2015年12月16日

米国のガンコントロール論

(凄く一部マニアの話ってだけでなく、心理学とはほとんど関係の無いエントリーです。興味の無い方は完全スルーでお願いします。)

私は過去ガンマニアだった人間なので、NRAの代理人じゃありませんが、ある程度彼らの意見には賛同するところもあります(銃が悪いのでは無く悪い奴が問題なのだ論)。
実際射撃場で実銃を撃つなんて状況になれば、銃の事をよく知る人ほど「身が引き締まる」じゃないけれども「危険物取り扱い責任者意識」みたいなものが派生します。
銃が文化として日常化する事自体には問題は無いと思います。
と、思いますが、
日本に実銃所持を米国式にするのが好ましく無いように、
(日本刀は随分アバウトな管理ですが文化が根付いている武器なので犯罪を誘発しないが、日本には銃が日常的にそこにある文化は無いため銃の所持を日本刀並みにルーズにしたら大変な事になる。)
米国の銃文化はもう過去のものでしょう。
その証拠に、様々な銃乱射事件で市民が自ら所有する銃で応戦したなりのケースがほとんど発生していません。仮に銃の文化が米国でも残っていれば(逆さまの話ですがアラブ社会も銃が好きでどこかしこにAKがあるのです←AKって町の鍛冶屋でも作れちゃうんですよ)誰かが応戦するなりの逸話があってもおかしくありません。
現代の日本に「日本刀二本差しで歩く人が滅多にいない」ように、現代米国社会で普段から銃を携行するなんてのは一般的でもなければですし、第一過半の州において銃の所持は合法でも携行は違法です。
米国でも「自分の家を守るための武装」は想定にあっても、市民が銃を携行して大立ち回り云々って想定はありません(西部劇の時代だって町の治安を守るのは保安官な訳で)。

唐突に市街地で銃撃戦があるって状況からして「銃文化の破綻」です(戦争じゃないんだから)。
欧米の銃文化だって、日本の武士ほどじゃないけれど「やたらと銃をホルスターから抜くもんじゃない」厳しい文化となってます(撃つ気が無い時には間違ってもトリガーガードに指を入れるな・銃口を向けるな←そういう事を知らない奴が失礼な振舞いした時には撃ってよし)。
所謂NRA(全米ライフル協会)の護身想定にも無い筈なんです。
そして銃の氾濫が銃撃事件の一因となっているようならガンコントロールをやるのが筋論でしょう。
米国だってガンマニアにもなれば、プリンキング(小口径銃の気ままな射撃)なんて射撃スタイルがあるように(ファクトリーロードの実弾は高価ですから)バンバン大口径の実弾を撃とうなんて輩はいません。自分でリロードしても弱装弾にするのが一般的です(フレームにガタきちゃいますから)。
射撃場で高価な44マグナムなどバンバン撃っていれば、「金持ちだな」とうらやましがられたり「音がウルサイんだよ」とクレームがきたりします(アホみたいに大口径撃つ事は少なからず嫌味だって事)。
仮に強いガンコントロールが施行されてもコアなファンが困る事は無いでしょう。
(日本の銃刀法を参考にすれば、大口径ライフルの所有は「10年など長期間安定所有者のみ・ハンティング用のショットガンは弾装3発まで・拳銃の所持はオリンピック選手みたいなのを例外に一切禁止」。)
日本の銃刀法を参考に、米国式のガンコントロールを考えてみると、
「オートマチックの拳銃所持禁止(ガバメント45口径シリーズなどシングルカラムマガジンの骨董枠機種は例外・6連発のリボルバーは可だが子供のいたずら防止のため別途トンチンカンでも安全装置を付ける)」「ショットガンの弾装3発まで」「ライフルの所持はレバーアクションかボルトアクション限定」「自動小銃(オートのライフル)所持・射撃全面禁止」「15歳以下の射撃や銃の所持禁止(15歳以下の実銃は高級エアーソフトガンという認識でOK)」といったところでしょうか。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0