2017年10月29日

『論理」と心理学

(この話はまだ推敲段階であり、確定的な結論は出ていません。しかも何かこう注目すべき内容が書かれているとかも無いのでww、心理学そのものに興味の無い方はスルーでお願いします。「選挙結果」などの時事ネタは次回やります。)

自我を構成しているのがロジックであり言葉であるのはご存じのとおりです。
(それがたとえば絵画や画像イメージだとしても象徴化された概念と捉える事もできる)
概念やイメージや言語などなどが「ロジカルに、或は時系列に」構成されたものが自我であり、

古い作品ですが『Thief (1981)ザ・クラッカー』なるマイケルマン監督ジェームス・カーン主演の映画があります。作中主人公は「これが俺の全てだ」とモザイク状に貼りこまれた写真を取り出す演出がありますが(最後マフィアに殴り込みかける前にこれを握りつぶして捨てる)、まさにそんな感じです。
市川崑監督や、市川監督をリスペクトしているアニメの庵野監督などが得意としている、映像や明朝体の言葉が映像中にフラッシュする演出も同様でしょう。

さて、この時自分の過去が「どんな大きさで・どんな貼り方で・どんな表情で・どの位置に・どんな言葉で」などなどの部分がロジック(なにがどうしてこうなる)。
(無作為では”無く”ロジカルに貼られるからこそ人格の構成《できあがる画風の差異や特徴》が個別に成立できるワケで)
「どういう素材が選択されているのか」などが構成要素となる。

<ここから本題>
■逆引きすれば、同じ論理性があれば(或はその論理性に対抗可能な概念なりが成立していれば)人格構成そのものに何らかの言語なりイメージなりが干渉できる(アクセスしてアップデート可能)。
 ↑
これが「感動だとか、衝撃だとか、省みるだとか、影響を受けるだとか、なんちゃらリスペクトだとか、説得だとか、説明だとか、論証だとか、交渉だとか、ベタな場面では営業であるとか」、
それらに類する事です。
勿論、新体験が自我を構成する要素として追加されていくプロセスも同じ。
但し「当該人物自我構成や構成ロジックに関係の無い事象が完全消滅するワケでは無く」、PCで言えば「ゴミ箱行き」だとしても、何らかの記号化圧縮され「関係の無い事項」に放り込まれるだけで記憶から消滅するワケでは無い。

ちょっと道逸れますが、
「記憶法」ってありますね?
所謂項目を身体部位などに関連付け、事象に構成要素として決して忘れない身体部位をインデックス的にくっつけるみたいな手法で、
つまるところ「思い出せるか否かの差異は、検索しやすさなどによる取り出すことができるか否かの差異のことである」であって消却やら消滅処理の過程は存在しない(もしそれがあるのだとしたら記憶喪失なんてな状態を症状として認識しないだろうし)。
(※ある意味「テスト前の一夜漬け」ってのは、記憶が格納処理される前段階の管理メモリのテーブル上に置きっぱなしにし→いわば目のつくところにリアルタイム事象だよみたいに置いておく手法)

追加で道逸れますが
■「打てば響くの共感」つーのは自我構造図上のどこに何が貼ってあるみたいな部分が共有だったり、その大小の論評などが肯定的である場合などに発生する”共振”のようなもので(共感として体感されたりするもの)自我構造そのものにはアクセスしていない。
鳴りやすい周波数に共鳴している状態なので、
現状肯定感(やナルチシズム)を拡大する効果となる。
(実存主義や『反抗期』論的に言えば「追認であって反抗的では無い」となる。=心理学的に言うところの『抗(あらがう)』スタンスでも”無い”。言うならば「気持ちのいいグルーブ感」みたいな状況です。)


→続きを読む

posted by kagewari at 00:17 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0