2018年09月28日

小川栄太郎氏を弁護するワケじゃないが

(9/29 追記部分の一部修正「性的志向」じゃなくて「性的指向」だね。文句はIMEに言ってくれww)

お題はこちら

(怒り収まらぬ小川氏は上記動画のパート2もアップし、パート3も出すのか状態です)

まず小川氏が微妙に勘違いしているところを(心理学の立場もありますからね)、いくつか列挙した上で「それはそれ」として彼の発言論旨を説明してみようと思う。
そのお題となっている杉田論文なども俺は詳細読んでいませんから論旨がどうこう末節の話ではなく「アウトライン」ね。
 ↑
この話「そこ(やれLGBT云々論旨)は”この問題のポイントでは無い”」と思っている。
小川氏の話には「そこじゃないってば」なところがあるものだからそこを解説してみようと、そういうワケです。


まずこの辺からいきますか、
 ↓
●左翼リベラル側から右派に対する「差別だ」レッテルに対する批判
レッテルってのはそもそも「そういう共同幻想の流布や拡大が目的」ではあるんだが、
個別に言えば、批判されている側に差別性の無い自負や合理性があるのなら(的外れの批判している側と仲良くしたいなら別だけど)、
「そういう弾圧的態度こそ差別だ」のような対応は先方の思うツボになってしまう。
こういうのは「禁煙問題の嫌煙派と喫煙者の間」でもよくある話。

そもそも左翼リベラル側は(彼らが結局この現代社会においても『共同幻想』依存系の人格である証明として)「そんな『共同幻想』の流布」を目的としているのであって←ここは彼らの事情なワケでさ、批判されている側が、真に受けていたら彼らの事情を忖度しているのも同じになってしまう。
小川氏が確信犯的な『共同幻想』再選択を旨とする保守論壇であるのなら”反応するべき場所”が違う。
「俺の発言が差別的だ?(どこの誰かは知りませんが個性化の時代だからお前がどう思おうが勝手だが)君の態度こそ差別的だと思うんだけれど、終わり」←これで十分でしょ。
そこ超えて自分の批評が社会的に認知される水準であると反論しても建設的では無い。
「バカじゃん」と言っておけばいいことだから。
(識者となれば「どうバカなのかの説明」が長くなるのはわかるけど)

「(欧米なんかだと)レイシスト」と言えば意味を超えた侮辱的表現というか「もう最悪だなお前」みたいな表現として定着しているため、
「俺がレイシストだと!冗談じゃない」と怒る気持ちもわかるんだが、
だかしかしよ、
そう言われた相手が既にたいがいなワケでしょ、
まさか彼らから文芸評論家としてのなんたるかなど理解されても逆に困るだろうしww
(迷惑集団と化しているDQNに理解しろ馬鹿野郎と激昂して何か意味がある?)


小川氏的には、杉田議員に対する個人攻撃に黙っておれないとこあるのだろうけど
●「杉田氏は政治家だからね」
「その発言が持つ政治的意味(それは与党の判断なのかって勘繰られる)」抜きに云々できないでしょう。
「発言するならどういう批判を受けるのか自覚した上で」あるべきでしょ。
「そのネタを安倍政権批判の道具に使われるだろうって推定もできなかったのか?」っつーかさ、
逆説的に言えば、杉田氏が首相だとしてその発言をOECDの会議で気ままに言えるかって、政治的軽率さの部分を指摘されているのであって(仮に杉田氏が市井の評論家に過ぎないのであればこういうことになってないだろうし)、この話は”政治的発言”を前提とするものだから。
 ↓
(LGBTな人も含む)有権者相手にそんな挑発して”国益として”何を訴える効果があったのか?つー別次元の話に及んでしまう訳(既に子供を持つ世帯には少子化対策として個別優遇の政策的措置を行う事も合意形成されているご時世に)。
彼女はLGBT問題の対策が(LGBTと無関係な活動家などにより)「意味のわからない事になっている可能性があるので、当事者からも直接話を聞いて政策提言していきたい」と言えばよかっただけでしょ。
(事の発端となった発言には裏に自身が所属する『共同幻想』特有の配慮に欠ける部分がチラ見されているとこが「政治家としてどうなの」って←政治家として軽率だったことは疑う余地無いでしょ。)
(少子化に対する生産性なんて論議をしたいならさ、欧州の統計的にも”シングルマザーの支援”が効果的になるんだが、それは杉田氏の所属する保守系のスタンスと違ってきちゃうんだぜ?←ちなみに俺は「少子化対策の切り札はシングルマザー”促進”」論者だけどね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 07:02 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

