2018年06月28日

退屈だと死ぬ病

男は退屈より電気ショックを選ぶ:研究結果
https://wired.jp/2014/07/07/men-would-rather-give-themselves-electric-shocks/
<一部抜粋>
ひとりで何もせずにじっとしているくらいなら、自分に電気ショックを与えるほうを選ぶ傾向があることが、最新研究で明らかになった。

ハーヴァード大学とヴァージニア大学のチームが『Science』誌に掲載した研究では、200人あまりを対象に、11のさまざまな実験が行われたが、基本的にはすべての実験が、何もない部屋で、何もせずに6〜15分間過ごさせるという単純な方法で行われた。

その後被験者は、「希望する場合はさきほどの電気ショックを使ってもよい」と告げられてから15分間ひとりで何もない部屋に入れられた。すると、男性被験者の67%(18名中12名)が、ひとりで過ごす退屈さを避けるために、最低1回の電気ショックを自らに与えた。また女性被験者も、1/4(24名中6名)が自らに電気ショックを施した(平均は1.47回。なお、中には15分間に190回もの電気ショックを与えた男性被験者も1名いたが、この被験者のデータは平均から除外されている)。

■心理学がよく取り扱う「欲求不満(退屈)」を甘く見ちゃいかんってことと
●「快でも不快でも脳にとって『興奮』を伴えば全部快感代謝分類」→『快感原則』そのまんま

重要なポイントは欲求不満が累積すると(しかも15分ほどの水準で)、
不快でも構わないので(快感とそれほど違いの無い優先準で)『興奮』による快感代謝が優先されるって事で、
(※何故人は「疲れた疲れた」言いながら毎日毎日仕事をしたがるのかも簡単に説明できますね)
強く、恒久的な不快感を訴える事例においても、獲得されている代償満足的な二次的利得をしっかり説明しないといかんっちゅうことです。
 ↑↓
不安や不快感が恒常化している背景に「脳がそれでもいいやと望んでいる」つーことと、
■ゴリゴリ私利私欲で自我を動かす能動性が欠けるのならば、速攻パッシブで不安ネタを思いつこうとしたり不快感に及ぶ行為を(その可能性が軽微でも)訴えてみたり、本当に強い不快感に陥り(高い興奮レベルの獲得に成功した場合→それは脳にとって成功体験となり)、半ばそこに依存する形で(脳と脳内物質の関係で言えば半ば薬物中毒的側面も加味され)不安や不快感が著しく反復再現されかねない。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:03 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0