2016年08月12日

もう少し詳細に「メンタル問題」の”問題とは何か”について

・メンタル問題は心理学的には誰にでも起こり得る様々な自我構造問題であり、
・法的には労災などの事例にあるように障害認定もあり得る問題であり、
・社会的には(一般的に心理学的知見のある人とかいませんから)病気(と説明すべき)、
・昨今力を持ってきた脳外科系の一部からは脳の問題であり、
・文学や哲学的には限りなく個性の幅で認識されることが多く、
・心理学的知見を期待できない精神科にとっては臨床例分類として対処の必要な症例となる。

観察者の立場で変化するじゃないけれども、
●当事者にとっては変化もクソも同じ問題なワケでいったいどうなってんだって事になるワケだが、
そもそも病院案件や障害事例なるものは状況・状態・認識に幅があるもので(風邪のように病院で対処療法しかしないものもあれば、通常は問題の無く放置の肘の痛みもプロスポーツ選手となれば外科手術マターにもなる)、トラブルや問題事案ってものは「主として当事者の判断による」訳ですよ。

思うにメンタル問題における原則論でもある『被(こうむる)』認知や、「強迫心理」事例の背後に必ず関与してくる(これは強迫構造の公式のようなもので)権威性認知などが関係するため、余計にわかり難いよってな話になりがちなワケです(主体的認知が抑制・抑圧されると同時に依存性フラグもある)。

「インフォームドコンセント・インフォームドコンセプト」なる医療現場の判断の場面で言えば、「明らかに癌だけど何もしない方向に決めたので帰ります」もアリアリなのであり、呪い師が跋扈する前近代じゃあるまいし「症状乃至障害乃至問題は悪霊が原因だ、悪いもので解決しなと大変なことになる」なんてことは無いのであって、特効薬が見つかっていて法的報告義務のある感染症を例外に「症例も障害も各種問題もその取扱いはプライバシーです」。
「主として当事者の判断による」訳です。


■どうすんのかって、それは主体的に判断・選択するもので、
メンタル問題の場合、当人が「これは耐えられない」であるとか「これは尋常なことだと思えない」であるとか「どっから考えても詰んでいる」などなど、自らそれを”問題視(メンタル問題として認知)”している。
或は(メンタル問題に起因するのかはわからなくても)どうにもこうにも外形的事実として看過できない状況が(対人トラブルであるとか事件性に発展しそうな勢いのなんとやらなど)あるとか(この場合心理学が関与する可能性は知見や運や縁でばらつく事になるが)、
いずれにしても「諸問題に心理学関係で何かあるのかも知れないと認識した場合に限り」問題になるワケです(と初めて認識される)。


※ちょっと話が逸れますが、上記内容が筋論となるため、自我問題が極めて潜在的で表面的にはなんちゃってでオンザレールな社会適応できてしまう自我の場合、潜在的問題をメンタル問題であると認知する確率が極めて低くなり、心理学との接点可能性もどうしても下がってしまいます。なんとなく現状社会適応できちゃっている自我がラッキーだともお世辞ににも言えないワケで、
なんらかの破綻などからメンタル問題を自覚するに至る自我は「表面的には実トラブルを多く抱えたとしても」、そこはそれ『思春期反抗期』を軸にいずれにしろ「誰もが直面すべき現実アップデート」なのですから、問題意識をしっかり持てることはラッキーな一面もある(”身体の人・生命としての本人”が教えてくれた的に)、
どの状況だからあーだこーだなど考えるのは無意味です(心理学的原則「結果論には全く意味がない」もここに被っています)。


<話を戻しましょう>
分析時の説明にもよく出てくる説明文ですが、
「関係者誰それのそんななんとかにも「強迫心理」が関係しているのでしょう」←この文節には「メンタル問題」との記載は無く、「「強迫心理」が関係しているのでしょう」という説明文になります。
何らかのルートで自己申告されない限り、どんだけ自我問題があっちの方向にいっていたとしても(どれだけ苛烈な「強迫心理」により現実との乖離がトンでもになっていても)当事者がそれをメンタル問題であるとかただならぬ外形的事実と認識していない限り、「そこに「強迫心理」が関係しているのだろうな推定」以外の説明はできないワケです。

(※逆に言えば、その登場人物がプライベートにガチで「自分は精神病かも」などと思っている場合も当然含まれてくると思われるのだとしても、第三者的には当事者の申告あるまで「「強迫心理」介在の可能性」以外言及できない。←この辺は私の「刑法39条批判」にも一部繋がる話でもあります。)

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 05:08 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0