2018年07月25日

左翼の方々へ賭け的アプローチを(あえて)助言してみる

左翼陣営の退潮化が酷い状況になってきてます。
私は「安倍政権支持」だけれども安倍首相の支持者でも自民支持者でもありません。
(何度も書いてきたけれども個人的に釣り人オザーさんのファンだった昭和の人間ですから)

しかし、現在の状況野党陣営に支持できる政党があるのかって、政策の一部において右派の日本維新がギリギリ支持できる程度で、他は全滅状態です。
(しつこいようですが、個人的にオザーさんのファンだった経緯ありますが自由党支持者ではありません。現在の野党やマスメディアへの批判の始まりも「民主党政権時代の小沢パージ」からです。←マスメディア批判は古くは阪神野村監督パージ・ライブドア堀江パージからだけれど。)


さて、そんな中、所謂左翼系の方々全員が無知蒙昧なイカレポンチなワケも無く、
全員が左翼政治思想『共同幻想』依存で視野狭窄だって筈もありません。
現状は人材の大損失なワケですよ。
これ保守的な意味でも放置できない状況にあり(安倍政権的にも困っている部分もある)、現状に至るダメダメ感というか、どのように下手踏んたのかって構造を分析しておこうと思ったところです。

※こんな記事書けば、現在の右派論調から非難囂々と思いますがあえて書いておこうと思います。
(興奮して喧嘩すりゃ収まる話でも無いんだからさ、)


■まず大きな核となってるのが「憲法改正の大きな釣り針」です
断言しますよ、
安倍首相は憲法改正論者ですが、それをごり押ししようって考えをもっていませんよ。
日米安保実効性の点から「部分的集団的安全保障を認めた安保法制」により当初の目的は”達成”されており、憲法改正ってのは「できたらいいな」の域を出てません。
(本気だったら自らの後継者問題として党内総裁候補の改憲意欲などについてリトマス試験紙となるような”なんらかのコメント”している筈ですから。←首相は改憲が次の総裁選の争点となる以上のコメント出していない。)

と こ ろ が
この釣り針で左翼陣営大発狂、なんでもかんでもアベ憎しみたいな醜態さらす結果になってます。
(野党陣営が素で無知蒙昧のイカレポンチでは無い証明が→IRカジノ法案に対する徹底抗戦でした←あまりにもグダグダ過ぎでさして報道もされませんでしたが、、。IR法案は安倍政権と”関空近くにカジノが欲しい”日本維新の党の間における重要な取引事項で、勿論その条件は憲法改正への賛成です。←意味も無く大反対しているワケでは無いと、、、。まーなんともなんだが)


●『興 奮』せ ず に、
(ぶっちゃけ日本の世論は安全保障など慣れていないのだから)
憲法改正は滅多なことではできないし、仮に国民投票になっても”冷静”に訴え続ければ勝てると「国民を信頼していれば」こんな事になっとらんワケです。
(※実際憲法改正が選択される可能性もありますが、それこそ民主主義でありそこに文句言っちゃいけない。勿論個人的には憲法改正大賛成です。)
根本的なところで筋を間違っているものだから、


安倍政権が進める各種「左翼的政策(アベノミクス・働き方改革・男女協調社会・消費増税への抵抗)」にまで大反対する結果となり、、。
(野党はこれと反対していなかったが韓国との慰安婦合意もオバマ米政権主導の左翼的政策。)
日本の左翼陣営は「どこやら某国の工作員で反日が活動目的なんだろう」みたいな事になってしまったワケです。
(民主党政権も大概でしたが、実際政権運営中「下手な自民政権時代」とそれほど大きな違いは無く、どちらか言えば財務省中心に官僚支配されたダメダメ政権に過ぎなかった。自衛隊とも縁のある野田政権は彼らの中では疑いようも無い右派だったのも事実。)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:38 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0