2016年04月06日

自己分析について「主体はひとつか」

(※自己分析の危険性という話の背景事情として、用も無いのに『共同幻想』適応系人格な人がフロイト心理学や精神分析関連に接すると通常は自我構造上の事情から「無理解と防衛的批判」で終わるところが、意固地に理解しようとすると危険な場合があるのは各所で書いてきているのでここでは省略します。)

『単独者』系人格タイプや、メンタル問題を発現している自我の場合「論理的に精神分析などに耐性がある」と考える事ができると同時に、心理学の書籍などを読んで自己分析に至る場合も少なく無いでしょう。
(てか心理学が好きだったり接点ある人は「何らかの角度なりで自己分析をする」でしょうよそりゃ。占いの本読む人が真っ先にやる事何かって大概が”自分の占い”でしょうからね。)

さて今回は自己分析単体をどうこう話のネタにしようってのではありません。
某2chのネタになっていた「哲学科の友人が面接でブチ切れ」みたいな話が面白かったものだから、
統合上の問題も何も「自我論としての主体はひとつなんだろうか」ってテーマで考えてみようって話です。
(就職の面接で担当者から自己分析の項目は気軽にこたえてくださいと言われてたが哲学科の友人は「気軽にに自己分析など出来る筈が無い」とブチ切れしたみたいな話。)

■「自我における主体は『自意識』ひとつだけか」
結論「違います」。
これで終わってしまっても仕方が無いので、えー心理学的に説明しましょうか。
個人の特定というか、考える人は『ひとつの自意識』なので自覚される主体としての自己はひとつですが、ハムレットにおける脳内の善悪の人じゃないけれど昔から”中の人”の設定は必ずしもひとつではありません。
いつの時代の小説でも、
「その時、もうひとりの私が」なーんて台詞登場するじゃないですか。
以降は心理学のメインストリームからも若干外れる個人的推測も含む話なので(勿論個人的には推測では無く鉄板でそうだと思っているワケですが)、いちいち細かい事気にする人は今回のエントリーはスルーでお願いします(笑


■殊更哲学的な意図のカオス論をどうしようとも思いませんが(てか哲学におけるカオスなんとかのことなど知りもしませんが)、自我は常に統合されている存在かと聞かれば『否』であり、常態は場当たりカオス(混沌)状なのだろうと思っています。
ですから私はジキルとハイドのような多重人格みたいな話を「ほぼ全般的にマユツバである」と考えており、そもそも『共同幻想』適応系人格な人など「日常的に複数の人格を自由自在に操る人(お父さんになったり課長になったり飲み屋では社長になったり)」ですが、果たしてその統合も案外ちゃらんぽらんだと思っているのです。
(※それが多重人格として観察される理由は別のところにあると考えてます「統合というより辻褄だとか整合性の問題でしょう」。)

自分で言うのも何ですが、
文章など書いていると、そりゃ随分昔に書いたもののことなど詳細に覚えている筈もありません。
原稿の中にはその都度調べてる部分もあるので余計です。
で、時に何かの事情で過去自分で書いた記事を読むことありますが、
「この人面白い事書いているよ」と心底本気で思ったりします。
おおよそ自分が書いた自覚などとうの昔に失っているってワケです。
(※この現象「卒業文集に何を書いたか」ネタとして多数の方が体感されているものだと思います。)
んなね、完璧な自我の連続性なんてものがありますかっての、
「ある筈が無い」
(だいたいが飲み屋の話をすっかり忘れている人はどうすりゃいいのさ。)

■確かに自分だと自覚されている『自意識』はひとりです。
しかし、その時その時の自分ってな優柔無碍と申しましょうか都合のいい使い分けが誰にでも可能であり(その使い分けができなければ構造的に人は嘘がつけないことになる)、
統合失調ってのは「適当な事情でいい加減に自我を使い分ける事が”ある意味できないから”こそ問題として自覚されるのだ」と考えてます。
「そういう使い分けは許されない!」みたいなさ(ある意味強迫心理なワケだが)、

→続きを読む

posted by kagewari at 15:56 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0