれ知っている人少なくとも50代60代以上か、、

えーまーともかく描かれ方の特徴は?「実はいい人」
いい悪いの概念の元ネタは?『共同幻想』
「昭和ドラマにおける不良達の描かれ方は、本当は『共同幻想』に所属する”いい人”(なのにいろいろ事情があって)」←これが代表的設定である。

彼らがコテコテの『共同幻想』シンパシー派である証明は、
現代社会においてほとんど形骸化(むしろ参加する方がどうかしている)地方の成人式なるトンチンカンな会合に漏れなく参加し大暴れするというドリフのコントみたいな話に明らかである。
(暴走族も走行するのは”公道・むしろ幹線道路”で、間違っても誰も知らぬ峠のワインディングロードやサーキットでは無い。)

■∴(故に)現代社会においては”不良階級”も『共同幻想』同様に崩壊過程にある
(むしろ現代はカッコ悪い存在として知られ、AO入試でちょっといい大学行ける時代でもあるので、現代ではそこそこ勉強できる子がカッコいい子とされるため→アニメや映画の世界における成績のいい奴の表現まで変わった「昭和のガリ勉キャラが→冷徹なイケメン眼鏡キャラへ」)

●ある意味昭和『共同幻想』の時代を共に生きた「ヤンキーGQNや暴走族(はてはヤクザ)の心理」とはどういう構造によるものだったのか?

『共同幻想』ってのは(始まりや着想が文化伝統でも伝統宗教でも何でもいいのだが)、
当該社会の安全保障や一族繁栄の合理性を「常識や情緒意識にまで及ぶ心理的共有概念」にまとめたもので、宗教戒律がそうであるように、「時にその縛りは法律以上の強制執行対象となる”取り決め”」であり。
●契約の概念で言えば「特約契約の筈なのに憲法以上の拘束力を持つ」というトンデモ論理矛盾構造だったりもする(故に違反者を余裕でリンチによる死刑にすることもいとわない《魔女裁判や村八分》)。
※この構造は『共同幻想』が宗教発生前の原始社会のシャーマニズム(神話や土着信仰)統治から流れる集落や部族の論理であるため(勿論法律の概念が登場するずっと昔からあったワケで)、
比喩的に言うなら「原始民族のトンチンカンな髪型や装飾をやめた近代文明以降は、シャーマニズム的神話性『共同神話』みたいなものはとっくに(迷信として)崩壊しているのだが」、社会概念として崩壊したとしてもその影響は各個人の『共同幻想』フォルダの中に残っており(記憶喪失したワケでは無いので”公的残酷性”みたいな発想として伝承され)、時に社会的反動としての原理主義台頭時の暴力やテロリズム心理の根っこにあったりもする。

わかりやすく言うと『共同幻想』最大の社会的論理矛盾とは「法律も超越する」部分
(所属構成員にとってそれは近代法治国家の”上位概念”であり、法律より優先するワケだ。)
た か が 三人集まればデキちゃう『共同幻想』は、その組成構造的に法律の上位概念として君臨しちゃう特性を持つ。時にそれが「血の掟」などと呼ばれる所以だわね。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:35 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0