2016年08月06日

先日26日の記事に関する補足「それでも『共同幻想』は楽しそう」な反論について

7月26日の以下記事ですが
『結婚願望』という強迫心理の変遷
http://kagewari.seesaa.net/article/440449073.html


過去にも同様解説しているところですが、
それはともかく以下の部分に関して、
時にメンタル問題がある時、当該自我は自動的に『共同幻想』適応社会の姿や幸福度イメージが過剰化し現実と乖離します。
つまり「普通の人達には全員に恋人がおり、全員が結婚するのだ(私一人が取り残される感)」のような現実から乖離したイメージを抱え込んでしまう確率がとても高くなるわけです。
「普通の人達には全員に恋人がいて青春を謳歌しているように思ってしまう」

結論から言うと、被害認知や強迫性を徹底保守するためなんですが、、

「そんなことはありません。(統計がいかなる数字であろうと)現実がどういう状況にあろうが、”私の現実”は違います(ですから現実から乖離しているんですが…)、それでも私の周囲の知人含めて(それを無意識のスカウティングであるとか強迫心理の取り巻きと呼ぶと別記事にて解説もしているんですが…)それでも『共同幻想』は心底楽しそうにしています。おっしゃる説明は文章としては理解しますが心情的には全く理解できません。説明を求めます」的な反論が必ず出てきます。
過去にこのような押し問答で数万文字に渡るナントカが、、、それ以上言いませんけど。

えー、さて、
そんなワケで、以下の補足説明をしたとしても全く反論根拠となる「私の現実」なるものは揺らぎもしないのでしょうが…。
心理学テキストとしては確かに「楽しそうな彼ら」の背景事情を説明しておく必要性はあります。
てなワケで以下に補足しようと思い立ちました。

ここも過去ログ別項にて説明済みの部分なんですが、
■『共同幻想』の原則論「富の分配とその権限(権威の証明)」
そもそも『共同幻想』の原型は草食動物にみられる安全保障上の群れに始まります。
「生き残るための必然性」からです。
(かといって捕食獣を飢餓により絶滅に追い込む防衛力は無く、自然界では両社の関係が均衡しているのもポイントのひとつで、うがった見方をすれば捕食獣との均衡を保つための安全保障なのだとも言えます。安定的な群れが存在してこそ捕食獣も生き残れるからです。)

人類ヒト科の場合、両手に食糧を抱え保存までした延長に農耕などその後爆発的人口増に至る”生存率”を誇り(多数の動物も絶滅に追い込みつつ)、それでも飽くなき生存可能性を模索してきました。
しかし原始時代ともなれば「学校も無い、寿命が著しく低い過酷な環境」において一部の賢人が発見した高度な知識を文字文化も無いのに伝承することは極めて難しく、
これを(細かい説明や根拠を省き)「とにかくそういうことだから」として文化や慣習パッケージとして残すやり方は効率が良かった(てか他に方法がない)。

→続きを読む

posted by kagewari at 23:09 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0