2016年09月14日

やれ”なんとか障害”などの用語が誤用・乱用される点について

2chなどではアスペルガーや統合失調や発達障害など一部が「慣用句」的に用いられるほど随分言葉として(どんだけ種類あるんだよと種類含めて)乱用されていますが、心理学的にはどうにも始末に困る場合があるのです。
何度も書いてきましたが、所謂臨床系の病名呼称ってのは対処療法時の”症例分類”のことで、”糖尿病”だとか”インフルエンザ”などのような症例の原因となる外的乃至身体的要因が名前になっているものではありません。
類似する呼称としては「なになにアレルギー(免疫系起因の炎症が見られるという所見)」だとか「なんとか鼻炎(言わんとしていることは鼻に炎症が見られるという所見)」のような分類のことで、
昨今もまた妙な記事が出ていましたが、
脳科学系だとか脳外科だとか或は臨床系や神経科などから様々な研究があるのも事実。

事実ですが、アルコール中毒や薬物中毒でも脳に障害が見られるように「過度の日常生活の偏向」があれば、人間生き物ですから「必ず外形的変化として観察可能な状態」は派生するワケで、
これって極論すれば「床屋にいかなかったら髪が伸びてえらいことになる」のと大きな違いはありません(或はメタボなどの生活習慣なんとかとも類似してます←この場合も肥満に関わる遺伝子がどうこうの論議も研究結果で出ますけれど、メタボを遺伝子要因の不治の病と分類する人はいない)。

人体科学的な研究そのもには個別に大きな意義がありますから、
研究そのものは否定どころか大きな期待を寄せますが、
あたかも「病名呼称が付くとそれを免罪符とばかりに(或はそれを差別的言動の根拠とするなど)」言葉だけがひとり歩きする状況は、心理学的にははなはだ困ってしまうワケです。
特にカウンセリング主体で投薬を行わない現代の人文系心理学の場合(厚生省との関係で投薬処方上の根となる分類は必要ないため)、ざっくり言えば「総じて神経症」なのであり、
やれナントカ病などの分類上の呼称には全く意味がありません。

※リハビリの観点から言えば、それが後発的なのか先天性なのか「関係無い」のですから。

●障害認定的に福祉関係も厚生省のなんとやら同様に分類や病気認定が重要ですから
そこは別の意味で重要なのです(精神科の診断などなど)。
しかし、差別的表現の件もそうですが、
なんとか病なるくくりで、「こうと決まっているのだから」のような見立てが横行するのは認識の誤りであり、当事者が問題意識を持つ場合の指標にはなりますが、そこ(病名呼称)に特別殊更の意味はありません。

やれアスペルガーだとかなんとか病だとかサイコパスであるとか、
このような分類の自我タイプで、社会でバリバリ活躍している事例(専門性のある上級職や会社創業者などに多いとかの論議もありつつなので)含めて、固有に「だからどうした」って話では無いのです。
●特に『共同幻想』社会においては、所謂個人の協調性としての”性能”が重要なファクターとなるので、相対これらの問題が「あたかもトンでもだ」などのような反応に繋がるだけで、
自我論的には「どこにでもある個体差幅の論議」であり、
心理学の原則である「それを問題とするか否かは当人の判断」なのであり、当該人物がとりたてて問題意識が無くいけている場合「(個性の幅に過ぎず)何ら問題は無い」のです。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:14 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0