朝日新聞メタタグ問題の「運用上ありそうなこと」

※事の顛末はご存じだろうの前提で話進めているので知らないって人はググってください。

ブログ運営程度の経験ある方ならだいたいこんな感じに思っているところでしょう。
勿論の事ブログなど同様の管理画面マネージャーが存在しない事は”ありえない”。
(まさかweb業者がテキストエディタでソースのHTMLの行間に本稿入れてるとかそんな芸当する人はこの世に存在しない)
ましてや「googleなどの検索サイトの巡回NGタグ」なんて設定を管理画面マネージャーのGUIに入れ込むなんて事も通常あり得ない。「公開・非公開の設定」はあるけれど、公開しているのに検索サイトの巡回だけをNGにすることに全く意味が無い。”SEOならぬ逆SEO”ですから。
(web詳しい人によると、あり得るとするなら「違法ドラッグなどの闇サイトなどで使われる手法」だってぐらいな話らしく、、。)

想像するにこれソフトハウスなどへ丸投げの依頼があったのじゃないかと思う。
時に「朝日新聞などのインテリがHTML程度の知識が全く無いなどあり得ない」と考える御仁いるかもだけれど、(僅かながら大手系と過去やりとりした経験だと)所謂文系インテリ階級の方はHTMLがどうだとかスタイルシートがどうやらCGIがなんとかなど「全く興味が無く、ほとんど中の事を知らない」ってのが実情だったりします。
てか、ソフトハウスなどに委託する業務に対して大手さん特有の「下々の者のやることだ」感覚さえあったのではないか。
(※事実朝日広報を自称する部署からの”いい訳”は、ちょっと知っている程度の人にも「いい訳考えるにも、ちょっちょっあり得ないだろ」な水準だった訳で、その辺全くわからないからって自ら言ってるのも同じってか、、)

などなどから考えると
web掲載用の入稿やっている部署に「かくかくしかじかみたいな設定にしておいて」と言ってみたが、導入している管理画面マネージャーのGUIにそんな設定がある筈も無く、
「いろいろ見てみましたけどそんな設定ありませんよ」
これを受けて、
「あれそうなの?じゃあ設計したソフトハウスに”こういうことだから”と言っておいて」
となり、
(もうこの段階でwebの世界的にはあり得ない話になっているのだが)
投稿システム開発した会社的には
「え、マジですか?」
(発注元の言う事だから仕方が無いって判断で)
「あり得ないメタタグになっちゃうけど、やれって話だからさ」
「これヤバいんじゃ…」

勿論(それこそ素人のHTML入門程度の知識ですら「そりゃ変杉」だってのに)、朝日の人が記事のソースを見るとか記載内容に何らかの判断あるなんことはなく(HTML入門素人以下)、
延々と放置された。

■結局、HTML入門素人ですら「こんな馬鹿なことしない水準」の設定を朝日新聞は堂々とやらかしたのでしょう。
(※同じメタタグ問題がTV朝日であった事は「メタタグを設定したのは”関連取引先の同じソフトハウス”なんだろうね」と間接的に暗示しているようなものでしょうが。)


あまりにもしょうもない話なので感想もなにもないけどさ、

アホ過ぎて批判するべきところがどうこうみたいな気持にもなりません。
あまりのグダグダぶりに気が滅入るというか、
溜息ばかり…。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄を閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで記事のコメント欄が承認制になっていたりするケースもありますが(或いは昔の記事など)、現在の運営方針は「コメント欄閉鎖」です。仮に投稿があっても内容に関わらずもれなくことごとく削除となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

「音楽(や芸術)と羞恥心」(2)

副題「海外メタルファンの自我を守る”スタイル”すら崩壊させる『BABYMETAL』とは何か?」
(※やはり続々と動画は削除されており、一部差し替えましたが編集はこれを最後にします。無くなった動画はググれば何かしら出てくるんで以降は自分で探してください。11/29)


大前提として、
一見個人主義で羞恥心が少ない(声がデカい含む)とも称される欧米人のみなさんですが、心理学的には「神との関係における『共同幻想』」という宗教的側面から語られる話で、彼らは決して自由でも無いし個人主義でもありません(語尾you know”だよね〜”文化でご存じのとおり)。

しかし、結果として時として羞恥心を美徳とする日本人などど比べ、彼らが”リアクター”として動画や音楽の反応動画において(youtuberとしてこれで食えてる人も少なく無い)、その面白さは彼らが圧倒するのも事実。
(日本人の所謂反応ってのはテキストオンリーのブログや5chなどのログが限界)

