2016年06月13日

いい悪い論の弊害(説明するまでも無い話なのですが)

心理学的原則論のひとつです。
特にメンタル問題禍(下)における注意事項の代表的なものですね。
「いい悪い論の停止」
メンタル問題からの離脱家庭ってのは時に「仮想単独者状態」などと呼んでますが、その根拠は『思春期反抗期』を模倣する状況が派生していなければ有効性が無いからです。

もとよりメンタル問題と反抗期の”内容”には深い関係というかガチ原因そのものである的見立てがありますから(最もわかりやすいエディプスコンプレックスを想定すれば誰でも理解できることかと思いますが)、仮にその後当該人物が反抗期を経て権威性認知の再選択が行われ『共同幻想』系の思考に戻るとしても「自我問題な状態からの離脱過程は仮想単独者的な”全方位”反抗状態」を経過しなければ強迫心理系の拘束・抑圧が解けることはありません。
(勿論『単独者』選択なら尚更です。)
 ↑
なんだか難しい表現になってますが(笑
ぶっちゃけて言えば(メンタル問題に部分的に類似する)「ワケのわからないカルト思想系洗脳状態にある自我がそこから離脱するには、脳内設定されているあらゆる権威を一度全てリセットするような『自意識』の反抗無しに抜け出しようが無い」のでありまして、因果関係や仕組みそのものは小学生でもわかるような平易なものです。

この論議となると、
■「長い人生かけて信じてきたものなどの自分のアイデンティティーを全否定しろというのでしょうか」のような話も出てくるっちゃ〜出てくるのですが、
上記の反応は説明するまでも無く論理矛盾です。
一般論としての『思春期反抗期』もそうなのですが、
「自我の思考やら動機形成に無理があるというか、結果としてメンタル問題などに至る云々かんぬん」って状況が=「本音と違う事になっており(或いは本音が抑圧されており)二次災害的なストレスがえらいことになっている証明」となりますから、何をかいわんやです。
(抑圧される形で本音は”別の概念”として潜在化していたことになりますから。)

たとえば『思春期反抗期』の場合、
自分の大人化により法的にも行動選択が増えた結果、「夜9時以降もないがしかの活動時間を設けたい」と考えたとます。ところが「子供の就寝時間が9時である」みたいな権威性の決まりごとがあった場合、反抗する以外に手はありません。社会学的に言えば「労働者が権利を求めて団体交渉」などの概念と全く同じです。
この時”刷り込み”的に(親子関係では”躾”とも呼びますが)「いい子は夜9時に寝ます」となっていた場合、「夜の9時以降に活動を続けることは悪い事だ」となります。
 ↑
説明するまでも無くわかりますよね。
「いい悪い論」そのものが幼児期の刷り込みなどに付随するオマケ的な概念で(まさか神様でもあるまいしたかだがどこやらのおっさんやおばさんが「普遍的道徳論」の会得者だとは到底考えられない)、案外『共同幻想論』的なご都合主義で運用上「後付け」的に「なになにだからね」のようなことになっているだけで、本質的に言いだしっぺの方も「そこのいい悪いに関しては全く本気では無い」のであります。

→続きを読む

posted by kagewari at 19:24 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0