2018年01月26日

『監禁症候群』について(2)

●『監禁症候群』と「イジメ事案」の相関図
※『ストックホルム症候群』とは長期膠着状態になったハイジャック事件において、人質が無意識に犯人に親近感や共感を感じてしまった得意な事例から論じられた話。

前回に引き続き『監禁症候群(勿論便宜上の”仮称”)』についての話です
『監禁症候群』が「エディプスコンプレックス」の構図を模倣する事で成立しているのだとしたら、『抑圧』下の自我は容易に閉鎖空間設定に飲まれてしまというようなところまで説明してきました。


言わずと知れた事ですが
『共同幻想』とは「舞台設定のような仮想空間」です。
現実はお芝居とは違いますが、『共同幻想』社会では登場人物設定と決め台詞などいくつかの”お約束”の中、「設定上の登場人物が言いそうな台詞を連歌のように連ねる即興芝居が行われている」と考えても間違いではありません(いい役悪い役や得な役損な役などクラス《階級》上位者が決めていく)。

【以下ポイントが重要】
本来「何かの縁で始まる『共同幻想』歩留り的オンザレール」や、「軍人や部活など自らの意思で志願して参加する」など、『共同幻想』社会適応であっても”選択的なもの”であり(ここに確信犯的再選択も含まれる)」、
『家族幻想』における子役を例外に、当該人物にはなんだかんだ参加の意思があって自らその舞台設定(見方変えれば特定閉鎖空間)に身を投じます。
上記の”選択性”は当事者が『反抗期』(現実アップデート)を通過した事により反証される。
(※故に、就労についての年齢制限もあるワケで、)
(※加えて、上記説明の「『家族幻想』における子役を例外に」←ここが特に重要)

と こ ろ が
■場合によればメンタル問題に発展もする「『抑圧』下の自我」の場合、
理由にもならない理由や、『抑圧』下であるが故に顕著ともなる「承認欲求」的動機により”強迫的に(フラフラと)”『共同幻想』社会と関係する”事情や背景”を抱えやすく(そうなりがちな背景事情がワンセットになりやすい)。
 ↑↓
どういう意味か補足します
『自意識』マターの『抑圧』が無ければ、主体性・独自性の自由がありますから、経緯はどうあれ「選択曲面は『自意識』判断」で決定されます(『反抗期』経過証明)。

しかし、肝心要の選択曲面の自由(自己責任所有権)が、『反抗期』アップデートの不全などにより十分に確保されていないと、(わかりやすく言えば何をするにも権威上位者や権威的概念の承認を求めるように)権威的に振る舞う人物や、権威的構造の社会や、権威的概念を根拠とする組織に(友達グループや学校や会社など)、無意識に追随・従属する結果(強迫的選択)を招きます。
(※「法律用語によく出てくる”なになにに対抗できる”」←のような役割は権限的に『自意識』にしかできない。)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:34 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0