そこで文化と個人自我のエンタメにおける快感代謝の動きを知る中で、海外の反応動画をアニメや映画や音楽など片っ端から観ているのだが(欧米社会の『共同幻想』を知る上ででもとても参考になる)、ONE OK ROCKの反応動画を追跡の流れから『BABYMETAL』にいきついた。

<これはオマケなんだが>
サブカルである日本のアニメ反応動画のコアは「ラティーノ、黒人、LGBT、親和性のあるリベラル、ロシア人」など欧米白人文明の外郭であり(そんな言い方すると怒られるだろうけど)、
エスタブリッシュメント的白人の動画は少ない(youtubeからの広告費に興味が無いからとも言えるだろうけれど)、
しかし、ONE OK ROCK音楽反応動画においては状況が大きく変わり所謂ド・白人がコアとなり、『BABYMETAL』反応動画は(いかにも上流ハウスワイフものを含む女子の動画も勿論多いが)圧倒的に白人男性がノックアウトされるものが増えてくる。

「『共同幻想』自我を崩壊させるほどの」←この辺の着想で考えるといろいろ面白いかもしれない。


<さて、話は戻って>
この間まで個人的に『BABYMETAL』への関心っていうと、
「あーなんか企画的なものが間違って当ってしまい、、なるほど欧米人には歌詞がわからないから余計に波及したのかな?」程度でした。

<<<「俺がバカだった完全に間違ってました」>>>

●『BABYMETAL』トンデモナイ存在です
そして「ライブこそが本当の作品(CD以上)」というベテランバンド顔負けの性質を持つ
俺は音楽専門な訳も無いので、心理学的見解からの(方から来ました的な)分析だけど、
・フロント3人の少女はバックのバンドを限定解除・解放し”経験値の無い”リビドー120%全開を発現させる”触媒”である
・メインボーカルは勿論だが『BABYMETAL』の”本体”は2人のコーラス・ダンス担当の少女である
(∴1名の少女が現在脱退の可能性が噂されている。もしそうなったら”現象”としての『BABYMETAL』は終わってしまうのではないかと思う。)
・フロント3人の少女は奇跡に近い(タイミングの韻を踏む能力において)天才である
(補足すると、アメリカンハードロックの世界だとボーカルが”計測できない微妙なワンテンポ溜めて遅めに歌う”のがいいらしいんだが、BABYMETALのボーカルSUMETALはJAZZの法則にあるような”計測できない微妙なワンテンポ早く”歌いだす。←これが強烈なスピード感の根源。)

他、細かい事言えば、
「実はフロント3人の少女が歌っているのは日本固有種の”ポップ・パンク”であってメタルでは無い」
「彼らの音楽はほとんどがプログレでありジャンルを超えているのに、それはベースとなるメタルバンドの演奏を開花させるための導入となっていることから→ぐるっと回って真のヘビーメタルである」
「フロント3人の少女が”少女”であることがレーゾンテートルであり、この現象はどう抗っても儚く限られた期間で終わる(更に変革があるのならそれは別の物語りになるだろう)」

この辺の要素がですね、
どちらか言えば辛口で違いの分かる40越したオッサン風なゴリゴリのメタラーが、
■何故か映画でも見たこともないようなすがすがしい笑顔を浮かべる中で”泣く”
というトンデモナイ状況を生み出している

→続きを読む

posted by kagewari at 18:18 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

「音楽(や芸術)と羞恥心」(1)

一概に「音楽(や芸術)」をフロイド曰くの昇華と考えるべきではないでしょう。
(それこそそいつは”デカい話”だ←そもそも論として俺はフロイトの昇華論に否定的見解です)
”表現”という動機形成においては「素人レベルでも何だっていいんです」。
(それを芸術の領域云々に判別するのはそれこそ偏差値認知であり『共同幻想』なのでどうでもいいことだし、自身の表現を”何だと思うか”なんて自由ですから。)

さて、ここから本題ですが、
事、人が音楽や芸術表現をやろうと思う時、ぶち当たる壁が『羞恥心』です。
(何故防音のカラオケBOXなのかって話ですよ)

わかりやすいので「音楽」における『羞恥心』ってものを考えてみましょうか。
はてさて、世の音楽家は全てこの羞恥心を乗り越えているのだろうか?
「違う」と思うんですよ。

