2016年04月29日

普遍的エンタメ系シナリオの変遷について

「毎週のように殺人事件→1時間以内にこれが解決(作中では1時間じゃないけど)」
ぶちゃけ、そんな毎日殺人事件に追われる警察署はこの世に存在しません(笑
番組構成以前に「どんだけ犯罪発生率の高い荒れた国なのか」って話です。
昭和の時代劇には、
「毎週、最後に主人公が「テメーら人間じゃネーやたたっ切ってやる」と大立ち回りする連続殺人犯がヒーロー」みたいな人気ドラマもありました(ぶっちゃけ好きな時代劇でしたww)。
『子連れ狼』に至っては、、やめておきましょう。

報道番組、特にワイドショー的な必ずしも報道局作成では無い編成のものほど、
「トップニュースは殺人事件」です。
えー、視聴者意識的には、
「さーて、今日はどんな殺人事件があったのかしら?なんてこと、あら〜酷いわね〜」うんなことになっておりまして、事件が難解だったり、動機がどうしても理解不能だと更に盛り上がります(犯行が猟奇的となればもう大変です)。

人間の考えるエンタメへの期待にお上品なもの期待するほうが間違いだと思いますが、
(所謂7つの大罪だとか仏教哲学における煩悩なんてとっかかりで考えるなら→ビデオレンタルやネット動画サイトの”カテゴリー”見りゃわかるなんてものでございます。悲劇があるんですから、そりゃ鬱もありますよ。)
■『興奮』は(快も不快も区別無く・善も悪も区別無く)全て脳内では「快感ジャンル」
所謂心理学でいうところの「快・不快原則」でありますが、
そうそう、
そう言えば、この話をすると以下のような疑問を呈される方いるでしょう。

「エンタメの代表各、外食の場合”おいしいもの”幻想に関連するから”快感”以外のエンタメが成立しないと言えるのじゃないか?」
ごもっとも、
おっしゃる意味はわかりますよ。
確かに食事において”ゲテモノ”などといって、いかにも不快な食事はエンタメとして一般化しておらず、マニア向けとして細々と拘りのお店でって感じなのでしょう。
そういうこっちゃないのです。
「大人の味」←ここが快・不快を振り分けしているのは『自意識』個人の事情に過ぎず、大きな枠組みとして『興奮』を伴うものは(必ずどこかの誰かにとってそれが快感であり得るところがポイント)、個人的事情で右往左往する部分は脳本体には預かり知らないところですから、脳的には全て「快感ジャンル」なのです。

■言い換えると『興奮』が脳にとって(快・不快判断を超越する)最上位の優先項目となる
つーことです。
(仏教の悟りでも体得しない限り、そこから逃れられる生き物はいない。)
草食動物にとって仲間の死は最優先の情報になりますよね。
(捕食獣には死にやすい草食動物の情報が最優先。)
そういうことです。

→続きを読む

posted by kagewari at 21:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0