2016年01月28日

エスカレートの構造 深刻さ認知

<前回エントリーの続きとなっております>

「大事なことだからね」
或いは
「きっとこれが大事なことに違いない」
この辺の認知に関係しているかなと、
勿論、本筋の『深刻さ認知』には「とんでも無い目にあったものだ」な経験則がメインであることは間違い無いのですが、
前回のエントリーでクローズアップされている→エスカレート認知の構造に関わる人格傾向としての「深刻さ判断が恒常的に”深刻だ”にブレがちな人」を考える場合、経験則の一般論では語れないでしょう(数学的確率上あり得ない)。
特定条件の深刻な実経験に対応しているのでは”無い”からです。
 ↑↓
ここがまた論議になるのですが、
エスカレート認知の構造に関わる人格傾向としての「深刻さ判断が恒常的に”深刻だ”にブレがちな人」、当該人物は明快に「経験として深刻体験が実際に凄い頻度で連続している」と主張することになります。つまり、客観的事実関係と認知される事実関係はこの段階で既に乖離してしまう。
 ↓
当人の人格傾向が(軽微な状態なら「単に真面目な人」水準なのでしょうけれど)「深刻さ判断が恒常的に”深刻だ”にブレがちな人」なのですから、「一般的事象に対しても本当に深刻な問題だと認知しちゃっている頻度が高い」のであり、更に「認知における深刻さ認知は=大事な事分類」になりますから、この状況を「たいしたことではないだろう」などと周囲が指摘すると当人は「道徳的反発」により激怒し否定しちゃう流れになります(当事者認知上では一大事なのですから)。
(注:説明するまでも無く、人類の日常生活に異様に深刻な自然現象が誰かに固有に”偶発”する数学的確率は皆無である。)

上記の括弧書き内容がまた微妙な話でありまして、
●「深刻な事象が連続する」これを当人自我も流石に自然現象に関連する事は無い。
上記がとても重要なポイントなんですよ。
自我に『深刻さ認知』に過剰傾向があったとしても、自我の現実認知に”意識的偏向は無い”証明なんです(簡単に言うと”機能的な問題が無い”証拠)。
自然現象の発生頻度と深刻性の確率は十分に理解しているので、仮に『深刻さ認知』傾向が自我に存在しても、それは日常の自然現象において表面化することは”無い”のです(自分でも誰かに特別深刻な状況や大事な問題が偶発するなんて起こるとなどとは思えない)。

■ですから『深刻さ認知』過剰傾向が派生するのは「蓋然性(がいぜんせい)状況に限られる」。
「自分のここがこうだから」「誰かのあの行動はあーだから」「自分は何々っぽい人に特に関係しやすいので」「自分にはかくかくしかじかの固有状況があるから」「自分はとにかくミスが凄く多い」などなど、
メンタル問題においてそれが代表的に現れるのが『醜形恐怖』です。
『醜形恐怖』のような設定さえあれば、自分が関係するあらゆる事象を蓋然性から「深刻な、大変な、大事な問題が連続している」として認知可能で(重要なポイントは当事者自我には現実認知判断に何ら機能的問題が無くても可能となるところ)、前回の法則と組み合わせると「深刻な状況だ判断が連続するため=機会的に”この程度だろう認知”が働かない状況が派生しやすい」のであり、
現実との乖離発端となる「誤解や勘違いや憶測」を数学的確率論として派生させやすい状態が恒常化するワケです(後は時間の問題的な)。
お察しのように『醜形恐怖』は(人の美意識など所詮相対的なものですから)「言ったもの勝ち」的に、誰でも容易に始められる”設定”です。
(その始まりは今回の論議とは別のなので深く掘り下げませんけれど)

つまり、
■全ての人類誰にとっても、自我は蓋然性となる設定があれば『深刻さ認知』過剰傾向を自由自在に発現可能なのです(前回記事で言うところの現実との乖離「認知のエスカレート」を引き起こす条件)。
そこで
「大事なことだからね」
或いは
「きっとこれが大事なことに違いない」
なる背景に立ち戻って話を展開してみます。
何の話をしとんのかと言いますと、
(あえて軽微な事例から)所謂真面目な人ってのを評する時「大事な事が多い人」とも言えるだろうと。人間の現実においてやたらと大事な事が偏る事はありませんから(ここは前段で論証したとおり)、何気に物事を大事に扱う人を「責任感の強い人」と呼ぶ場合もありますが、ここのポイントは人格傾向としてこの人物は「同じ事象であっても、当人主観がそれを”大事な事”として認知する頻度が高い」って部分で、外的事実が大事な事やそうで無い事に切り替わるのではないってところです。
(「同じ外的事実に直面していながら”その人物だけ”が真面目な人の風評を得る」現象そのものが、その証明。)
仕事上の鬱フラグに「昇進」があったりしますが。この場合も「管理職になった」など社会的地位が外形事実を大事な仕事が増える(責任が重くなった)と理解されるからで、「昇進」がトリガーとなって潜在的な”真面目さ”が過剰化した場合などに鬱症例が派生するという流れです。

→続きを読む

posted by kagewari at 15:15 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0