2016年05月16日

権威性認知と依存性の関係

ひとつの因果関係と申しましょうか、
「強迫性」を力学的に発生させる”仕組み”の話をしておきましょう。

依存性と権威性認知の関係は各所でやってきましたが、
(権威性認知に頼る=自動的に・無意識に社会関係を考える上で身分制度や階級制度などのヒエラルキー構造を肯定する事になる。←どうしても論理的にそういうことになってしまう。)
その力関係ってとこを考えてみましょう。

■権威性認知が(認知速度的に)優先させ、現実認知における判断基準として支配的になってしまう場合、相対的な「思考停止」となります。
そういうつもりも意欲も意図が無くてもそうなっちゃうワケです。
何故って、権威性認知の雛形を当て込めばいいのだから主体的には何も考えなくてもいいことになりますから、この時の『自意識』の仕事と言えばせいぜいが「いかに権威性認知が優先されるべきか」など後付の言い訳を適当に考える程度でよいことになります。
(人間の自我は一から十までそう思っていなくても認知速度の速い論理が優先し後から思い直さない限り初見の認知が支配的となる。←故にその天敵は『一拍置いて考える』となる。→「あれ、、ちょっと待てよほんとかよ」って奴です。)

■さて、メンタル問題とはなんぞやと考えると、
多数の事例に「社会不適応」や「人間関係上の問題」として散見されますね。
つまりそれは権威性認知を『共同幻想』でプルーフ(証明)できない事になります。
権威認知による判断を一般化している『共同幻想』社会適応な自我が頻発・連発する「それでいんだよね、そうだよね、だよね〜」技が円滑に使えません(勿論当該社会から「流石にそれはちげーよ」なダメ出しも無い)。
権威性認知を「認知や認識の機軸」としているとしたら、それはともて不安定な状況となります。
しかも、
この時自我は半ば因果関係上の「思考停止状態」にありますから、自力解決の可能性も結果論の構造の中で無意識の内に”ほぼ皆無”となってしまいます。
そこんところの不安の穴埋めは力学的に「自分の権威性認知をプルーフしてくれる『共同幻想』社会を希求する」格好に(そんなつもりも”ないのに”)陥ります。
 ↑
これが「適応強迫」が発生する仕組みです。
(一見真面目で”常識的”な人ほど鬱のリスクが高いなんて話にも符合するとこがこの辺に漂ってますね。)

●困った事にそこに二次災害が発生します。
本筋権威性認知は所属した『共同幻想』社会に適応する中で「だよね、そうだよね、だよね〜」技で確認されたり修正されるなかで獲得されるものですから、
考えるまでも無く「どこの『共同幻想』に所属するのかで内容が変わる」ワケです(国が変われば大幅にそれは変化する)。
さて困った、
じゃあ、自分は今どこの『共同幻想』ともこれといった円滑な関係が無いのに今自分の自我の中にある権威性認知って何だ?→考えるまでも無く、その答えは「家族社会当時に刷り込まれたもの」=「幼児期水準の知識」に他なりません(下手するとサンタクロース幻想まで残存しているかもしれない)。

結果「”何処でもいいから”いかにも『共同幻想』っぽいところがいいのではないか」のような、、あり得ない方向につき抜ける可能性も決して低くないのです。
(唐突にDQNな体育系社会にDV女の原則みたいな形でフラフラとってパターンが起きても驚きません。)
こうなると完璧な「強迫心理」となります。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:59 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0