さーて、何の話をしとんのかと言うと、
(書いていて、自分でこれから長文になることが予見できて嫌になってきておるんだが、、)
「それをいっちゃ〜おしまいよ」みたいな不文律の話。
●「絵画モデルとして全裸になることの抵抗感は、唐突に通勤時間帯に駅のホームで全裸になるのと大きく違う(これを温泉他共同浴場における全裸と比較すると更にその差は大きくなる)」
 ↑
”プロ”という称号はなんだかんだで人の羞恥心のレベルを後退させます。

●「盆踊りや阿波踊り、踊り表現の抵抗感は非常に低いですね(更にその中でも”専用の衣装の着用”などの差異はある)。しかし、唐突に通勤時間帯に駅のホームで奇妙キテレツな祖素悪ダンスを余裕で踊れる人はまずいない。」
 ↑
”文化・伝統”元祖『共同幻想』の共有あるところ、羞恥心のレベルは消失さえします。
(この辺は現代社会における”自由恋愛幻想”のなんちゃらの話もちょっと被っているかな)

さて、音楽と言えばすごくベタなところだけれど、
駅前のストリートで演奏や歌唱するって相当の決断です。
(冒頭のカラオケBOXの話じゃないが)
しかし”その表現固有の動機形成”における羞恥心レベルだけ切りだして考えれば、入浴中の鼻歌に抵抗感ある人は滅多にいない。
「ストリートミュージシャンは自己顕示欲求から”他人に聞かせてナンボ”なのだから全然話が違うだろ」←こんな疑問持つ人いるかもしれません。
 ↑
さーて、ここに重要なポイントが関わります。
自己顕示欲求だけなら「演目は何でもよい」事になりますが、
そうではありませんよね?
(ある意味そこは『共同幻想』承認欲求なのかもしれないが)
「この音楽をやりたい」って個別の目的があります。

ですから?

仮にですよ?

→続きを読む

posted by kagewari at 19:52 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

「小さい事と大きな事」

戦争論でちょいと書きましたが、
■「ドデカい事やスペクタクルなインセンティブ」は、場合によれば人間性なるリミッターを乗り越えてしまいます。極論すると全能感というか、
(細かい事ですが心理学的には”人間性”なる概念は存在しません。上記はあくまでも一般用語としてわかりやすくするため記載したものです。)

「話を大きくしても得になることは無い」←個人の視点で言えばね
場合にとって、それは”自分”なるものを定義している個性を踏破してしまう可能性があるからです。

ひとえにインセンティブなる用語があるように
『共同幻想』はその手法を用います(故に個性の一部を放棄する契約があり得る)。
「大きな○○が得られるんですよ〜」
宗教で言えば
「それが神の意思なのです」

■「俳句のワビサビにあるように」「江戸時代の粋の文化にあるように」
人は瑣末で小さなことでも感動できます。
(感動って言えば語弊があるかもしれないので厳密にいうと、心理学的な快不快原則に関わる『興奮』のプロセスを起動できる←みたいな意味。)

「小さなことでも個人レベルの快感代謝は可能である」
 ↑
効率的にはこちらの方が合理的ですね?

さて、ここで困った事がおきます。
小さい事への感動は、極めて個人的(個性分野の)着想や視点からしか生まれません。
松尾芭蕉はともかく置いておいて、
ほとんどのケースにおいてその感動は人に伝えられないし共有もできない。
「私にとってそこツボだった」←ありますよね、一人だけ爆笑してしまう現象。
効率も効用も高く合理的だが「単独行動下」であることが条件になります。

ある意味それは
『共同幻想』適応系自我の動機形成論と、『単独者』の動機形成論を表しているのかも知れません。
(『単独者』には儲け話の必要性が無い)

そんな話に及ぶと、
「『単独者』は小さな瑣末な事しかできない」って思われるかもしれません。
いやいや、そういうこっちゃないのです。

●快感代謝や動機形成のトリガーがそうだって話なので
実際そこを発端に何をやらかすのかってのは、
現実世界の現象論に過ぎないので「わからない」が正解です。
(『単独者』に公共性が無いというものでも”無い”。現実や環境はむしろ『共同幻想』系よりリアルに視野に入ってますから。)

逆に言えば”偏差値”を重要な基準とする『共同幻想』の場合、
事の大小は半ば普遍的差異と”錯覚”されます。
小さい事をうむを言わさずに「くだらないこと」と断定してしまう傾向を持つ。
(逆に言えば何か殊更のスローガンみたいなお題目や企画性が無いと、実行に移すことが難しい。)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:02 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0