2018年07月07日

退屈だと死ぬ病(補足)

「忙しいのになんだってんだ」だとか?
「あー疲れた、なんて大変なんだ、もう限界だ」であったり、
「それはパワハラなのか、鬱病なのか判別できない過労死問題やブラック企業の案件」
これらの話に前記事「退屈だと死ぬ病」が関係している可能性を論じてみたいと思います。

(今回記事は推論を含むため、ちょっと読み難い内容となってますがご了承ください。)

■前回記事を要約すると
・意図的な「仮想『抑圧』空間」におかれても人は15分と耐えられない
・退屈とは心理学的には欲求不満状態を示唆している
・退屈になると人の脳は余裕で”不快感でも刺激になればOK”状態となる
・実験によると「15分の仮想『抑圧』空間」に耐えられず電気ショックを希望する事例が多数

所謂「悩む」という言葉に代表されるメンタル問題の典型的状況は
●所謂一般的な社会生活において誰にでも発生しており、
(労働が辛くても人が仕事を選ぶ理由と同じように)心理学的第三者性から判断した場合「それはどうしちゃっているの?」な状況はどこにでも広く日常に存在しています。
「悩む」という現象は広く人類”同じ”であり(何もメンタル問題を抱える自我特有の話では”無い”)
所謂メンタル問題のように自覚されるか否かは、その現象が恒常化(や構造化)している場合の話です。
話を単純化すれば「程度や頻度の差」であり、
メンタル問題って(状況によって)誰にでも起こりえる事だって話。
(むしろ人類ヒト科固有の問題であり、メンタル病んでいる人だけの話みたいに思っていたら大きな間違いである。)

しかもですよ、
「15分の”間がもたない”」なんて状況は誰にでも起きる事です。

→続きを読む

posted by kagewari at 01:50 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0